まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【料理】珍珍道Jr.番外編 カエルの汁ビーフン、豚皮唐揚げ

  \ 珍食がなければ・・・   /     \ 作ればいいじゃない  /
   

<珍食とは>
 たまにお店のメニューの中に見かける「何だコレ!?」と気になる、
 挑戦的に思える一品。とはいえ、ゲテモノ食いとはまた違う。
<珍珍道Jr.ルール>
・”珍食”のニュアンスはまいねの独断。人によっては常識かもしれないし、ゲテモノかも。
・偶然に発見、ないしは人づてで手に入れた情報を基に珍食をいただき、レポートする。
 #わざわざネット検索などで情報を集めない。キリがないので。
・辛い物、お酒など、体調を悪くしたり旅中の危険を冒すようなものは無理して食べない。
・お店の方への写真撮影およびWeb掲載許可、および元ネタ作成者のほげーさんより、
 ゆっくりほげー&オルカのイラスト使用許可もいただいています。
 #オルカは、まいねの自転車ANCHOR RL6のカラーリングに合わせ、改変しています。


※今回、少しだけカエルと豚皮の食材画像が出てきます。苦手な方はご注意ください。


宜しければこちらもどうぞ
珍珍道Jr.5品目 五味の市 カキフライソフト



拍手[2回]

【OURSON×まいね】2019冬-春のザワクラできました!


☆本日夜より、まいねのザワクラをOURSONさんで出していただいています!!

今回は、牛窓産の良い冬キャベツが手に入ったので「ライトめでモリモリ食べられるザワクラ」
を目指して作ってみました。
発酵日数は6日、塩気も前回より1%近く減らしている(目分量だけど)ので、
牛窓キャベツの甘味が活き…というか、予想を上回るほどキャベツに甘味があったため、
箸をつけたら止まらなくなるほど食べやすい仕上がりになりました(*´▽`*)
酸っぱいもの好きなまいねとしては若干物足りなくもあるけど、
今回のザワクラも中々美味しく漬けあがりましたよ!

OURSONさんの絶品お料理と共に、ちょいとつまんで楽しんでいただけたら幸いですm(__)m

拍手[1回]

【料理】魂入れ定食『泥土放光』

八田亨さんのうつわ展『泥土放光』で購入したうつわの、魂入れです。

宜しければこちらもどうぞ
八田亨のうつわ展『泥土放光』に行ってきた

【玉子とトマトの炒め定食】


<花形三寸小鉢:里芋の煮物>

しょうがを利かせた甘辛味でご飯が進む!
見た目が地味な料理ですけど(!)、器のお陰かちょっと華がありますね(*´ω`*)

<飴釉角小皿:デビルズ(デビルド)エッグ>

”天使のようだ”と一目惚れした皿に、デビルズエッグを盛る高度すぎるギャグ。

アメリカのイースターで定番の料理で、固ゆでのゆで卵を黄身と白身に分け、
黄身にマヨネーズ、スパイスなどを合わせて、白身に盛り付けるだけの簡単オードブル。
今回はコショウ、クミンをマヨネーズに合わせました。
こってり濃厚な黄身マヨが、クミンの爽やかな風味で何個でもイケちゃいそうなお味に!
(>_<)<まさに悪魔の誘惑!

拍手[2回]

【料理】まいね家クリスマスディナー2018

先日宣言したとおり、 クリスマスイブから大晦日までに500Km走破というチャレンジのため、
まいねにとっては今日がクリスマスとなります。

毎年恒例の”クリスマスは本気で料理する”という誰得企画、
特に祝福されるものでもありませんが、何気に今年で5年目となります。
それだけに…1か月以上前から、まいねはメニューを決めかねていました。
(肉にするべきか、魚にするべきか…それが問題だ。)
ビーフシチュー、アクアパッツァ、チキンのホイル包み焼き、ロールキャベツ…
メインだけではなく、副菜も含めればそれなりの品数を作っています。
(今までとはガラリと雰囲気が変わるような、ディナーにしたい…)
考えども考えども日だけが無為に過ぎ、焦りは増すばかり。

そんなある日、暗闇の中に一筋の光が差したかのように、一つの考えが浮かんできたのです。

(「クリスマス」「ディナー」という言葉に捉われていたけど、
 やりたいことは”本気の料理”。
 ”当然、洋食だろう”と思いすぎていたんじゃね?

宜しければこちらもどうぞ
クリスマスディナー2017



拍手[2回]

【OURSON×まいね】2018年秋-冬のザワクラできました!


☆本日夜より、まいねのザワクラをOURSONさんで出していただいています!!

「冬に向けて、本格仕様のザワークラウト」を目指して仕上げてみました。
キャラウェイシード、黒胡椒、ヒマラヤの紅塩はいつものものを使っていますが、
キャベツは群馬県産(仕込みをする日に、市場に岡山県産キャベツがなかった…)
唐辛子は岡山県鏡野産で、粒の大きさ、乾燥状態がええやつがあったので使っています。
#辛い物が苦手な人には、ちょっと辛く感じることがあるかも。

発酵日数は15日(今までで最長)、塩は強めにしてあります。
口に入れたとき最初の酸味、塩味がキツいので、現在は割と人を選ぶ味かもしれません。
でも後から来る旨みが深いので、これから日数が経って熟成し、
塩味が円くなってきた時の味が楽しみでもあります(*´ω`*)

とりあえず、酒呑みにはたまらない味に仕上がったと思います!w
OURSONさんのお料理と共に、ちょいとつまんで楽しんでいただけたら幸いですm(__)m

拍手[2回]

記事カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。