まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【お買い物】ヤマモトケイジ『青図点描集』



☆ヤマモトケイジさんのミニアルバム『青図点描集』が発売中!
#ホントは5/21発売で、それを三つ葉のクローバーさんに教えてもらったのはナイショw

まだ2周ほどしか聴いていないのでアレですが、第一印象は
(メロディの雰囲気、ちょっと変わった?)
以前よりキャッチーな”泣き”のメロディが入ってきたなー、みたいな。

それでも何てことない日常の、誰もが容易に場面を想像できることを
(こんな切り口があったの!?)
と思わせる詞の世界は健在。目覚まし時計ひとつでもこんな歌詞を紡ぎ出すなんて…
驚いて、ちょっと嫉妬して、あとは頷きながら聴き惚れるばかりです(´~`)<うんうん

日々の暮らしに寄り添いながらも、
ちょっと新鮮さを与えてくれるかもしれないケイジさんワールド、
気になった方は是非チェックを!(*´ω`*)b

拍手[1回]

【お酒】THE WILD GEESE RARE IRISH

【THE WILD GEESE RARE IRISH】
出身・種別:アイルランド・アイリッシュウィスキー
度数:43%
購入価格:4,900円ほど





もう…どうですかこの美しいボトル!
箱から出した瞬間、溜め息が漏れてしまいましたよ(*´ω`*)

ただ、見た目は美しいですが中身は非常にクセがあります。
アルコールとスモークの香り、スモークはスモークでも樹木というより草系?でしょうか。
今まで嗅いだことのない香りにびっくりします。
塩味を感じますがしつこくなく、スッと消えてきます。
色々ウィスキーを飲んでみましたが、最初にラフロイグに出会ったときのような、
強烈な衝撃を今感じております!

チビチビ飲みながら、遠い地への旅を妄想してみるのも良いかもしれません。

拍手[1回]

【お酒】Tanqueray No.10

【Tanqueray No.10】
出身・種別:イギリス・ジン
度数:47.3%
購入価格:3,100円ほど

最近身の回りで、彼の噂が絶えなかったので・・・

シェイカーを模したオシャレなボトル、
ジュニパーを主体に柑橘の爽やかさを加えた、”ザ・ジン”という印象の王道の香り、
度数が高めながらも口当たりは柔く、甘い余韻が長続きします。

久々にガッツリ向き合ってみたけど「やっぱりあぁ、美味いな~」としみじみ思う、
余裕すら感じさせるような一本ですね。

拍手[1回]

【ボドゲ】岡山でボードゲーム定例会(皐月の部)に行ってきた

すごろく処猫の地球儀さんのご紹介で、岡山県南でボードゲームを楽しむサークル
「岡山でボードゲーム」さんのゲーム会に飛び入り参加させていただきました。
主催者の豚さん(と呼ぶのは若干憚られますがw)を始めとする延べ11名のゲーム好きが集い、
9:00~17:00で昼休憩を除く約7時間半(!)におよぶ長丁場ですが…
それをあっという間に感じるほどの楽しいひとときでした!
#飛び入りや、午前中だけの様子見参加なども快く受け容れていらっしゃいましたよ。
#気になる方は「岡山でボードゲーム」でツイッターなど探してみてください!

<本日のバトルフィールドは、岡山県生涯学習センター書道教室!>

ナビに惑わされて、裏手の山に登ってしまったのはまいねだけではありませんでしたw



拍手[5回]

【ボドゲ】猫の地球儀に行ってきた

<お店情報はチラシより抜粋>
【ボードゲームカフェ 猫の地球儀】
住所:岡山市北区表町3丁目22-39 2F(1Fはお総菜屋さんです)
電話:070-5678-4907
営業時間:火~金曜日17:00~23:00、土日祝12:00~23:00
定休日:月曜日(祝日の場合、翌日休み)

「岡山に、ボードゲームが楽しめるカフェができた」
と聞いて以前から気になっていたお店でした。
入場料600円を支払えば、200種類以上のボードゲームを、相席が基本なのでソロで行っても
誰かと遊ぶことができます(最悪、一人ないしはマスターと一緒に遊べます)。
最初はお店の位置と、入り口の場所が分からなくて苦労するかもしれませんが(w)、
一度知ってしまえば、かなりお得な料金で遊べます。
ゲーム初心者の方も安心!マスターがルールから、勝ち筋のヒントまで
丁寧に教えてくれますよ(´▽`)b
カフェなのでアルコールも置いてあり、軽~く一杯ひっかけながらのボードゲームとか…
最高じゃないか(*´ω`*)



拍手[4回]

記事カテゴリー

最新コメント

[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]
[06/07 三つ葉のクローバー]
[06/06 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。