まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】第1回瀬戸内ブッククルーズに行ってきた

<イチョウ並木のキャンパス感パネェ!>

「いちょう並木の古本まつり」と題し、岡山大学キャンパス内で開催された
第1回瀬戸内ブッククルーズに行ってきました。

今回は晴れカフェメンバーのぺんちゃん、けいちゃんと共に
瀬戸内国際芸術祭2016にて一緒の船で危険を乗り越えた(!?)ゲームの達人こと”師匠”、
そしてその旦那さんの”店長”と共に、綺麗に晴れた空の下で平和な時間を過ごす…のは一時で、
このメンツが集まったからにはベタ凪で済むはずもなく、大ゲーム大会と相成りました!w



<天気にも恵まれ、本当に気持ちの良いお祭りとなりました>

瀬戸内ブッククルーズでは、瀬戸内沿岸の各県から古本屋さん、雑貨屋さん、
食べ物屋さんが集まり、古本の販売、トークショー、食事などが楽しめます。
本好きならここにいるだけで、1日があっという間に終わっちゃいますよ!w


<黄色い本を集めて作られた”イチョウの木”>


<ステキな雑貨もございます>

<美味しいお菓子もございます>

瀬戸内ブッククルーズの魅力の一つは、本屋さん・作家さん・デザイナーさんと
お客さんとの距離感の近さ。綺麗なポストカードに見惚れていたりすると、
それを描いた作家さんから声をかけていただいたりして、楽しい話が聞けたりします。

因みにまいねは、Ujimine Mariさんのポストカードを見ているときに話しかけられ、
ご本人とは知らず
「まるで自分が描いたように説明されますね!」
とめっちゃ失礼なことを言ってしまいましたorz
#Ujimine Mariさんは、モノクロの繊細な点描の中にカラーインクを少し入れ、
#不思議で優しい世界を作り出す絵を描いています。白い熊と黒い熊の絵を購入し、
#熊大好きなOURSONさんにプレゼントしましたので、お店のどこにあるか探し、
#白熊、黒熊どちらがシェフに似ているかなど議論してみてください!w

<そして今回のお宝>

無茶苦茶な組み合わせに見えますが、自分の中では”死と時間”という
テーマでチョイスしています。

ーーー
さて、(唐突だが)平和な時はもうお終いだ。

「諸君、ゲームは好きか?」

(。-`ω-)<因みに私は好きだ(ド直球の蛇足)…

まいね、けいちゃん、ぺんちゃん、師匠、店長の列強五国(感想には個人差があります)間で、
岡大キャンパス片隅の、小さなテーブルの上で、戦争が幕を開けのだった!

この日は先日も白熱した『DOBBLE』を皮切りに、
様々な魅力を持った、カジュアルだけど奥深いゲームの世界の世界を皆で楽しみました。
…楽しすぎて写真撮るの忘れたw('◇')ゞ<スマン

『なまえをよんで』
ネーミングセンスが問われる(!?)記憶系ゲーム。
珍妙でどこか憎めないモンスターたちが描かれたカードを使い、
プレイヤーは順番に山札を1枚めくって、
出てきたのが初めてのモンスターなら名前を付け、場に置きます。
これを繰り返して、名付けられたモンスターが再登場したら、
その名前を一番最初に呼んだ人が場にあるカードを総取りできます。
山札が無くなった時点で、一番多くのカードを持っている人が勝利です。
因みにこの日名づけられたモンスターは
「バターピーナッツ」「ピンクさん」「ヤッポヤッポ」「あまえんボンボン」
など多種多様!ヘンな名前を付けるほど楽しめる気がしますw

『髑髏と薔薇』
ゴシック臭プンプンな(w)騙し系ゲーム。
各プレイヤーは3枚の薔薇、1枚の髑髏の計4枚のカードを持ち、
最初のターンには札を確認して伏せたまま1枚出します。
後は順番に「場に出ているカードの中に薔薇は最低何枚あるか」を予想しながら、
自分の場に1枚カードを追加するか、予想した枚数をコールします。
枚数がコールされたら、以降の人はそれより大きな数をコールするか、
パスするしかできません。最大の枚数が確定した時点でコールは終了、
最大の枚数をコールした人が、まず自分の場のカードを開き、
それから他者のカードを任意の順番で開いていきます。
髑髏が出たら負けが確定、コールした枚数分薔薇を開けたら勝ちです。
負けた時は自分のカードを捨てなくてはならなくなるため、
他のプレイヤーが有利になり追い詰められていきます。
参加者たちのクセや性格の悪さを見抜く(!)、心理戦が熱いゲームです。

『ミソヒトサジ』
運とこじつけの旨さが試される(!?)大喜利系ゲーム。
5文字の言葉、7文字の言葉が書かれたカードを使い、
スタンダードなルールでは2回のターンの間に、手札を場に開かれた数枚のカードないしは
山に伏せられたカードを引いて短歌を作るだけという分かり易いルール!
結構ハチャメチャな言葉があるので、爆笑必至の句会となりますw

