まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】鳴海徹朗×ヤマモトケイジ『冬にながめて』に行ってきた


2019.1.26。今年のライブ初めは、禁酒会館にて行われた
鳴海徹朗さんとヤマモトケイジさんのライブ『冬にながめて』でした。

会場のアレンジは、本ブログでも度々ご紹介しているSaiSaiKaさん。
しかも鳴海さんは青森(黒石市)出身・在住だそうで、
あわよくば、めっちゃ久しぶりのネイティブトークなんかできちゃったりして!?
などと、都合の良い妄想を胸に(w)テンション高く会場へ向かいました。

宜しければこちらもどうぞ
hamaji×ヤマモトケイジライブ「こぼれび と おと」に行ってきた



拍手[2回]

【ボドゲ】漢々楽々

【漢々楽々】
概要:オリジナル四字熟語を作って、侃々諤々の議論を交わせ!
プレイ人数:2-8人
プレイ時間:15-30分


鍋ラボ(なべとびすこさん+ルイージ店長、こっぺさん)企画のゲームです!
いくつか遊び方があるのですが、以降では通常ルールでの遊び方についてご紹介します。

宜しければこちらもどうぞ
まいね所持ゲームリスト



拍手[0回]

【ボドゲ】CUCCO(クク)

※CUCCOはカードの名前であり、ククカードを使ったゲームがいくつかあります。
 #”トランプカードを使ったババ抜き”みたいなことですね。
 以降では、ククの代名詞と言って過言でない『カンビオ』というゲームについて解説します。

【CUCCO(クク)『カンビオ』】

概要:一枚の手札、一回の交換チャンスで「一番弱くなければ良い」だけの生き残りゲーム!
プレイ人数:2-15人
プレイ時間:30-60分

ボドゲ沼に片足(?)を取られて数年・・・
いつの間にやら、自分でゲーム会を開くようにまでなってしまいましたが、
インストはまだまだ入門者以下のレベル。
一度遊んで分かった気にならずに、たまにはルールブックを読み返し、
テストプレイしてみて疑問に思ったところがあれば調べてみて、
その地道な繰り返しでしかゲームは理解できず、
ゲームが理解できてないと説明も上手くならない…そういうことなのでしょう。
シュラスコカーニバルみたいに、一人でも遊べるゲームでテストプレイを繰り返しても、
#いざ人が集まった時に、多人数ルールを忘れて挫折するパターンもあるしねorz

ということで、今まで紹介、解説記事を書いていなかったゲームについても、
随時書いていこうと思います。
#過去に記事を上げたものについても、読み返して気付いたところがあれば
#しれっと修正していますw

宜しければこちらもどうぞ
まいね所持ゲームリスト



拍手[0回]

【ボドゲ】The Grizzled 友情は戦争より強し?

【The Grizzled 友情は戦争より強し?】
概要:Grizzled(老兵士)となり、数々の試練をひたすら耐え抜き、平和を目指す!
プレイ人数:2-5人
プレイ時間:30分

岡山でボードゲーム2018葉月の部で初めて遊び、
戦争というセンシティブな題材のゲームだし、(インスト含め)難易度はかなり高いので、
正直まいね会では稼働しないかもしれない…と思いつつも
何故か不思議に惹かれる魅力があって、ゲーム屋さんで手にとっては棚に戻す…
というのを繰り返していたんですが(w)、思い切って買うことにしました。

若いころの力はないが、若い者にはない根性はある。長年生きてきた年の功もある。
なぁに、困ったときは逃げれば良いんだ。
この試練を耐え抜く覚悟のある老兵士たちよ、今こそ平和に向けて
ひとつ協力し合おうじゃないか!


宜しければこちらもどうぞ
まいね所持ゲームリスト



拍手[0回]

【ボドゲ】Splendor 宝石の煌めき

【Splendor 宝石の煌めき】
概要:宝石を見つけて磨いて売りまくり、名声を高めろ!
プレイ人数:2-4人
プレイ時間:30分

最初に遊んだときから(うわ、これは良いゲーム!)とどハマリするも、
ファンが多くて大体のゲーム会に持ってくる人がいるので、
購入するかどうかはずっと迷っていたゲームの一つでしたが、
日本語版では、チップの重さにまでこだわるコンポーネントの質感の良さもあり、
所有欲も満たせるのでこの度購入に踏み切りました。

さぁ、徹Splendorするしかないな(威圧)!


宜しければこちらもどうぞ
まいね所持ゲームリスト



拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

[03/13 まいね]
[01/26 まいね]
[01/26 はら]
[12/20 まいね]
[12/20 ほげー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。