まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【読書】ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』


『夜のみだらな鳥』
ホセ・ドノソ 著(1970年)
鼓直 訳(オリジナルは1976年、一度絶版を経て2018年2月再版)
水声社

※以降、ネタバレを含むかもしれませんのでご注意ください。



拍手[1回]

【読書】若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』



『おらおらでひとりいぐも』
若竹千佐子 著(2017年11月初版)
河出書房新社

※以降、ネタバレを含むかもしれませんのでご注意ください。



拍手[1回]

【読書】アルコールと自転車


『上を向いてアルコール』
小田嶋隆 著(2018年3月初版)
ミシマ社

『亀が無理してロードバイク乗ってみた』
きっか 著(2016年12月初版)
株式会社 学研プラス

※以降、ネタバレを含むかもしれないのでご注意ください。



拍手[0回]

【読書】『焙煎家案内帖(京都編・一)』


『焙煎家案内帖』(初版:2017年6月)
発行・編集:ホホホ座

※以降、ネタバレを含むかもしれないのでご注意ください。



拍手[1回]

【読書】石田ゆうすけ『いちばん危険なトイレといちばんの星空』


『いちばん危険なトイレといちばんの星空』(初版:平成22年7月)
石田ゆうすけ 著
幻冬舎文庫

※以降、ネタバレを含むかもしれないのでご注意ください。



拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

[05/05 まいね]
[05/04 岡山県民]
[03/13 まいね]
[01/26 まいね]
[01/26 はら]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。