まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【料理】岩津ねぎ

「出逢わないと人生損しちゃうねぎがある・・・」

そんな感じの宣伝文句と共に、11月くらいから?解禁され始めた岩津ねぎ。
日本三大ねぎ(下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ)の一つなんだそうで、
白ねぎと青ねぎの中間なので青い部分が非常に柔らかく、全て無駄なく食べられるのが
最大の特徴だそうです。

農マルさんや京橋朝市で見かけ、半信半疑で買ってみました。

<シンプルにレンチン、醤油とかつお節で。>

なるほど確かに、青い部分がめちゃくちゃ柔らかい!
甘味もすごくあるし、これは鍋にドサっと入れて、ワサワサ食べたいですねぇ。
ただ、個人的には食感が柔らかすぎに感じたので、火の通し方が難しいなと思いましたよ。

…全く切り揃っていない辺りに、最近料理していない感が出ていて悲しいですねw


<これまたシンプルに卵とじで。>

すり鉢で擂ったいりこの香りを利かせ、豆腐を入れてボリューミーに。
でも、ねぎが主役の卵とじにしてみました。
うわ~、旨い!箸止まんねぇ!(。-`ω-)<ただ箸を動かすマシーン、ここに爆誕

高級ねぎなので常備というわけにはいきませんが、立派に主役を張れるねぎなので
ここぞというときに食べたいですね!

拍手[1回]

【料理】秋深し 隣は鍋を煮る人ぞ

寒くなってきましたね。温かくて手間いらずな、煮込み料理が恋しい季節です…



拍手[1回]

【料理】常備しな菜

いつもの料理がはかどるはかどるー!

そして、何気に・・・
「料理_いつもの」カテゴリの100本目達成!\(・ω\)(/・ω・)/<やったぜ。


拍手[2回]

【料理】そヴぁ!

だってヴぁ!

…何やねんこれ(困惑)



拍手[2回]

【料理】そば粉のガレット

やっぱりね、そば処青森の出身者としては、ガレットの一つも
作れなきゃいけないと思うんですよ(謎の使命感)。

それにしても”蕎麦粉のガレット”って、”道化師のソネット”みたいですね(どうでもいい)。


<お食事版追記:ナンっぽい感じのもの>

トマトソースに水少量を足して高野豆腐を煮込みつつ、カレーに変身させ、
ガレット用の生地をそのまま焼き上げてナンっぽいものに。まぁまぁナンじゃないっすかね。
・・・それにしても高野豆腐のカレーうめぇ(^ω^)

<お食事版:ハムチーズ、トマトソース、レンチン卵のガレット>

うわ見た目汚い。。

でも味はバッチリ!外側サクッとして、そば粉の生地の香りも思ってたより活きてて
良い感じでした。こりゃ軽食にもってこいだなぁ


<デザート版:バナナとコーヒーアイスのガレット>

多少はましになった・・・か?

こちらも中々良いですね~。アイスを乗せたせいか、そば粉の香りが
かなり神経を働かせないと感じられない感じですけど、それ(と見た目)以外は
文句なく美味しいです。


拍手[2回]

記事カテゴリー

最新コメント

[12/02 まいね]
[12/02 ほげー]
[11/29 まいね]
[11/26 まいね]
[11/26 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。