まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】岡山ミッドナイトエンデューロをサポートしてみた 前編

2018/7/21,22日の日程で、岡山国際サーキットにて
岡山ミッドナイトエンデューロが開催されました。

自転車競技における”エンデューロ”というのは、サーキット場のような限られた場所を、
4時間、8時間、10時間などと時間を決めて、その制限内でできる限り周回するというものです。
岡山ミッドナイトエンデューロは、今年で第16回を数える歴史ある大会でして、
まいねが日頃お世話になっているCycleZさんでは
「今年は優勝を狙っていくぞ!(因みに去年は3位)」
と盛り上がっており、持病があるのでレース参加はできないけど、応援ならぜひしてみたい
(…というか岡山国際サーキット行ったことないし、見てみたい)とホイホイ申し出たところ、
「それなら今年は出場選手が多いし、サポートをして欲しい」
とのお誘いをいただき、素人の私なんかで良ければとお受けした次第です。

本記事には、隙自語(隙あらば自分語り)要素が多少含まれています。
また、まいねがこの手の記事で前後編に分けたときのご多聞に漏れず、
前編ではまだレースに入りません。レースの内容だけ読みたい方は後編へ!w



【レースのおよそ1か月前・・・】
夜の19時過ぎ、CycleZさんに選手、サポートが集まって初めての打合せ。
レースをする上での各種情報共有やチーム分けを行い、この日まいねは
CycleZの中でも一番勝ちに行くチームである「Z会 アドバンストAコース」
のサポートをすることになりました。オリジナリティ溢れるこのチーム名、
どこかで聞いたことあるはずなんかないよ、いいね?(。-`ω-)
#今年は参加人数が多いため、他にチャレンジBコース、チャレンジCコースもあり、
#それぞれにまた別のサポートが付きます。
#以降CycleZのチームを単に”A/B/Cコース”と呼称することにします。

ベテランのJ子さんも一緒にサポートすることになっているので心強くはありますが、
何分にも初めてのことですので(自分が足を引っ張ったら…)と、やはり心配。
勝ちに行くチームのためには、”勝ちに行くサポート”をしなくては…と、
エンデューロに向けてのまいねの戦いは、まさにこの日から始まったのです。
週末のライドに加え、平日の夜は1~3Kmのジョギングを行い、
あちこち動き回れる脚力と、汗をかく練習(=暑さ耐性を付ける)をするようにしました。


【レース1日目朝…】
身体は鍛えてもメンタルはへなちょこなまいねさん。
(走らないのにw)まさかの夜中から下痢がノンストップ状態!
(走らないのにww)しかも朝食にしようとした冷やし中華すら、吐き気で受け付けない!!
一先ずゼリーとスポーツドリンクで栄養補給し、止瀉薬を引っ掴んでCycleZに向かいます。
ストッパの切れ目が、社会人生活のストップになるかもです(ぅゎ)。

お店では、限りある車の中に自転車や人や荷物をギュウギュウに詰め込む作業を行い(!)、
慌ただしく出発。
それから数分、きっとまいねだけじゃないと思うんですが、
お腹痛いのを我慢していると、車酔いしやすいんですよね(滝汗)。。
ワインディングの多い山道、大量の荷物で無理な体勢にならざるを得ない状況も手伝い、
(うぅ…早く着くか、その辺に俺を放っていくかどっちかにしてくれ…)
と思いつつ、まぁ何とか無事に岡山国際サーキットに到着。

<とうちゃこ>

<先客の方々が、爽快に駆け抜けていらっしゃいました>


<乗り込めー!>

この駐車場が使えるようになるのが15時、
ブリッジ(写真奥のENKEIって書いてるところ)開通が17時ですが、
レースに有利なパドック(待機場所)を得るには、ここからも戦いが始まっています。
CycleZではAコースのK田選手、BコースのK神選手を含む先遣隊を出しており、
この炎天下で4時間以上待機する(!)という地獄を乗り越え、
本部横のかなり良いポジションを確保できました!\(・ω\)(/・ω・)/
…いや~、まいねなら干からびてたね。。

<我々は荷物を搬入するだけ。ありがてぇありがてぇ>


<自転車も入れて、思い思いに寛ぎます>






…やや寛ぎすぎに見えなくもないですが(w)、この可愛いタオルの下に
めっちゃええ筋肉隠してるんだから、アスリートって奴ぁもう。。

荷物搬入中、隣のパドック(Cloud9)のお姉さんと少しおしゃべり。
この日まいねは亀チャリジャージを着てたので、多分選手だと思ったんでしょうね。
「こんにちは。もしかして、優勝狙ってます?」
もちろん自信たっぷりに応えましたよ。
「それはそうですよ!!(^ω^)」
…実はバックポケットの機能が欲しかっただけでサイクルジャージ着てて、
レーパンもシューズも、それどころか自分のチャリすらないとか言えやしないよ。ククク。
まぁ、優勝するためのサポートを目指してたわけだから、嘘は言ってないつもりですけどね!


【18時過ぎ コース試走】






最後の写真の彼は、ホントは走りたかったけど今回サポート要員となったメンバーで、
今回のレースでは、影のキーパーソンと言って過言でない働きをしていた人です。
試走できることになり、めっさ良い笑顔でコースへ出て行きましたよ!(*´ω`*)

30分ほどで試走が終わり、まいねもようやく人心地ついたのか、
急に腹の虫が鳴き出したので出店で晩御飯を買ってみました。

<やっぱ焼きそばだよね~>


勢い余ってちょっと食べちゃってます(/ω\)
ほぼ朝昼抜きに近い状態だったので、飲み物のように消えていきましたw

この後、U-6、U-9のちびっこレース(これが意外と速い!w)でみんなポワワンとしつつ、
遠き山に日は落ちて・・・






【レース1日目 夜20時過ぎ】
お湯を注げば、ほかほかご飯ができる非常食を持ってきていたのですが、
何故か緊張がぶり返してきて食べられそうもなく、
うわ~いこれからスポドリとSOYJOYと梅丹で過ごすぞやったね(白目)!
ストッパもあるよ(よだれ)!
#ちな梅丹マズすぎ。速攻元気信者に戻るわ俺。

レースが始まってしまうと、一切写真を撮る余裕がなくなりそうなので、
21時のスタートに向けて準備しつつ、うろちょろして写真撮影タイム。




20:30に選手集合。





まいねなら、ワンチャン雰囲気ゲ〇ありそうなこの人波の中、
毎度オチャメなBコースT房選手マジ和む!w

この後、開会式を経て選手がスタートラインに並びますが(今はピットレーンに待機中)、
そこからは後編に続きます。

拍手[3回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[10/22 dsk]
[10/22 dsk]
[10/05 就職や大学院進学に強い岡山商科大学です!]
[09/27 まいね]
[09/26 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。