まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【大阪観光】なんば、梅田に行ってみた 前編

休暇を取って、たまの連休。
思い切ったことができるほどの日数もないけど、家でじっとしてるのもなんだかな…
ということで、大阪在住のカラオケ仲間、サオさんにガイドをお願いして、
大阪観光をしてみることにしました。
#旅程をたった2日で決めるという無茶ブリ(!)。すまねぇ…

まずはこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございましたm(__)m


<いざ、大阪へ…メラメラワープ!>

#この新幹線だと向かう方向が逆とか、ツッコんではいけない。いいね?

濃密な旅で長文になったので、前後編に分けてお送りします。

宜しければこちらもどうぞ
後編


拍手[3回]

【料理】魂のチリコンカン


気分が沈んだ時は、いつもこうしていた。

この細い腕で、掴むことができなかった多くのものと、
何とかしがみついているわずかなものを想う。

・・・うん、こんな時は気分がアガる旨いものでも食うに限るな。


気分が落ち込んだ時、脳を活性化するビタミンBを摂ると良いとされる。
鰻、豚肉、レバー、大豆なんかに良く含まれている。
豚肉と豆か…チリコンカンかな。チリコンカン食べたい気がしてきた。
まいねの魂(あるいは貧弱なレシピ)に呼ばれるように、”チリ魂カン”。
…ひぇっ(寒)

<ボロニアソーセージのチリコンカン>

無駄に(って失礼な)青森にんにく使ってみたよ!
久々の料理なので、腕じゃなく素材に頼っているねw

こいつをご飯と合わせるなら…

<粉チーズ+ブラックペッパー>

美味し(断言)。

チーズで気分を鎮めるカルシウムが摂れて、これまた気分が沈んだ時に効く。
…活発にしたいのか、鎮めたいのかどっちだ。

それにしても一度は映画に出てくるような、エラく煮詰まって、豆なんかグズグズに崩れて、
器にベチョっと盛り付けたものを、眉間にしわ寄せながら(そのくせ完食する)食べるような、
あんまり美味しくなさそうなチリコンカンも食べてみたいねw

拍手[3回]

【雑記】ランドヌール正式認定【あるいは雑念】


これを持っていると、女の子が自ら「抱いて」と飛び込んでくると噂の(棒)
ブルベ完走認定メダルが、フランスより届きました!\(・ω\)(/・ω・)/<しるぶぷれ~

いや~、今思い返しても辛い200Km、我ながらよく頑張った!


…もう一回出るかと問われれば…岡山以外でお願いしたいですw

拍手[3回]

【お買い物】ヤマモトケイジ『青図点描集』



☆ヤマモトケイジさんのミニアルバム『青図点描集』が発売中!
#ホントは5/21発売で、それを三つ葉のクローバーさんに教えてもらったのはナイショw

まだ2周ほどしか聴いていないのでアレですが、第一印象は
(メロディの雰囲気、ちょっと変わった?)
以前よりキャッチーな”泣き”のメロディが入ってきたなー、みたいな。

それでも何てことない日常の、誰もが容易に場面を想像できることを
(こんな切り口があったの!?)
と思わせる詞の世界は健在。目覚まし時計ひとつでもこんな歌詞を紡ぎ出すなんて…
驚いて、ちょっと嫉妬して、あとは頷きながら聴き惚れるばかりです(´~`)<うんうん

日々の暮らしに寄り添いながらも、
ちょっと新鮮さを与えてくれるかもしれないケイジさんワールド、
気になった方は是非チェックを!(*´ω`*)b

拍手[1回]

【お酒】THE WILD GEESE RARE IRISH

【THE WILD GEESE RARE IRISH】
出身・種別:アイルランド・アイリッシュウィスキー
度数:43%
購入価格:4,900円ほど





もう…どうですかこの美しいボトル!
箱から出した瞬間、溜め息が漏れてしまいましたよ(*´ω`*)

ただ、見た目は美しいですが中身は非常にクセがあります。
アルコールとスモークの香り、スモークはスモークでも樹木というより草系?でしょうか。
今まで嗅いだことのない香りにびっくりします。
塩味を感じますがしつこくなく、スッと消えてきます。
色々ウィスキーを飲んでみましたが、最初にラフロイグに出会ったときのような、
強烈な衝撃を今感じております!

チビチビ飲みながら、遠い地への旅を妄想してみるのも良いかもしれません。

拍手[1回]

記事カテゴリー

最新コメント

[07/01 まいね]
[06/29 三つ葉のクローバー]
[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。