まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【料理】そば粉のガレット

やっぱりね、そば処青森の出身者としては、ガレットの一つも
作れなきゃいけないと思うんですよ(謎の使命感)。

それにしても”蕎麦粉のガレット”って、”道化師のソネット”みたいですね(どうでもいい)。


<お食事版追記:ナンっぽい感じのもの>

トマトソースに水少量を足して高野豆腐を煮込みつつ、カレーに変身させ、
ガレット用の生地をそのまま焼き上げてナンっぽいものに。まぁまぁナンじゃないっすかね。
・・・それにしても高野豆腐のカレーうめぇ(^ω^)

<お食事版:ハムチーズ、トマトソース、レンチン卵のガレット>

うわ見た目汚い。。

でも味はバッチリ!外側サクッとして、そば粉の生地の香りも思ってたより活きてて
良い感じでした。こりゃ軽食にもってこいだなぁ


<デザート版:バナナとコーヒーアイスのガレット>

多少はましになった・・・か?

こちらも中々良いですね~。アイスを乗せたせいか、そば粉の香りが
かなり神経を働かせないと感じられない感じですけど、それ(と見た目)以外は
文句なく美味しいです。


拍手[2回]

【料理】リハビリスローフード!

<医療ヘリも眠る6時前・・・>


本日はたまたま早く目が覚めたので、5時くらいから早朝ライドをしてみました。
朝なら快適かと思いきや…昼より断然ましとはいえやはり暑い!w
湿気もすごくて、空気が身体にまとわりつくようでした。
しかも、思い付きで走り始めたので身体が十分に目覚めておらず、
途中で違和感を感じて、早々に帰りましたorz
走行距離は40Km弱、まぁ散歩並みの運動にはなったんじゃないでしょうか。

閑話休題。

ライドを控えめにして、ゆっくり過ごそうと決めてから最初の日曜日。
(まいねが勝手に決めた)スローフードの日です。

<お酒を呑みながら、枝豆むきむき・・・(時々勢い余って食べちゃうw)>

約40Km走った後、身体は疲れつつも
(えーと、これやりながらアレこなして…)
と思考はグルングルン動きます。
料理って、仕事の並列処理をすごく鍛えられる家事だと思いませんか?(。-`ω-)

昼寝を挟みつつ、ゆっくり作った夕餉がこちら。

<夏バテに効く!?元気定食>



~おしながき~
・マグロと枝豆の混ぜ込み飯
茹でてほぐしたマグロに醤油、酒、山椒をかけて漬け込んだものを、
茹でた枝豆と共に炊き立てご飯に入れ、手早く混ぜます。
疲れを取るマグロとともに、自律神経の働きを助ける
ビタミンB1、Cをたっぷり含む枝豆で夏バテを吹っ飛ばします!
夏に枝豆食べるのは、ちゃんと意味があったんですねぇ…

・アスパラとマグロのガーリックバターソテー
アスパラ、マグロ共に、疲労回復効果のある栄養素を含んでいます。
ガーリックバターの香りも食欲をそそってGOOD!
隠し味にシークヮサー果汁を入れ、さっぱりと仕上げました。

・まいね家特製鶏ハム
今回はプレーンと、ローズマリーで香りづけしたバージョンを作ってみました。
塩抜きが甘くて少し塩辛い(ややこしいな)ですが、ちょっとしょっぱいくらいの方が
”ハム”って感じがするかも(程よい感じだと、茹で鶏と変わりない)w
ローズマリー版も中々良い風味でした。こりゃ、数日で無くなっちゃいそうだな。。

・ぼっけぇなすのステーキ 青じそ味噌だれ
ボケナスなすじゃないよ(って、パッケージに書いてたんです本当です)。
米なすのように大きくぷっくりしたぼっけぇなす。シンプルにステーキにして、
合わせ味噌、酒、青じそ、豆板醤少々を合わせたたれをかけました。
青じその爽やかな香りと、ちょっとピリ辛で食欲増進!

・まくわうり
味の薄いメロンみたいな感じですね(乱暴)。
水分量が多く、さっぱりしているのでこれはこれで中々イケると思いました。
メロンよりずっと安いですしねw

拍手[1回]

【料理】ここにワタシマケマシタワーを建てよう!

<セロリと鯵のなめろう、ジャガイモと鯖缶の味噌汁、食用ほおずき>

今日からお米は”きぬむすめ”です!

食べ歩きで学んだことは料理にすぐ活かすまいねさん、
早速セロリを使ったなめろうを作ってみました。
ちょっと立派めの真アジ1匹に対し、セロリ一本分の葉っぱ(香り用)を使い、
茎部分も少々(食感用)。青ネギも少し加え、酒、味噌と一緒にたたきます。
ここで咄嗟の思い付き、マヨネーズ小さじ1弱とマスタード小さじ1を加えてみました。
これが大成功!セロリの香りが爽やかななめろうに、
ほんのり酸味とコクが加わってすごく美味しいです。
ぜひ真似してみてね(*´ω`*)b

味噌汁に入っているピンクの物体、ノーザンルビーというピンク色のじゃがいもなんです。
煮崩れしにくい固めタイプで甘味は控え目。
…まぁ、すごく美味しいジャガイモではないですけど、見た目のインパクトは絶大ですねw

デザートには、ちょっと気になった食用ほおずきを取り入れてみました。
元のほおずきも食べられないことはないですが、こちらは食べるために改良されてます。
もんのすごく甘味が強くなっており、種をかじるとほろ苦いです。
まいね的には”トマト風味のないフルーツトマト”といった印象で、
めっちゃ旨いってモンでもないなというのが正直な印象でした。


なめろうをご飯に乗っけつつ、ほんの少し気がかりなことが出てきました。
(なめろう、べらぼうに美味い…でも、そのなめろうを踏み台にして輝いてるやつがいる…)
そう、
(岡山の米に、こんな美味いのがあるなんてぇぇぇ!?)

何をそんなに悔しがってるかって(悔しがってるんですよ)、
今までまいねが各地で生活してきて、一応その土地の米も食べるんだけど、
結局戻ってくるところは「秋田県産あきたこまち」であり、これこそ至上で、
暖かい地域の米に後れを取ることはないだろう…と思っていたところに、
急にそれを揺るがす刺客が現れたんです。まさかの岡山から(しれっと失礼)。

それもそのはず「コシヒカリに負けない食味の良さ」と高評価をされ、
色々な賞をいただいている米なのだそうです。
非常に綺麗な粒の形、つやっとした肌はまさしく美人(米)。
自慢の粘り感は、噛んでいてもしばらく歯を押し返すほどのモチモチ感があり、
「ご飯は噛めば噛むほど甘味が…」なんて言いますが、
ちょっと噛んだだけで甘味が素晴らしいです。

これは…とんでもない娘を知ってしまったぜ…(。-`ω-)

拍手[0回]

【料理】梅雨の日々こそスローフード!

”雨の日にしかできないことだってある”
そんな風に考えれば、雨の日だって悪くないですよね。



拍手[1回]

記事カテゴリー

最新コメント

[12/17 K.K]
[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。