まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【料理】岩津ねぎ

「出逢わないと人生損しちゃうねぎがある・・・」

そんな感じの宣伝文句と共に、11月くらいから?解禁され始めた岩津ねぎ。
日本三大ねぎ(下仁田ねぎ、岩津ねぎ、博多万能ねぎ)の一つなんだそうで、
白ねぎと青ねぎの中間なので青い部分が非常に柔らかく、全て無駄なく食べられるのが
最大の特徴だそうです。

農マルさんや京橋朝市で見かけ、半信半疑で買ってみました。

<シンプルにレンチン、醤油とかつお節で。>

なるほど確かに、青い部分がめちゃくちゃ柔らかい!
甘味もすごくあるし、これは鍋にドサっと入れて、ワサワサ食べたいですねぇ。
ただ、個人的には食感が柔らかすぎに感じたので、火の通し方が難しいなと思いましたよ。

…全く切り揃っていない辺りに、最近料理していない感が出ていて悲しいですねw


<これまたシンプルに卵とじで。>

すり鉢で擂ったいりこの香りを利かせ、豆腐を入れてボリューミーに。
でも、ねぎが主役の卵とじにしてみました。
うわ~、旨い!箸止まんねぇ!(。-`ω-)<ただ箸を動かすマシーン、ここに爆誕

高級ねぎなので常備というわけにはいきませんが、立派に主役を張れるねぎなので
ここぞというときに食べたいですね!

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[01/08 まいね]
[01/08 三つ葉のクローバー]
[12/30 まいね]
[12/30 dsk]
[12/29 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。