まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【読書】石田ゆうすけ『行かずに死ねるか!』


『行かずに死ねるか!』
石田ゆうすけ 著(初版:平成19年6月)
幻冬舎文庫

※以降、ネタバレを含むかもしれないのでご注意ください。



それまでは漠然と描いていた夢、それがある日占い師に
「貴方は順風満帆の人生を送るわ」
と言われたことをきっかけに(そんな人生、自分で変えてやる!)と
半ば逆ギレ気味に、著者が踏み出したのは何と、自転車による世界一周の旅。
95,000Kmを7年半かけて走り切った彼の旅は、
桁違いのヒヤリと、ニヤリと、ホロリに満ちています!!


チャリダーってのは中々に業の深い生き物でして、程度の差はあれど、
どういうわけか苦しみを求めてしまう傾向があるようです。
自転車に乗らない人からすれば
「何を目指してんの?」
って感じでしょうが、
「まぁ何というか…苦しくないと面白くないんだよね」
中々この感覚って、伝えにくいんですよね。

思うに、まいねは割と自分を追い込んでいくタイプで、
とはいえあまりにも過酷すぎて(今日はマジでだめかも…)と思うようなライドが
何回かあったんですが、そんな時に家に着いてしみじみ思うのは
(うわー、今日はヤバかった。けど、無事生きて帰ってこれて良かった!)
ということ。”生きててよかった”を手軽に得る手段として、高所やスピードなどにより
危険なことをして、死に直面することで反動的に生を実感することが挙げられますが、
自転車の場合は「自分の限界を超える」ことで他人に迷惑や心配をあまりかけず、
純粋な生の喜びを感じることができる…そんなところが魅力なのではないかと分析します。

また、自転車自体が寒暖、傾斜、風、路面の凹凸などの影響を
モロに肌で感じられる乗り物ということもあってか、普段は何とも思わないような
”日常”を、ものすごくドラマチックに感じることがあります。
路側帯にたまった砂や、雨天の白線の滑りっぷりなどの危険、
吐きそうになりながらヒルクライムしているときの、すれ違いのローディーの応援、
そっとお水のお代わりをくれる喫茶店のマスターの優しさ・・・
地方差は多少あれど、同じ文化圏内の日本においてなおドラマチックなのですから、
文化の違う外国ではもっともっと、ドラマチックなことが起こるのでしょう。
実際、本著の中においても、まるで計ったかのように以前出逢った人と
別の国で再会したりなんてことが起きていますし。

7年半が1冊の文庫にまとまっているということで、
やはり少し内容が不足しているなぁと感じるところはありました。
食事のことや、長居している国での生活の様子、各国の言葉をどうやって覚えたかなど…
とはいえ、これはこれで良いものだなとも思いました。
まるで、行間が誘ってくるようなんです。

「だぁ~、何やっとんじゃ!ほら、早ぅペダル踏め!!」

と。我が故郷の寺山修二の言葉ではありませんが
”書を捨てて旅に出よう”という気分になります。
自転車乗り、特にロングライダーの方には強くオススメしたい一冊です。

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]
[10/10 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。