まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【料理】ここにワタシマケマシタワーを建てよう!

<セロリと鯵のなめろう、ジャガイモと鯖缶の味噌汁、食用ほおずき>

今日からお米は”きぬむすめ”です!

食べ歩きで学んだことは料理にすぐ活かすまいねさん、
早速セロリを使ったなめろうを作ってみました。
ちょっと立派めの真アジ1匹に対し、セロリ一本分の葉っぱ(香り用)を使い、
茎部分も少々(食感用)。青ネギも少し加え、酒、味噌と一緒にたたきます。
ここで咄嗟の思い付き、マヨネーズ小さじ1弱とマスタード小さじ1を加えてみました。
これが大成功!セロリの香りが爽やかななめろうに、
ほんのり酸味とコクが加わってすごく美味しいです。
ぜひ真似してみてね(*´ω`*)b

味噌汁に入っているピンクの物体、ノーザンルビーというピンク色のじゃがいもなんです。
煮崩れしにくい固めタイプで甘味は控え目。
…まぁ、すごく美味しいジャガイモではないですけど、見た目のインパクトは絶大ですねw

デザートには、ちょっと気になった食用ほおずきを取り入れてみました。
元のほおずきも食べられないことはないですが、こちらは食べるために改良されてます。
もんのすごく甘味が強くなっており、種をかじるとほろ苦いです。
まいね的には”トマト風味のないフルーツトマト”といった印象で、
めっちゃ旨いってモンでもないなというのが正直な印象でした。


なめろうをご飯に乗っけつつ、ほんの少し気がかりなことが出てきました。
(なめろう、べらぼうに美味い…でも、そのなめろうを踏み台にして輝いてるやつがいる…)
そう、
(岡山の米に、こんな美味いのがあるなんてぇぇぇ!?)

何をそんなに悔しがってるかって(悔しがってるんですよ)、
今までまいねが各地で生活してきて、一応その土地の米も食べるんだけど、
結局戻ってくるところは「秋田県産あきたこまち」であり、これこそ至上で、
暖かい地域の米に後れを取ることはないだろう…と思っていたところに、
急にそれを揺るがす刺客が現れたんです。まさかの岡山から(しれっと失礼)。

それもそのはず「コシヒカリに負けない食味の良さ」と高評価をされ、
色々な賞をいただいている米なのだそうです。
非常に綺麗な粒の形、つやっとした肌はまさしく美人(米)。
自慢の粘り感は、噛んでいてもしばらく歯を押し返すほどのモチモチ感があり、
「ご飯は噛めば噛むほど甘味が…」なんて言いますが、
ちょっと噛んだだけで甘味が素晴らしいです。

これは…とんでもない娘を知ってしまったぜ…(。-`ω-)

拍手[0回]

【料理】梅雨の日々こそスローフード!

”雨の日にしかできないことだってある”
そんな風に考えれば、雨の日だって悪くないですよね。



拍手[1回]

【料理】精米始めました

いつも走ってばかりもいられないので、たまにはスピード緩めてスローフード(*'ω'*)

”走った後はご飯が美味しい”+”精米したてのご飯が美味しい”

この足し算、最強じゃね?(←アホ)と思い、玄米を購入して精米してみることにしました。
#あ、因みに精米はお店でやってます。

<記念すべき初回は、朝日米の八分づきにしてみました>


無農薬、アヒル農法(アヒルに害虫食べてもらう?)によるもので、
ちょっと割高ですがこの見事なお米を見たらもう…ね。

そんなお米での最初の料理がこちら。

<やさおのとっておきご飯朝食>

・小松菜と大名揚げの煮びたし
・若竹と昆布の佃煮(つくだに屋さん2号店で購入したもの)
・おからとスナップエンドウのサラダ
おからにだし汁、マヨネーズ、胡椒少々を加えたものに、茹でて水切りした
スナップエンドウを和えるだけ。シャクシャク噛んでいると、
おからにエンドウの甘味が広がって中々旨いです。

肝心のご飯は…とりあえずいつもどおりの水加減で炊いてみたのですが、思っていたより
ちょっと柔らかめになりました。やっぱり市販のものより水分が多いんですかね。
固めに炊くと美味しいらしいので、もうちょっと慣れが必要そうです。
あと、八分づきですが割としっかりぬかの香りがします。
(現代の玄米は食べ易くなってるのかな)
と思うと同時に
(「玄米って美味しくない」という人は逆に、ちゃんとした玄米を食べてたのかな)
と思いましたよ。

まぁ、何じゃーかんじゃー言うてますけど、やっぱり美味しいです。
”ご飯の味”がしっかり感じられますし、何より大粒のお米がピンと立ってる姿が良いですね!

拍手[3回]

【料理】春は緑がポイントね

そうなのね(妖怪並感)。


<おから団子、九条葱たっぷりの肉豆腐、人参とあおさのりの味噌汁>

我が家の常備菜である肉そぼろ、おから、玉子、煎りごまを混ぜて焼いた団子。
ボソボソしてましたが(!)ゆっくり噛みしめると旨みがじんわり染みだして中々GOOD。
因みに、ごまは擂らないと栄養がかなり吸収しづらいんだって。

あおさのりの濃い緑と香りは、食卓のワンポイントになりますね!


<九条葱のぬた、人参とねぎのおかず味噌、青森鯖寿司、芽キャベツと菊芋の味噌汁>

ぬたはいいよね…(*´ω`*)

おかず味噌は、刻んだ人参、葱と共に味噌、酒、砂糖を合わせて、
火にかけて炒めただけのもの。お好みで卵など入れても美味いですね。

ほろ苦い芽キャベツはそのまま、香り豊かな菊芋は大き目カットで
ごりごり食感を楽しむ味噌汁に。

<アスパラの味噌七味マヨ、菜花の酢味噌>

こいつ味噌ばっか食ってんな。。

甘味豊かな春のアスパラは、マイルドな味噌マヨを七味で締めたソースでいただきます。
ほろ苦い菜花は、さっとゆでて定番の酢味噌で。

ああ・・・旬の野菜は(調理の)七難隠すね!w

拍手[1回]

記事カテゴリー

最新コメント

[10/22 dsk]
[10/22 dsk]
[10/05 就職や大学院進学に強い岡山商科大学です!]
[09/27 まいね]
[09/26 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。