<スタンダードルールでできた5句がこちらです>

1.イルカとか ばかりいたんだ 爆音で ロマンチックが 志望の男
2.知ってるか 投げっぱなしの 本棚に 黄ばんだままの 坂本龍馬
3.あがってる わさび醤油で リクエスト 噛み応えあり なくなるまでは
4.胃が痛い 命からがら 系男子 エレキギターと グランドピアノ
5.ご機嫌な 群青色は 給食に とっくのとうに トーキョーシティ

こ れ は ひ ど い

これを必死で自分の句こそ最高だとプレゼンし、他の参加者を納得させて
参加者同士の投票で一番になった人が勝利です。
因みにこのゲームはまいねが勝ったのですが、どの句がまいねのものかを予想してみてね!w

他に、二句のみが確定している状態で、初句、三~結句を皆が持っている手札を出し合って
”最強の句”を作る「句ミーティング」というルールもあります。

<これが最強の句だ!>

魔界にて ほっと一息 パーリナイ そうと決まれば 実行委員

…今となっては、どこが良かったのかさっぱりです(滝汗)w


白熱し、騙し合い、笑い合ったあっという間の数時間、
ぺんちゃん、けいちゃんは残念ながら用事があるということでここでお別れ。
まいねと師匠、店長はまだ遊び足りないと、岡山市内のボード・カードゲーム専門店で
もう一勝負…あわよくば面白いゲームを購入しようという流れになりました。

「もっと・・・仲良くケンカしようぜ!(。-`ω-)」

ーーー
ってことで伺ったのはBOARD WALK OKAYAMAさん。普通なら
「絶ッ対入んねぇよ!!」
と言いたくなるような狭いビルの中に(失礼)、これでもかと詰め込んだ
国内外のゲームの数々は圧倒的の一言!
(知らないゲームがあるの?)と言いたくなるほど知識豊富な師匠、店長をして
「この品揃えは…神だ」
と言わしめる、実はすごいお店なのです。

ゲームの本場はドイツということで、ドイツ語表記の商品が多く、ど素人のまいねとしては
まったくタイトルから中身が計り知れないのですが、手に取るものほとんど全てを
「ああ、それはね・・・」
と大雑把なルールなど解説してくれる師匠たち。ありがてぇ、ありがてぇっ!

色々悩みに悩んで、まいねが師匠たちに伝えた欲しいゲームの方向性は
「ルールがシンプルかつ、カードの中身など分かった後も飽きずに遊び続けられること
 (この時点で大喜利系、謎解き系は除外かな。気になる脱出系もあったんですけどね…)」
そして何より重視したのは
「駒を・・・ジャラジャラしたいです!!」
…小学生でももっと気の利いた事言うよ!_(:3」∠)_<バカですんません

ってわけで、購入したのはこちら。
#購入してすぐお店で開封、遊ばせていただけました。ビルは狭いが心は広いぜご主人
#(だから失礼だってば)!

<COMPLETTO(コンプレット)>

各プレイヤーは伏せた状態の17枚のタイル、および開かれた状態の5枚のタイル、
計22枚を持ってスタートします。この22枚を数字の昇順に開かれた状態を作った人が
勝ちになります。

まずは17枚の中に、適当に5枚のタイルを配置します。プレイヤーの手番にできるのは、
1.山場からタイルを一枚、数字を開いて持ってくること、
2.自分の持っているタイルで伏せられているものを1個だけ、
  手札内で移動して隙間を作ること
のどちらか。手に入れた数字が手札内の数字と連番になるときは、
もう1ターン行動することができます。

このゲームのキモは、開かれた状態のタイルを入手するために、伏せられたタイルで
”隙間”を作っておく計画性と運です。例えば
□・20・30・□
と手札にタイルが並んでいて、山場から25を引いてきた場合、20と30の間に隙間がないため
25を入手することができません。自分および他のプレイヤーが持っている数字、および
自分の引きの強さと相談しながら(w)、ターンを上手く使って隙間を作りましょう。
また、ちょっと面白いルールが「逆さまにして成立する数字は、逆さまにして使ってOK」。
例えば「16」は逆さまにすると「91」。このどちらで解釈しても良いので、
自分の待ちタイルの幅を持たせつつ他プレイヤーの待ちを狭めたりできるわけです。
#因みに「80」を逆さまにして「08」などはダメなパターン。

言葉にすると中々複雑そうですが、やってみると一度で覚えられるようなシンプルなルールで、
それでいて奥深く、本当に面白いです。そして、この木駒の手触りが本当に良くて、
触っているだけでめっちゃ気持ち良いんです(*´ω`*)<僕は変態じゃないよ!

良い買い物のアドバイスをいただいた上に、3度もゲームにお付き合いいただき、
楽しい時間が過ごせました。今度またゲーム会を開かれるそうで、
ぜひぜひ参加させてくださいと約束し、一時のお別れです!



・・・あれ?これって古本まつりの記事じゃなかったっけ?('◇')ゞ

拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[12/02 まいね]
[12/02 ほげー]
[11/29 まいね]
[11/26 まいね]
[11/26 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。