まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【自転車】2020年シュペール・ランドヌールへの道

まいねじゃ!のヘビー読者たる私は、”ランドヌール”が”旅人”ということは覚えたわ。
そこに”シュペール”ってのが付いたのね…よく分からないけど素敵ッ抱いて頂戴ッ!!

…と群がってくる妙齢の女性(こねこちゃん)たちを、
ちぎっては投げちぎっては投げしながら簡単に説明すると、
Super Randonneur(仏)…
シュペールは英語で言うところのSuper、すなわち直訳すると「超旅人」の意味。
この称号は、1年(1月~12月)の間に開催されるブルベで、
200,300,400,600Kmを少なくとも1回ずつ完走した者に与えられます。
#以降、シュペール・ランドヌール=SRと呼びます。

これまでに300Kmブルベを、石田さん・長塩さんのサポートありで
やっとクリアできた程度のまいねが、急に野心を抱くに至った経緯や、
称号獲得に向けての歩みを書いていきたいと思います。



【BRM530泉佐野 紀伊半島600Km】
エントリーしました!
→(2020/4/7追記)8月までのすべてのブルベが自粛されることになり、
 600Kmチャレンジは
おあずけになりました。これを受け、まいね個人としても
 人の多い観光地はもちろん、県外に行くようなライドは控えるようにしようと思います
 #全く乗らない訳ではないですが…。
 「ローディは自転車乗りの鑑であれ」は、自転車に”乗らないこと”でもそうあるべき、
 そう考えるに至りました(遅いw)。

ーーーーーーーーー
【動機】
ちょいちょい本ブログで書いていますが、まいねは「毎年(秋に)何か新しいことを始める」のを
自分に課していて、最近はそれが自転車色に染まりきっていますが(w)、
今年はフレッシュ(Fleche:日本語に訳すと”矢”)という競技に出る予定でした。
アニメ『ろんぐらいだぁす』の人気により、自転車に乗らなくても
知っている人がいるかもしれません。これは簡単に言うとチームブルベであり、
「24時間で最低でも360Km(余力があればそれ以上)走りナイスプレイス(ゴール)に向かう」
というもので、英語の”フレッシュ”をイメージしていると、
実はその真逆のようなガチさ加減に変な汗が出るような厳しい競技ですw
これに向けてまいねがリーダーとなり、
(CycleZのレーサー勢から)メンバーを5人集めてエントリーし、
さぁロングライド練習を始めようかと意気込んでいた矢先…
応募多数で参加者抽選となり、あえなく落選(泣)。
2月にして(あー、俺の2020年終わったわ~)ってくらいにショックでしたね。。
いつもどおり意識を失うまで酒を飲み続ける日が2~3日続き(意外と短いw)、
酔いに任せた戯言の様に、急に浮かんできた「今年、SR狙ってみようかな」。
でも考えれば考えるほど今年がいいな、という気がしてきました。

動機の一つには、まさにFlecheも絡んでまして。5人のメンバーのうち、3人はブルベ経験なし。
つまり((経験ないけど)400Kmくらいなら完走できるかも?)と思ったかもしれず、となると
まいねが200,300Kmブルベ完走で浮かれているようじゃ、
みんなにロングライダーとすら認められていないのでは…と思ったってのもあります。
流石に卑屈すぎるかもしれませんが。
単純にSRはロングライダーの憧れでもありますし、何といっても今年はオリンピックイヤー。
自分の身の丈を超えた(スポーツ)目標を持っても、
モチベーション高く進めそうじゃないですか、気のせいかもだけど!w

正直、まだ300Km完走したばかりの私には400,600Kmは途方もない距離なのですが…
まずはどんなものか体験してみようと思います。
経験上、完走したブルベよりDNFしたブルベの方が得るもの多かったしΣp(。-`ω-)q

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

二人の記念日!

2020年2月14日、リリムちゃんとの生活を始めてまる2年が経ちました。
3年目だからといって、浮気せずに走り続けますよ!w
因みに現在の総走行距離は16,544Kmです

記事カテゴリー

最新コメント

[06/24 まいね]
[06/05 筋肉へ祈りを捧げる男 ボムポムクロ]
[05/25 ぴろ]
[05/10 まいね]
[05/09 リキ]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。