まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【自転車】まいねの『登坂おすえ!』第8回

<梅とリリムちゃん(なお、企画内容とは関係ありません)>


本企画のルール(ってほどでもないけど)は以下のとおり。
・激坂を見かけたらとりあえず登る。
 (どう見ても人の家や会社の敷地っぽいな…ってところは流石に避ける)。
・坂の名前は周辺のランドマークを基に、まいねが勝手に命名。
・下りは法定速度遵守。押し歩きも辞さない!
・斜度はGARMINの表示値、Strava、体感を基に判定。つまりはご参考程度。

宜しければこちらもどうぞ
第7回





【笑田(わらいた?)公民館坂】
プロフィール:3,100m/266mUP(平均斜度8.58%、最大斜度23%)


ブルベ用の身体づくりを兼ねて、以前旭川ダム上流を走っていて見つけた
笑えるほどの激坂を目指して走ってきました。
「激坂を目指して」って冷静に考えるとアレですが(w)、
登りの苦しさなんかより、(その先に一体何があんのか?)って好奇心の方が
勝る生き物だからねローディは。仕方ないね(なお異論は認める)。

<見てくれ…こいつをどう思う?>

登ってる間、思わずつぶやいちゃいましたね。
「ザッケンナこの道作った責任者、出てこい!」

<色々行けるらしい>

色んな方面に行ける裏道?的な感じなのでしょうか。こんな激坂林道ですが、
意外と車が通ります(今日は2台すれ違い、1台が間伐作業中?だった)。

<こう見えて開幕10%超えてます>

今日からは、ブルベを見据えて各種装備を積み14.8Kg(=0.98ヘタクロ(新ローディ単位系))
ほどの過積載?になっているリリムちゃん。
…ついでに、冬になってまいねのお腹も過積載気味なので、不安しかありません。。

<もっきりポイント1>

「ハフッ(苦笑と諦めの溜め息が混ざった音)」

<もっきりポイント2>

小さなヘアピンでしっかり減速してからの、斜度23%。。
ここの手前でまいねを追い抜いた軽トラが、
めっちゃうなりを上げながらでないと登れないレベルですw

<もっきりポイント3>

ここが恐らく最高標高となる427m地点。
・・・景色がクソ(ド直球)!

さて、帰ります。
登りの景色よりも、もしかしたら下りの景色の方がヤバさが伝わるかも。

<いつの間にか旭川ダムがめっちゃ遠い>


<ヒェッッッ!!!>




ガードレールのないヘアピンも多数あり、オーバースピードになろうものなら
アイキャンフライなポイントもたっぷりです(;・∀・)
因みに一度、ブレーキに石を噛み
「やっべリアブレーキ効かねぇ…あばばばば!!」
ってなりました(滝汗)ww


個人的には、今までに経験した「実走可能な」岡山のクソ坂の中で
トップクラスにヤベーやつと思います。
#鬼の城が(車多すぎて、実質的には)「実走不可能な」クソ坂殿堂入りですw
斜度の落ちなさ加減、激坂のクセに意外と長いこと、断崖絶壁狭小路、
林が深く頭の上で鳥がバサバサ飛び交ってビビること、ご褒美景色がないこと…
心をもっきり折るポイントに満ち満ちています。

路面が荒れている個所も多いので、本ブログを読んで興味を持たれた方は(いねーか)
注意してアタックしてくださいね!

では、最後に…あの名曲で〆させていただきます。

<脚~がふにゃんにゃん にゃんにゃにゃん ふにゃん♪~(´o`人)>



拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。