まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【お酒】Bourbon de Luxe

【Bourbon de Luxe】
出身・種別:アメリカ・バーボン
度数:40度
購入価格:1,850円ほど


ストレートでもモルトの苦味に柔らかさがあり、
樽香と共にカラメルみたいな甘苦に感じます。

数滴加水すると甘味がまた強まりますが、香りにアルコールのキツさが強まるかな?

炭酸水で割るとモルトの香りが広がって、後から甘い樽香が追いかけてくる感じ。
ドライな辛さもありつつ、飲み易いハイボールですね。
・・・何か毎回同じような感想書いてる気がするw

4年熟成の効果もあってか、この価格帯でストレートが美味しい甘苦味。
甘めの香りのウィスキーが好きな方には、常飲候補となる一本ではないでしょうか。


宜しければこちらもどうぞ
購入したお酒リスト2

拍手[0回]

【お酒】ZUBROWKA BISON GRASS、EXOTICO REPOSADO

「菌はアルコールで消毒よ!」
…とか言っているダメ親父が全国に居そうですが(w)久々のお酒ネタ。

【ZUBROWKA BISON GRASS】
出身・種別:ポーランド・ウォッカ
度数:37.5度
購入価格:1,100円ほど

「飲む桜餅」ことズブロッカ。BISON GRASSとありますが、
野生の牛みたいな臭いがするわけでなく(w)、日本人馴染みの桜葉のような香りで、
ウォッカは香りが個性的でめっちゃ好きか全くダメかのどちらかなんですが、
まいね個人的にはこれは大好きです。
…まぁ、ザイマカさんの特別バージョンを知ってしまうと、
純正の本製品は物足りなく感じてしまうのですが・・・w
1,100円と、想像していたよりだいぶお手頃価格。試してはないけど、
岡山名物大手まんぢゅうをアテにしたら最高に美味しそう(*´ω`*)


【EXOTICO REPOSADO】
出身・種別:メキシコ・テキーラ
度数:40度
購入価格:2,400円ほど

2016年メキシコ・スピリッツアワードなど、数々の賞を受賞している本品。
とはいえこの価格帯なら比較的お手頃ですかね。
アガヴェ感とともにシナモンのような爽やかでスパイシーな香りと、甘い樽香。
舌触りもツンとせずシルキーで、常温ストレートで杯を重ねても全く嫌な感じがありません。
テキーラの”美味しさ”を誰かにおススメするには中々良い一本かもしれませんよ!

宜しければこちらもどうぞ
購入したお酒リスト2

拍手[0回]

【自転車】2020年シュペール・ランドヌールへの道

まいねじゃ!のヘビー読者たる私は、”ランドヌール”が”旅人”ということは覚えたわ。
そこに”シュペール”ってのが付いたのね…よく分からないけど素敵ッ抱いて頂戴ッ!!

…と群がってくる妙齢の女性(こねこちゃん)たちを、
ちぎっては投げちぎっては投げしながら簡単に説明すると、
Super Randonneur(仏)…
シュペールは英語で言うところのSuper、すなわち直訳すると「超旅人」の意味。
この称号は、1年(1月~12月)の間に開催されるブルベで、
200,300,400,600Kmを少なくとも1回ずつ完走した者に与えられます。
#以降、シュペール・ランドヌール=SRと呼びます。

これまでに300Kmブルベを、石田さん・長塩さんのサポートありで
やっとクリアできた程度のまいねが、急に野心を抱くに至った経緯や、
称号獲得に向けての歩みを書いていきたいと思います。



拍手[1回]

【自転車】おはなみひとり旅

旅先(ここ)でいっしょに 死ねたらいいと
すがる涙のいじらしさ
その場しのぎの 自己暗示(なぐさめ)言って
おはなみひとり旅♪~(´o`人)

何でもかんでも自粛、禁止の昨今。花見もロクに出来ないと
悶々と過ごされている方も多いのではないでしょうか。
私も流石に外出自粛かなと思ったんですが、
「適度な運動は免疫力を上げるのに効果的」
「人混みにはなるべく行かないように」
ということで”早朝に一人で”ならお花見もNotギルティかな?ということで、
まだ行ったことがなかった鶴山公園、ダムツーのときに感動した久世のトンネル桜を中心に、
全長約160Kmのライドを行いました。
どこもかしこもほぼ満開に桜が咲き誇っていた本日、だんだんと
「桜って…何が綺麗なんだっけ?」
と、桜がゲシュタルト崩壊しそう(!?)なほどの量に圧倒されましたよ!
今年は花見諦めようかな…と思っている方の、ほんの少しの心の清涼剤になれば幸いです。
※基本的に、今回は写真垂れ流し記事になりますm(__)m


拍手[1回]

【自転車】第8回灘崎クリテリウム観戦+花見ポタ

2020年3月29日(日)、第8回灘崎クリテリウムが開催されました。

最近何から何まで新型コロナウィルスの影響が付いて回り、
自転車のイベントも大小問わず中止、延期となっている昨今。
こういった、地方の勇気ある一歩一歩が、全体を良い方向に導いていく気がします。
…まぁさほど根拠はないんだけど、トレーニングを積んで体力、
免疫力を高めているアスリートがコロナごときに負けるかよ!?とも思いますw

とはいえ、無闇に人混みに近付くほど愚かではありません。
クリテリウムを観戦しつつ、穴場お花見スポットを探して
ゆっくり鑑賞しようというポタリングに、
本ブログの自転車カテゴリのレギュラーとなりつつある(w)T木さんと行ってきました!
・・・良い?これはコロナのせい。コミュ障だから人混み行きたくないとかじゃないからね。

※そもそもクリテリウムって何ぞ?
似ているレースの形式に、まいねが過去2回サポートしているエンデューロがあります。
どちらもサーキットなどの限られた区間内を周回するレースなのですが、ざっくり言うと
 クリテリウム:周回数が決まっていて、とにかく早くゴールした人が勝ち。
 エンデューロ:時間が決まっていて、とにかく多く周回した人が勝ち。
という違いがあります。
応援者の目の前を選手が何度も通るのでレース状況が分かりやすく、見応えがありますよ!


拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

[06/24 まいね]
[06/05 筋肉へ祈りを捧げる男 ボムポムクロ]
[05/25 ぴろ]
[05/10 まいね]
[05/09 リキ]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。