まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【お酒】蔓無源氏(つるなしげんぢ)

【蔓無源氏(つるなしげんぢ)】
出身・種別:鹿児島 国分酒造・芋焼酎
度数:26度
購入価格:1,300円ほど

底冷えの厳しい夜…身体をほっこり温める、芋焼酎のお湯割りが恋しくなってきます。
ということで久々に手に取った焼酎は、蔓無源氏。
蔓無源氏はサツマイモの名前でして、明治時代に発見された芋を現代に復活させ、
米麹とともに作られたのがこのお酒なんだそう。
”100年前の味が味わえる”って、ロマンですね~(*´ω`*)

ストレートやロックでも飲んでみましたが、やはり湯割りが美味しかったです。
開けたてすぐは若干アルコール臭もキツいですが、力強い芋の香りとともに
米麹のお陰かフルーティーさもある印象。
飲んでみると、ザ・芋焼酎なクセ(!?)と辛さがありながら、
りんごのような甘くて爽やかな風味もあり、全体的に甘味豊かで円やか。
飲み易いとは言いませんが(あぁ…美味いなぁ、これ)としみじみじんわり感じられます。

おつまみにはいぶりがっこを添えてみました。もうたまんねっす(*´q`*)

宜しければこちらもどうぞ
購入したお酒リスト2

拍手[2回]

【まいね珈琲店】porte coffee【豆レビュー】

<お店情報は食べログより抜粋>
【porte coffee】
住所:岡山県岡山市中区浜3-11-7 カルチェWe 105
TEL:086-238-3410
営業時間:10:00~20:00
定休日:毎週月曜日+不定休

<コロンビア オポラパ コロナ 中深煎り>


家の近所ということで、度々寄らせていただいているporte coffeeさん。
焙煎機導入されたということで、レビューさせていただきます!
…普段仲良くおしゃべりしているだけに、変に緊張するw



拍手[3回]

【食べ歩き】さかな家

【さかな家】
住所:岡山県岡山市北区伊島町2-20-22
電話:086-253-7168
営業時間:17:00~24:00(OS23:00)夜10時以降入店可
定休日:水曜日

(美味しい魚が食べたいな・・・)
と思ったときにまいねがちょいちょい利用している魚料理のお店です。

いつもカウンターに座り、元めざましテレビメインキャスターの大塚さんに似た(!)大将、
まいねが心の中で”ハコフグさん”とあだ名をつけている板前さん(!!)とお話ししながら、
こちらの食べるスピードに合わせて揚げてもらう天ぷらや、
握ってもらう寿しをいただくのが、すごく贅沢で、最高の気分なのです。

大学や運動公園が近いので、たまにものすごく混むことがありますが、
基本的にはゆっくりと程よく賑やかにお食事ができるお店です。



拍手[8回]

【ボドゲ】かきおこ!2020

頭を使えばお腹が減るし、まいねのボードゲーム会にはグルメが付きもの。
一昨年に引き続き今年も、日生(正確には伊里)の牡蠣とボードゲームを持って、
ルイージ店長・こっぺ夫妻がまいねの家に遊びに来てくれました!(*^^)v


宜しければこちらもどうぞ
第6回まいね主催ボードゲーム会
まいねゲーム会番外編「かきおこ!」



拍手[2回]

【お酒】Evan Williams SINGLE BARREL

【Evan Williams SINGLE BARREL】
出身・種別:アメリカ・バーボン
度数:43.3度
購入価格:4,000円ほど


以前に藤井製作所さんでハイボールをいただき、
その美味しさに感動したエヴァンウィリアムス。
最近は安酒をがぶ飲みする荒んだ日々が続いているので、
たまには良いものでも飲もうと立ち寄ったお店で、シングルバレルを置いていたのでゲット。
18年熟成、シングルバレルで4,000円なら、そこそこお手頃ではないでしょうか。

…鼻も舌も衰えているし、我が家ながらちょっと緊張の開栓ですw

蓋を開けた瞬間から漂う、ほんのりとスモークがかった甘い樽とバニラ、カラメルの香り。
グラスに注ぎ、顔の前に持ってきただけでうっとりと深呼吸をしたくなるような、
”香る”というよりも”空気を作る”感じ。たまりません(´▽`)<スーハースーハー

口に含み、飲み下すとその甘い香りが口の中、身体の中にまで広がって
鼻から抜けていくよう。口当たりは円やかでスムースではありますが、
骨太で力強い感じもあります。そして余韻がすごく長い!

味わいと香りで心が少しずつリラックスしていくような、そんな印象のある逸品です。



,<おまけ:「うわぁぁぁ!」ってなるやつw>


宜しければこちらもどうぞ
購入したお酒リスト2

拍手[1回]

記事カテゴリー

最新コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。