まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【お酒】クラフトジン岡山

【クラフトジン岡山】
出身・種別:日本(宮下酒造)・ジン
度数:50%
購入価格:2,000円ほど(ただし、今回買ったのは小瓶(200ml))

岡山地ビールの独歩などで有名な、宮下酒造さんが作ったジン。
同社が作っている焼酎をベースに、ジュニパーベリー(ジンの香りづけによく使われるスパイス)
などのボタニカルを加えて蒸溜、樫樽でフィニッシュしているそうです。
言われてみれば、余韻の中に木材の良い香りがふっと漂い、
日本人好きのしそうな落ち着くアロマだし、キリッと辛い味も良かったです。

ただ、個人的にはもうちょっと特徴が出ないと面白味がないなって感じがして、
これでプレミアムジンに勝るとも劣らないお値段ってのがちょっとな…と思いました。
あと非常に安定性が悪く、ちょっと触っただけで倒れちゃう(私だけ?)ボトルも
マイナスポイントでした_(:3」∠)_

拍手[1回]

【お酒】EL CHARRO(ANEJO)

【EL CHARRO(ANEJO)】
出身・種別:メキシコ・テキーラ
度数:40%
購入価格:3,700円ほど

行きつけの酒屋さんで、どういうわけかセール価格になっていたので購入。
感想は2語で十分。

美味い、気に入った!


上質のウィスキーのような、バニラに似た甘い香りの後、
しっかりしたアガヴェ感と強いアルコールを感じますが、
辛さがいつまでも残ることはなくスッと消え、甘やかな余韻を残します。
黄金色の美しい液色と共に、しっとりと酔わせてくれるステキなテキーラですね(*´▽`*)

拍手[1回]

【お酒】尽空 薄にごり

【尽空 薄にごり】
出身・種別:喜多屋(福岡県八女)・芋焼酎
度数:25%
購入価格:1,200円ほど


無印の尽空はJALの国際線で提供されている銘柄なのだそうです。
薄にごり(ちょっと何か沈んでるな、程度ですけどw)だからか、非常に円やかな甘さがあり、
米焼酎に近い印象です、芋焼酎特有のクセの強さが苦手な人や日本酒党にも
おススメしやすい一品ですね。
メーカーではオンザロックを推していますが、個人的にはストレートで、
その甘さをダイレクトに味わった方が美味しいように感じました。
ふわっと浮くような酔いで、日頃の悩みなんか”尽く空”にしちゃいましょう!(^^)/

拍手[1回]

【お酒】THESIS&ANTITHESIS

【THESIS&ANTITHESIS】
出身・種別:ベルギー・ジン
度数:44%
購入価格:3,800円ほど


名前とラベルのカッコ良さに惹かれて買った、ベルギー産のジン。
日本から出たことないけど、お酒とコーヒーはかなりワールドワイドです!w

名前の”テーゼとアンチテーゼ”は、哲学の弁証法という思考方法で出てくる用語です。
アニメ主題歌の『残酷な天使のテーゼ』で”テーゼ”という言葉を耳にした人も多いでしょう。
この世界の多くのものはその内に矛盾を秘めていて、弁証法では
「テーゼ…ある問題を肯定的に捉える論、命題」
に対立する
「アンチテーゼ…命題と対立する形で考える論、反例(?)」
を考えることで、ある問題の中に矛盾を生み出し、それについて徹底的に考えることで
テーゼとアンチテーゼを統合した、問題に対するより高次の答えを導き出すことを
目的としています。
因みに、その高次の答えを”ジンテーゼ”と言い、このお酒の”ジン”ともリンクする訳ですね。
(。-`ω-)<実に面白い…


用語だけを並べると非常に難しく感じるので、例を挙げてみましょう。

テーゼ:岡山県民は交通マナーが悪い。

これと対立する論を挙げると…

アンチテーゼ:岡山県民にも交通マナーを守る人はいる。
       故に、岡山県民は交通マナーが悪いとは言えない。

これらについて悩み、導き出した答えは

ジンテーゼ:岡山県民は”マナーを守る”という概念から解き放たれた民族であり、
      マナーを守ることと破ることの間に、差異や優劣がそもそも存在しない。

となるでしょうか。。
…う~ん、この答えを飲み込むにはまだまだ酔いが足りないらしい(#^A^#)<もう一杯!


本ボトルも名前に似合って、ボタニカルにはココア、ケシ、バニラなどを使用しているそうで、
じわっとした苦味とふんわりした甘味という相反する要素が一つになっており、
複雑で深い味わいを出しています。
白黒はっきりさせるよりも、合わせ飲めちゃう人間が、結局一番得をしていて幸せなんだと、
そんなことも考えさせられる一本ですね。

拍手[0回]

【お酒】TALISKER 10年

【TALISKER 10年】
出身・種別:スコットランド・シングルモルトウィスキー
度数:45.8%
購入価格:3,800円ほど


深い琥珀の液色に、スパイスを含んだスモーキーな香りが鼻腔を刺激して、
何とも大人な夜を演出してくれるTALISKER。
第一印象が(ダルマ(SUNTORY OLD)っぽいな)と思ったので、
あれが好きな方は、スモーク臭が嫌いでなければ違和感なく楽しめるんじゃないかと
勝手に思っていますw

おつまみは広島名物せんじ肉。意図せず相性ピッタリでした(*´ω`*)b

拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

[12/17 K.K]
[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。