まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【ボドゲ】COFFEE ROASTER

まいねが何か計画すると何かが起きる…今回は、コロナウィルスによる
ゲムマ2020大阪の中止でした。。
ゲムマに限らず様々なイベントが中止になる今日この頃、経済にも大きな打撃ですね。
ここはささやかながら、経済を活性化せねばなるまいと、
購入予定だったゲームをポチりまくっております。

・・・すまん、本気で欲しかっただけなんだ。

宜しければこちらもどうぞ
まいね所持ゲームリスト


<おっしゃれー!>

ボードゲームが好き、コーヒーが好き、そして…友達がいない人にはピッタリ(!)の
一人用ゲーム、COFFEEE ROASTERの日本語版をゲットしました。
確か初版は2018年。コンポーネントの見た目やプレイ感が洗練され、
(ぶっちゃけて言えば)自己満足にどっぷり浸る(w)ゲーム性をかなり高めています。

本ゲームのルールを細かく説明すると、いつも以上にダラダラ長くなってしまいそうなので、
フェイズの説明だけ簡単にして、フルメニュー(3種類の豆を焙煎して腕前を評価する)に
挑戦した結果だけ載せようと思います。

フェイズ1:焙煎フェイズ
以下のアクションを、良いと思うまで繰り返します。
・温度を上げる
・袋からタイルを引く
・水分を取り除く
・チップの即時/特殊効果を使う
・豆チップの焙煎度を上げる
・焙煎を終了(次フェイズへ移行)するか続行するか決める

フェイズ2:カップテスト
袋からチップを取り出しながら、ローストポイント、フレーバーポイント、スキルポイント、
マイナスポイントを加味しながら、焙煎家としての腕を評価します。
高得点を獲得できれば、次回からは難しい豆に挑戦できます。

ーーー
<メニュー1:ブラジル サンパウロ(初級)>

初級の豆なのに、ローストポイントが全く稼げてないw
意外とフレーバーチップが邪魔なこと、
紙皿(要らないチップを避けておける)超大事ってことを学ぶ。


<メニュー2:ザンビア カサマAA(初級)>

「午前まで仕事+早出=寝れない」なので、仕事終わりの焙煎開始♪
フレーバーテキストに”雑に扱わなければ、そうそう失敗しない豆”と書かれており、
変に緊張するw
#どうでもいいけどフレーバーテキストの”フレーバー”が、こんなにしっくりくるゲームって
#中々ないよねw

プレイ前に処理ミスに気付く。特殊効果ボードにチップを置くときは、
”フレーバー効果を使わなければならない(フレーバー効果を使ったフレーバーチップを、
特殊効果エリアに置くことができる)”を、ブラジル・サンパウロではやってなかった。。
他の方のブログ見てもここで間違ってる人いるし、ちょっと分かりにくいかもって思った。
ま、そんなこんなでより正確なルールでプレイして、次はギリギリ中級に挑める10点を獲得!

<メニュー3:インドネシア スマトラ(中級)>

最後のメニューに選んだのは、個人的に好きなスマトラ。
フレーバー豊かであるものの欠点豆も多く、メチャクチャ煎りムラが出ます。
2ハゼから1ラウンドだけ進めて止めましたが、スモーク、焦げ豆も多くて結果は-1点w
多分リアルなら(あー、二度と来ないかな)ってなるお店ですねwww

そんなこんなで、フルメニュー最初の挑戦は「焙煎士見習い」ランク。
…まだ”見習い”でいさせてくれるんすねw

フレーバーチップを使った焙煎度の操作など、運ゲーにならないよう
救済措置?も豊富にありますが中々の高難易度という印象です。
しかしながら、リアルの手焙煎を何度か経験して、
ゲームの難しさがリアルの焙煎の難しさに忠実に作られている気がして、
「あー、やっぱ難しいなこの豆!・・・どこを直したら上手くいくかな?」
って具合に、リプレイ性は高いと思います。
ゲーム会で稼働することはほぼ確実にないですが…面白いですよこれ!

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

COFFEE ROASTER処理誤り追記

カッピングのとき、バツが5個書いてある場所が、
チップを最後に置く場所でした
(チップが足りず、ここに置けない場合はマイナス5点)。
…ま、まぁ見習いなので失敗して覚えるということで。。

記事カテゴリー

最新コメント

[04/03 まいね]
[03/22 まいね]
[03/22 三つ葉のクローバー]
[03/05 まいね]
[02/15 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。