まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【読書】石田ゆうすけ『いちばん危険なトイレといちばんの星空』


『いちばん危険なトイレといちばんの星空』(初版:平成22年7月)
石田ゆうすけ 著
幻冬舎文庫

※以降、ネタバレを含むかもしれないのでご注意ください。



7年半をかけて、自転車での世界一周を果たした著者が選ぶ
”世界一”を集めたエッセイ集。


資格試験も終わったし、本が読めるぞ!
ということで、前作 『行かずに死ねるか!』に引き続き、
石田さんの旅エッセイを読んでみました。

端的に言うと、良くも悪くも”よく熟成されていて、面白い”って感じ。
文字どおりの意味で命がけで、世界中を回った彼の話は、一つ一つがすごく面白いし、
元々素晴らしい文章力がある方なので、美味しい食べ物に出逢った感動とか、
へんてこエピソードの可笑しさとか、すごく良くまとまっているんだけど…
どうも、”臨場感””リアルさ”に欠ける感じがしました。

前作が
「7年半の旅を最初から最後まで追って(ほぼ時系列どおりに)書いているが、
 すべては書ききれないが故に断片的になった」
のに対し、本作は
「7年半の旅の中から、テーマに沿ってピックアップしたので断片的になった」
という印象。だから”旅してる!”って感じがあんまりしないんでしょうね。
自分がやったわけでもないので、贅沢で身勝手な印象なんですけど。。

それでも、繰り返しになりますがエピソード自体は面白いし、特に前作では物足りなかった
食事に関する話などが多く、美味しさの描写も見事なので
異国の食べ物に興味のある方におススメの一冊です。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]
[10/10 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。