まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【料理】まいね × OURSON【コラボ】


☆本日よりOURSONさんでまいねのザワクラが出ます!\(´▽`)/<ワッショイ!

ぶっちゃけ、岡山の中でも特に美味しいザワクラができたと自負しております!!
シェフの繊細なお料理とともに、まいね自慢のザワクラをちょいとつまんでいただけたら
大変嬉しく、光栄でございますm(__)m

ーーー
<少なく見えるだろ。これでもキャベツ一玉分なんだぜ。>

 ↓
<一週間もの。大分それらしい味だけど、まだまだ若いなって感じ>

 ↓
<10日もの。発酵が進まなくなったようなのでこれで完成としました>

前回より発酵期間は短いものの酸味が利いていて、深みがありつつも
春キャベツのフレッシュさも残しており(自分で言うのもなんですけど)味は申し分ないです。

あとはまいねが毒味して問題なければOK・・・ですが、それが一番の鬼門なんだなw
毎度のこととはいえ(ザワクラ最初に食ったやつってホント勇気あるよな)と思いつつ、
ドキドキしながら食べてます(;´∀`)
ーーー
実はザワクラ祭り2016で、沢山作ったはいいものの冷蔵庫に入りきれなくなった分(w)を
仲良くさせていただいているお店のいくつかにおすそ分けさせていただきました。
#後でよく考えたら、プロのお店におすそ分けするとか、
#飛んだ傲慢だよなとちょっと反省(ちょっとだけどねw)。

「中々良い出来だね」とお店の方にお褒めいただいただけでも恐縮なのですが、
実際にお客さんにも出されていて(!?)、OURSONさんでは「もっと食べたい」と
リクエストもあったそうです。・・・ということで、正式にオファーをいただきまして


まいねのザワクラがOURSONさんで出ることになりました\(´▽`)/<ワッショイ!

漬物器も購入し、気合入れて仕込んでいますよ!w
本日から2週間(発酵期間)+2~3日(まいねの身体を使った毒味期間w)ほど後に
出される予定です。詳細が決まったらまた本記事でご報告しますね。

ではそれまで、まいねの祖父がよく歌ってくれたソーラン節のパロディをリスペクトしつつ
作ったこの曲、聴いて下さい。

『まいねソーラン節』♪~(´o`人)
ヤーレンソーランソーラン ヤレン ソーランソーラン(ハイハイ!)
ばがっこさつける 薬ァねづたって
たまなつければ えぇ味コァ出す チョイ
ヤサエンエンヤーーーァサーァのドッコイショ(ハァドッコイショドッコイショ!)

日本語訳:
馬鹿に付ける薬はないというけれど
キャベツを漬けたら良い味出すよ!



宜しければこちらもどうぞ
OURSONさんの紹介記事

拍手[3回]

【料理】雷豆腐とめざし膳【あやかしめし】



全国のコアな時代小説料理再現ファンの皆さま、おまっとさんでした。
池波正太郎『剣客商売』の”剣客めし”に引き続き、
畠中恵のしゃばけシリーズ、つくもがみシリーズのご飯を再現する、
その名も”あやかしめし”を始めてみようと思います。

さて記念すべき第1回は、しゃばけシリーズ第3弾『ねこのばば』より雷豆腐と、
つくもがみシリーズ第2弾『つくもがみ 遊ぼうよ』よりめざしと青菜のおひたしです。
最近、暴飲暴食が過ぎるのでかなりストイックな献立にしてみましたw

宜しければこちらもどうぞ
第2回>


拍手[0回]

【料理】ザワクラ祭り2016


今年も春キャベツでザワークラウトを作って、ザワクラ祭りを開催いたします!
春キャベツに塩をもみ込むときのキトキトした触感が、
まいねにとって春を感じる感覚の一つになりつつあります(*´▽`*)

祭りは数週間後。腐らないよう祈りつつ、ただ待つのみです。。
  ↓
 2週間後・・・
  ↓
<こいつ…かなりつけあがってやがるぜ(震え声)>

発酵途中でめちゃくちゃ温かい日があり、ぶくぶく泡が出ていた日にゃ
どうなることかと思いましたが(w)、ええ感じに漬かりました。
発酵具合、塩加減がよく、キャベツの甘さ、食感も少し残っていてめちゃ美味い(*´ω`*)
自分で言うのもあれだけど、今年のザワクラヤベぇ(ホントにアレだなww)!!
ってことで…

2016年ザワクラ祭りやりまぁす(STAP細胞がありそうな感じの声で)。
☆5/8現在、6メニュー公開中

宜しければこちらもどうぞ
#2015年はまとめてなかった(汗)
ポテチサンド
挽肉とザワクラのホットサンド

夏のザワクラ祭り2014



拍手[2回]

【料理】長命寺を作ってみた

岡山の桜餅食べ尽し企画もネタ切れになったので(w)、
ここらではほぼ食べることができないと思われる長命寺を作ってみました。

「無いなら作る」これこそオトメンの道(オトメンロード)なり!(。-`ω-)q<グッ

宜しければこちらもどうぞ
岡山の桜餅を食べ尽す!2016
岡山の桜餅を食べ尽す!2015




拍手[2回]

【料理】魂入れ定食 豆皿だけのうつわ展2016

<豆ごはんと豆皿のコラボ定食>




流石まいねさん、豆皿と豆ごはんをコラボさせるなんて
ウィットに富んでる。濡れる(それはウェット)!!(*ノωノ)
…ってなわけで、可愛らしくも栄養たっぷりの晩御飯。

豆ごはんは大粒のグリーンピースとともに炊いたご飯に、ツナを入れた混ぜ込みご飯。
豆の香りを活かすためにツナは後から混ぜ込むようにしてみました。

三浦圭司さんの小皿には人参のシークワサー煮。
爽やかな香りと酸味、少しだけ入れた塩で甘さを引き出したシンプルな煮物に。

柳忠義さんの小皿にはエリンギのマリネ。
酸っぱさの中に、生のにんにく、ハーブの香りを利かせてパンチのある感じにしてみました。

寺村光輔さんの小皿には(あたらし屋さんインスパイアの)セロキューやっこ。
まいね家キューちゃん(きゅうりをしょうがや唐辛子を入れた酢醤油ベースのたれで煮たもの)
にセロリを加えただけなのですが、香りも食感も一味違ってこりゃ美味い!


量的に物足りなく見えるかもしれませんが、小さな食材を少しずつつまみながら
(皿から直接ガーっと行っちゃダメ、絶対!w)ゆっくり食事を摂ると、
意外と満足感があります。
うつわを愛でつつ、自愛するヘルシー晩御飯も良いものですよ(*´ω`*)

拍手[1回]

記事カテゴリー

最新コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。