まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【ボドゲ】かきおこ!2020

頭を使えばお腹が減るし、まいねのボードゲーム会にはグルメが付きもの。
一昨年に引き続き今年も、日生(正確には伊里)の牡蠣とボードゲームを持って、
ルイージ店長・こっぺ夫妻がまいねの家に遊びに来てくれました!(*^^)v


宜しければこちらもどうぞ
第6回まいね主催ボードゲーム会
まいねゲーム会番外編「かきおこ!」



【神ングsoon!(未発売)】

ボードゲームを嗜む者として一度はやってみたかった”テストプレイ”!
こちらは歌人のなべとびすこさん(HP)、ルイージ店長さんたちが立ち上げているサークル
鍋ラボの、文字どおりComing soonの新作ゲームです(製品版とはデザインが異なります)。

「かみ」「かに」「かめ」「あに」「あめ」の5要素が、
絵と文字でバラバラに組み合わされたカード(”「あめ」の絵”と”「かめ」の字”とか)を使い、
そのややこしさを利用して色んな遊び方ができるカードゲームです。
絵と字の要素が噛みあっているものは”聖カード”と言い、場を大きく動かす力を持っています。

未発売なので詳細は伏せますが、スピード系のゲーム、
記憶力系のゲームなどを遊びました。実際のデザインがどうなるかは分かりませんが、
ワイワイパーティゲームっぽい見た目に反し、基本的にどのゲームも割と難易度が高く、
ルールはめっちゃシンプル、でも熱が出そうなほど頭使う感じの奴ですねw
リプレイ性を高めるために、難易度を低くする手段がもうちょっと欲しい気もしますが、
ものがとにかくシンプルなので、ローカルルールを自分たちで決めながら
自由に遊ぶのが正解って気がします。

因みにここ2週間近く睡眠時間が2時間切り、今日やっと4時間弱寝れたかな?という
ポンコツなまいねの脳は、この時点でオーバーヒートしそうでした(してました)_(:3」∠)_


【NMBR9】

まいねがボードゲームカフェで、他のプレイヤーとマッチングできなかったら
ひたすらソロで遊んでいる作品(…の割には弱いw)。
各自0~9のタイルを2枚ずつ持っており、場に提示されたカードの数字を
自分の場に出していきます。
一番下の階層をレベル0として「レベル*そのレベルにある数字の合計」の総和が得点となり、
高得点を目指すゲームです。100点を超えたら中々すごい!

<こっぺさんの95点のムーブがこれ>

素人はついつい”キレイに隙間なく”埋めようとしがちですが、
とにかく”上に数字が乗せられるように”レベルを埋めていくのがコツ。
左上の「3-3-7」の組み合わせとか上手いな~(。-`ω-)
ぼろ負けだったので、もうちょっと練習しときますw

2ゲームほど遊び、程よくお腹が空いてきたのでご飯にします。


【本日のメイン!】



<おしながき>
蒸し牡蠣(日生産)瀬戸内レモン添え
ヨコワのたたき
四季菜心 城さんのお漬物(白菜、柚子べったら)


蒸している時から潮の香りがたまらない牡蠣…もう、とにかく美味い他の言葉が出てこない!w
旨みたっぷりのスープ、あっさりとした身に、香りのよい瀬戸内レモンをちょいと回しかければ
何個でも食べられそう(*´ω`*)

ヨコワはクロマグロの幼名で、関東ではメジで知られています。
背中の身はあっさりしていてかつおのたたきと似たような感じ(!)、
腹身はねっとり濃厚なんですが、炙りのお陰かそこまでくどくなく、
血合いの辺りは血の味がしっかりして、ある意味一番”鮪らしい”味が楽しめます。

あ、スイーツもあるので、NMBR9と違って(お腹の)隙間は残しておいてくださいね?

<フッセンさんのピラミッド(ダージリン、抹茶、アルプス(だったかな?))>

バームクーヘンが大好きすぎてドイツまで行った(半分嘘)というこっぺさんのために、
岡山の有名店フッセンせんのピラミッドというケーキをご用意しました。
コーヒーは、1518珈琲さんの東ティモールです。
割としっかり香りと甘みのあるケーキなので、
コーヒーはもうちょっとコクを出したかったですが、スパイシーな香りもあるし
おおむね好評だったので良しとしますw

さぁ、栄養をしっかり取ったところでゲーム再開です!


【SKYJO(おススメ!)】

1~12の数字が10枚ずつ、0が15枚、-1が10枚、-2が5枚のカードを使い、
各自の場に縦3*横4枚の12枚を置きます。
山札ないしは公開カードと自分の場のカードを交換しながら、
自分の場のカードの数字をなるべく小さくした人が勝ちというゲームです。
縦1列の数字をそろえることができたら、その列を取って公開カードの山に出します。

とにかくシンプルなルールで、誰がゲームを終わらせるか分からないので
ある程度他人の場も見ながら戦略を立てる必要がありますが、そこまでガチガチでもなく、
それでいて意外とドラマ性も生まれる。程良い難易度の面白いゲームです。欲しい(直球)。

<まいねの神ムーブ(負債3点)>



そして、私たちが揃ったならやはりこのゲームで〆なくては。

【ラミィキューブ(おススメ!ってかみんなやろう(迫真))】

いや~、店長さんたちのアドバイス貰わずに普通に勝てたの初めてかもw
やっぱりラミィはアプリより実戦に限るな(^ω^)


美味しいゲームと、ご飯を楽しんだ(byルイージ店長)あっという間の6時間、
年の初めから良いひとときが過ごせました。また次回も宜しくおなしゃーす(他力本願)。

拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。