まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【食べ歩き】岡山の桜餅を食べ尽す!2020

岡山の桜餅ファンの皆様、お待たせいたしました。
この企画も6年目。ピッカピカの1年生が、中学受験を迎えようかという状況。
大きくなったな…いや、大きくはないか(自問自答)。


☆2020年2月23日現在、岡山の桜餅を28種類いただきました!

宜しければこちらもどうぞ
岡山の桜餅を食べ尽す!2019



【2020/3/23 岡山の桜餅を食べ尽すin新見】
そろそろ桜餅の季節だし、大好きな新見にも行きたいし…
ということで、ぶっちゃけ新見行きを決めてから和菓子屋さん探しを始めた(!)
アベコベな往復180Kmオーバースイーツライドに、
TakisawaさんとYakushijiさんのお二方が付き合ってくれました\(・ω\)(/・ω・)/<ありがたや
ダムツーのときはダムに行くためだけに、俺一人でここ走ってたんだな…アホやww)
先行するお二人の姿を、正直ちょっと不思議な感覚で見てましたね。

<27個目:青柳の桜餅(2個300円)>

・道明寺タイプ(こしあん)
・割ともち米の粒感を残した、歯切れの良いお餅。
・桜葉は茎部分が太めなんですが、クキクキ感や口の中に残る嫌な感じがない、
 意外な柔らかさ。塩気も程よく、甘さを引き立ててスッと消えていきます。
・餡の甘さも良い塩梅。全体的にすっきりしていて、ホイホイ何個でも食べられそうな桜餅。
 個人的にかなりヒットな逸品でした。

<28個目:さつき屋本店の桜餅(1個180円)>

・道明寺タイプ(桜餡)。
・お餅はほどほどにもっちり感のある半殺し。
・桜葉は茎の辺りがちょい固めだったかな?
・ほのかな桜色の餡は甘さ上品、目も楽しませてくれます。
・因みに写真のバックは絹掛けの滝。

【おまけ:旅のスナップショット】





こちらは三つ葉のクローバーさんから教えていただいた、桃太郎珈琲焙煎所さんのコーヒー。
後ほど別記事で詳細にご紹介させていただきます!




拍手[3回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[06/24 まいね]
[06/05 筋肉へ祈りを捧げる男 ボムポムクロ]
[05/25 ぴろ]
[05/10 まいね]
[05/09 リキ]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。