まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【料理】魂入れ定食 桃灰作器×はっぴぃさん

<はっぴぃ豚汁定食>


桃灰作器で購入したうつわと、
ジェノバソースとの物々交換で、はっぴぃさんから頂いた野菜を使って
心と身体に優しい定食にしてみました。
・・・何度も言うようですが、豚汁は主食です(。-`ω-)q

中皿に乗っているのは自家製塩だれのたたききゅうりと冷やしミニトマト。
塩だれにはシークワサー果汁を入れて香りと酸味を加えてます。
冷やしミニトマト、いい感じ!今日日の果実のように甘いトマトとは違う、
昔ながらのトマトって味がして、夏を感じますね~

豚汁には、はっぴぃさんからもらったジャガイモをメインに、
かぼちゃ、アスパラ、しめじをたっぷり入れ、にんにくと生姜を利かせた
栄養たっぷり仕上げにしました。食欲の落ちる夏場は、やっぱスープが良いですね。
汁までちゃんと飲み干せば、温かさで胃腸を整えつつ、野菜の栄養が余すところなく摂れます。

拍手[3回]

【料理】やなりいなり膳【あやかしめし】

あやかしめし第2回です。

【おしながき】
やなりいなり(しゃばけ第10巻『やなりいなり』より)
味噌漬け豆腐(しゃばけ第10巻『やなりいなり』より)
卵焼き(しゃばけシリーズほぼ全編に登場)
葱鮪(ねぎま)鍋(しゃばけ第9巻『ゆんでめて』より)

宜しければこちらもどうぞ
<第1回


拍手[0回]

【料理】ハムの人 2016

<上手に茹でました~\(^o^)/>

たまに無性に食べたくなる鶏ハム、今年も作ってみました。
食べ出したら止まらない魅惑の逸品、お料理の方も乞うご期待です。
#そのまま食べるのが一番美味いとか言ってはいけない。

宜しければこちらもどうぞ
2015年の鶏ハム料理


拍手[1回]

【料理】まいね流ザワクラの作り方

さすがまいねさん、プライベートでは仕事が早いぜ!

ということで、ザワクラにも合う”アレ”を作りたくなってきたので、
自分用のザワクラを作るついでに、タイトルどおりの我流ではありますが、
ザワクラの作り方をご紹介しようと思います
(目分量なので、レシピというにはあまりに具体性に欠けますが・・・)。
ネットでちゃんとしたレシピが簡単に手に入るわけですけど、
まず大前提として、まいねが目指すザワクラは以下のようなものです。

・塩抜き不要で、冷蔵庫から出してすぐ食べられること
・スパイスの刺激を抑えた優しい味、キャラウェイシードの香りがしっかりすること。
・キャベツの食感と甘さが少し残った、半フレッシュタイプ(何)であること。

それでは、続きのページで解説していきますね。
※因みに今回は漬け物器を使った方法でなく、ボウルで漬け込む簡易バージョンです。

☆ザワクラ観察日記追加しました!⇒今回のザワクラは失敗しました・・・


拍手[2回]

【料理】まいね × OURSON【コラボ】


☆本日よりOURSONさんでまいねのザワクラが出ます!\(´▽`)/<ワッショイ!

ぶっちゃけ、岡山の中でも特に美味しいザワクラができたと自負しております!!
シェフの繊細なお料理とともに、まいね自慢のザワクラをちょいとつまんでいただけたら
大変嬉しく、光栄でございますm(__)m

ーーー
<少なく見えるだろ。これでもキャベツ一玉分なんだぜ。>

 ↓
<一週間もの。大分それらしい味だけど、まだまだ若いなって感じ>

 ↓
<10日もの。発酵が進まなくなったようなのでこれで完成としました>

前回より発酵期間は短いものの酸味が利いていて、深みがありつつも
春キャベツのフレッシュさも残しており(自分で言うのもなんですけど)味は申し分ないです。

あとはまいねが毒味して問題なければOK・・・ですが、それが一番の鬼門なんだなw
毎度のこととはいえ(ザワクラ最初に食ったやつってホント勇気あるよな)と思いつつ、
ドキドキしながら食べてます(;´∀`)
ーーー
実はザワクラ祭り2016で、沢山作ったはいいものの冷蔵庫に入りきれなくなった分(w)を
仲良くさせていただいているお店のいくつかにおすそ分けさせていただきました。
#後でよく考えたら、プロのお店におすそ分けするとか、
#飛んだ傲慢だよなとちょっと反省(ちょっとだけどねw)。

「中々良い出来だね」とお店の方にお褒めいただいただけでも恐縮なのですが、
実際にお客さんにも出されていて(!?)、OURSONさんでは「もっと食べたい」と
リクエストもあったそうです。・・・ということで、正式にオファーをいただきまして


まいねのザワクラがOURSONさんで出ることになりました\(´▽`)/<ワッショイ!

漬物器も購入し、気合入れて仕込んでいますよ!w
本日から2週間(発酵期間)+2~3日(まいねの身体を使った毒味期間w)ほど後に
出される予定です。詳細が決まったらまた本記事でご報告しますね。

ではそれまで、まいねの祖父がよく歌ってくれたソーラン節のパロディをリスペクトしつつ
作ったこの曲、聴いて下さい。

『まいねソーラン節』♪~(´o`人)
ヤーレンソーランソーラン ヤレン ソーランソーラン(ハイハイ!)
ばがっこさつける 薬ァねづたって
たまなつければ えぇ味コァ出す チョイ
ヤサエンエンヤーーーァサーァのドッコイショ(ハァドッコイショドッコイショ!)

日本語訳:
馬鹿に付ける薬はないというけれど
キャベツを漬けたら良い味出すよ!



宜しければこちらもどうぞ
OURSONさんの紹介記事

拍手[3回]

記事カテゴリー

最新コメント

[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]
[06/07 三つ葉のクローバー]
[06/06 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。