まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【料理】M-1(もち-1)グランプリ2017!

<我が家の即席神棚?はちょっとだけ酒量多め。…まぁまぁ神様、ゆっくりしてかれぇ!>

明けましておめでとうございます。本年もまいねじゃ!を宜しくお願いいたしますm(__)m

さて、2017年記念すべき一発目のネタでございますが…みんな大好きM-1グランプリ!
MはMでも”もち”の”M”!日が昇る前から仕込みを始め(w)、
岡山、香川、青森(というか実家)の雑煮を作って食べ比べ!

作るの俺、食べるの俺、解説・評価するの俺、ボケ・ツッコミ俺、塩・コショウ俺!

ってな空前絶後のイベントでございます(精神衛生上マネはおススメしません)!



拍手[3回]

【料理】2016年まいね家クリスマスディナー

まいねの1年の料理修行の成果を発揮する誰得イベント、クリスマスディナーでございます!
今回は何と、メインとデザートに関してはプロのメニュー監修とリハーサルを行うという
何を目指しているのか分からない熱の入れよう!ww
#メイン監修: OURSONさん、デザート監修: トスティーノコーヒーさん。
#ありがとうございました。最っ高のディナーになりました!m(__)m

宜しければこちらもどうぞ
<クリスマスディナー2015クリスマスディナー2017>



<ディナー全景。赤白緑のクリスマスカラーを取り入れるお題もクリア!w>


<前菜(白、緑):クリームチーズ豆腐とザワクラのディップ>

一部の方に非常に大人気を博した(w)ディップですよ~(*´ω`*)
レンチンして水切りした絹ごし豆腐に、熱いうちにクリームチーズを加えて手早く混ぜ、
刻んだザワクラ、生パセリをたっぷり、塩コショウで味を調えて完成。
めっちゃ簡単で本当に美味しいです。
横に添えてあるのはおフランス製の、ミニトーストという味無しのラスクのようなもの。
手軽に使えて、サクサク香ばしく、色んなお料理に合うすごい子です。


<パスタ(赤):まいね自慢のナポリタン>

うん、やっぱりこれやな~(*´ω`*)
今回は途中でオリーブオイルが尽きるというアクシデントにより
ちょっとボソボソになったけど、それはそれで鄙びた喫茶店の雰囲気が出て良かったですw

<メイン(緑):青森を包んだチキンのホイル焼き ローズマリー風味>


切った時にボロボロになってしまい目も当てられないですが、味は最高です!w

火が通りやすく味が染みやすいように、肉にフォークで穴をあけた鶏もも肉で、
青森産の紅玉りんご、にんにく、生姜のすりおろしを包み、タコ糸で縛った後
しっかり塩コショウ、強火のフライパンで表面だけ焼き色を付けてから
ローズマリーをたっぷり、バター2欠けと共にホイルでぐるぐる巻きにし、
オーブンで40分焼き上げ、15分ほど寝かせました。
字にすると面倒くさそうですが、やってみると意外と簡単なメインですw

りんごの酵素により肉がホロッホロに柔らかく仕上がり、紅玉は酸味の強い品種ですので、
焼き上がりが非常にさっぱりとした味になります。青森産のにんにくは…
まぁぶっちゃけ高いですけど、やはり香りも味も段違い!
さっすが青森(ザ・ダイレクトマーケティングw)!!
ローズマリーも肉の臭みを消しつつ爽やかに香っていて、素晴らしかったです。

今回メニューを作るにあたって、OURSONのシェフから
「煮込みでなければ、生よりドライのローズマリーの方が良いですよ」
というアドバイスをいただきました。確かに開けたてすぐなら香りも遜色なかったし、
後々も使えるから便利ですね!新しいハーブ使いも覚えて、レベルアップした気がします!w

<デザート(白):ティラミス>

いつもまいねを”引き上げて”くれるトスティーノコーヒーさん監修のティラミス。
リハの時にマスカルポーネが見つからず、しかも雨だったのでクリームチーズで
妥協しようとしたところ
「クリームチーズは、マスカルポーネの代わりにはならないですよ?味が全然違います」
…しょーもないこと言われちゃいましたが(w)、ホント妥協しなくて良かった!

マリービスケット(何種類かビスケットを試してみて、結局マリーが一番やった)に
濃いめに淹れたトスティーノさんのマンデリン、砂糖、ラム酒を合わせた
コーヒー液を染みこませ、その上にマスカルポーネ、卵黄、砂糖、ラム酒、
泡立てた生クリームを混ぜたものを乗せます。
仕上げにココアをファサー、スナイダーズのチョコレートプレッツェルを添えました。

油断したらちょっと酔いそうなほどラム酒を利かせた大人味で、
コーヒーを含んだビスケットがしっとりスポンジっぽくなりつつも
ビスケットの香ばしさをほんのり放っています。
ココアもカカオ含有率高めのビターなヤツを使ったので、何とも上品な仕上がりになりました!
やっぱ良い師匠と、才能ある弟子が合わさったら最高のものができるね(完全に調子乗った)w

<おまけ:アイスティラミス>

残り物のチーズ液に、コーヒー液をグラニテにしたものを乗せました。
簡単で、何となくオシャレで(w)、美味い!

拍手[4回]

【料理】魂入れ定食 朝ごはんオーケストラ

<朝ごはん(昼):トロトロ目玉焼きのスマイルモーニング>

厚切りトーストに玉ねぎを器にした目玉焼き、
ほうれん草とソーセージのソテー、ザワクラを添えた
ザ・朝ごはんって感じの…ランチ。。

<朝ごはん(朝):菊芋とねぎの味噌汁、忙しい朝の塩昆布炒り卵>

丸ごと生姜じゃないよ、菊芋だよ。
(ウルトラマンにこんな怪獣いたなぁ(詳しくは”ブルトン”でググってねw)…)
ってな見た目の菊芋ですが、美味しくてすごい栄養を持つ食材です。
注目すべきはイヌリンという、水溶性の食物繊維。
お腹の中でふわっと広がり(イメージ)、糖の吸収、血糖値上昇を緩やかにします。
その効果から”天然のインシュリン”とも呼ばれるそうな。
また、亜鉛などのミネラルも多く含みます。

市場での菊芋の売り文句に”皮ごと調理してね”とあって
(マジで?この見た目…めっちゃアクがありそうだけど・・・)
と思ったし、試しに味噌汁に入れたもののかなりしっかり土っぽい匂いがするんですが、
食べてみるとびっくりするほど甘い!見た目、香りとのギャップが凄すぎて
二度見しちゃったくらいですw

拍手[1回]

【料理】魂入れ定食 Nocturne

<人参と菊菜の白和え、プレーンオムレツ、鶏胸とザワクラの電気炒め>


すり鉢と言えば…ということで、白和えを作ってみました。
野菜は色味鮮やか、食感楽しく、栄養たっぷりの人参と菊菜。
白ごま、味噌、水気を切った豆腐をゆっくり擂るときの香りと言ったら!
食べる前からごちそうです(*´ω`*)
もちろん食べたら・・・ごちそうですっ!!w

クリスマスに向けて鈍った料理のカンを取り戻さなきゃということで、
シンプルながら難しいプレーンオムレツをメインに据えたメニュー。
キーワードは”バタをひとさじ、玉子を3コ”です(意味深)。
まぁまぁきめ細やかにはできましたが…まだ甘いっすね。。

鶏むね肉を炒めて電気ブランというリキュール(後程レビュー予定)で香りをつけ、
ザワクラを加えたその名も電気炒め。…プロレス技みたいすね(そうでもないすね)。

しっかりいりこ出汁をとったみそ汁など、久々にゆっくり料理を楽しんだ休日となりました。

拍手[1回]

【料理】まいね×OURSON 2016冬【コラボ】

☆まいねのザワクラとOURSONさんのお料理のコラボ、もう一度やります!

<上手に漬けましたー!>

毒味から一日経ち、まいねの無事が確認できましたので(w)、
正式にOURSONさんでザワクラが出ることになりました!
春キャベツのものと比べると甘味では一歩譲りますが、発酵期間が長かったので
風味、旨みでは今までの中でも最高クラスと自負しています。
ぜひぜひ、OURSONさんのお料理と合わせて楽しんでいただければと思います。

因みに

まいねのザワークラウトにはキャラウェイシードというスパイスを使っているのですが、
キャラウェイの花言葉は「迷わぬ愛」。
お互いの浮気を食い止め、恋愛を長続きさせると信じられています。
・・・ええんや、俺のことはええんやで(泣ニッコリ)。
実用的な部分(?)では、口臭予防効果、および生のキャベツと乳酸菌による
整腸作用などが期待できます。

心にも身体にも美味しいザワクラ、皆様のお口に合いましたら何よりです…m(__)m

―――
気候もだいぶ良くなってきましたので、再びザワクラの仕込みをしています。
今回は秋~冬の時期に漬け込むこと、キャベツ2玉分、重量にして約3.1Kgという
まいねにとっても初めてづくしの仕込みです。
#試しに重さを測ってみて「わしゃ業者かい!?」って思わず笑ってしまったw

うまく漬かりましたら、今までになくたくさんの方にご提供できると思います。
下の写真を見ながら(おいしくなぁれ☆)とおまじないをかけてくださいませ!w
…まぁ、提供前に人柱になる自分自身が、一番熱心に祈ってますけどね_(:3」∠)_<マジ頼む

<さぁ、写真に向かって恥ずかしがらず祈るのです…「おいしくなぁれ☆」>


これぐらいの気温で漬けるのは初めてなので何とも言えませんが、
12月に入ってクリスマスシーズン前くらいにはご提供できるんじゃないかと思います。
出来たらまた告知しますので、しばしお待ちくださいませ。

ーーー
<3日経過後。ちょっと泡が立ってきましたね>


拍手[4回]

記事カテゴリー

最新コメント

[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]
[06/07 三つ葉のクローバー]
[06/06 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。