まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【お酒】道後焼酎 瀬戸内の銀鱗煮干し

【道後焼酎 瀬戸内の銀鱗煮干し】
出身・種別:愛媛県松山市・米焼酎(粕取り焼酎)
度数:25度
購入価格:2,750円ほど





最近、自転車に乗るたびに体調を悪くし、
唯一の生きがいにすら拒否されるほど弱く生まれた人生を呪ってやまない日々。
そりゃ飲まなきゃやってられないってもんですよ…_(:3」∠)_

ニコニコ動画で現在好評開催中の企画『日本を飲み干せ都道府県リレー』。
47都道府県のお酒とおつまみを紹介するという、
素敵な動画の数々を肴に飲むってのもこれまた一興でして。

そんな中あまりの紹介の上手さに、気付いたらポチってしまったのが
愛媛県の紹介動画で挙げられていたこちら。何と…煮干しの焼酎です(。-`ω-)<そら気になるわ
…と言っても煮干しが主原料というわけではなく、清酒の酒粕と煮干しを合わせて蒸溜した?
いわば「たっぷり煮干し入り粕取り焼酎」といったところでしょうか。
鰯の銀鱗と、彼らが泳ぐ海を思わせる、銀ラメ入りのボトルがまた美しいですね!

早速開けてみると、酒粕の甘くて良い香り!香りだけならほとんど日本酒ですね。
因みに、いくら頑張って嗅いでみても魚臭さはありませんでしたw
口に含むと何とも甘味たっぷりで円やか。
そして…どんだけ探しても、煮干しっぽい味はしませんでした(汗)w
そうでなくても瀬戸内の煮干しはエグミのない上品な味ですしね。
きっと旨みだけをしっかり残して、いぶし銀の老俳優の様に
さっとスマートに去って行ったのでしょう・・・。
※封を開けて数日経ち、ちょっと加水して香りを開かせたら、
 確かに煮干しの存在を感じました。米と魚の旨み、最強のマリアージュですね!


因みにおつまみはナチュラルマーケットさんのひまわりの種のパンと、
自家製熟成ザワークラウト。噛めば噛むほど旨みの出るこれらとお酒が、
中々良くマッチしていました。日本酒に近い味なので、魚との合わせもすごく良さそうです!


宜しければこちらもどうぞ
購入したお酒リスト2

拍手[0回]

【お酒】OLMECA(BLANCO)

【OLMECA(BLANCO)】
出身・種別:メキシコ・テキーラ(ブランコ)
度数:40度
購入価格:1,600円ほど

個人的に、安価な割りには中々美味しいテキーラの代表格、OLMECA。
OLMECA(レポサド)を良く飲むんですが、そういえばブランコはまだ試してないな
ということで購入。

フレッシュなアガヴェの感じはもちろんありますが、
ピリリとスパイスが効いたような感じの香り。
口に含んでみてもやはり、クワッと辛い印象です。
辛いものが苦手なまいね的には、スパイス系のお料理と合わせると
お酒も料理も、味が分からなくなります(汗)w
塩をちょいと舐めると円やかになりますが…それはそれで物足りないんだよな(ワガママ)。。

2,000円を切ってこの美味しさは、十分常飲候補になると思います。
テキーラにちょっと興味があるけど、色々あってどこに手を伸ばしたらよいやら…
という方は、レポサドとこれを飲み比べて、好みの方向性を探ってみるのも良いと思いますよ。

宜しければこちらもどうぞ
購入したお酒リスト2

拍手[0回]

【お酒】SILENT POOL

【SILENT POOL】
出身・種別:イギリス(イングランド)・ジン
度数:43%
購入価格:5,500円ほど


Doctor,Doctor…
あんたは数字で証明しちまったんだ
ほぼ毎日5合以上の酒を飲み、わずかばかりの仮眠をとって
50Kmほど走ってから仕事に行くような生活を送っていても、
身体はピンピンしてるし、腹ン中だってキレイそのものだってことを。


つーことで人間ドックに行ってきて、肝臓元気とお墨付きももらったことだし
たまにはまともな酒でも飲もうか(発想がまともじゃない)ということで、
ボトルの美しさで購入したのがこちら。
#因みに、密かにお酒記事100本目でもあります。…だいぶ飲んだなぁ!w

イングランド産小麦のスピリッツに、様々なフローラルを浸漬して作られたジン。
臭いを嗅いだだけだとジュニパーが完全に主導権を握っていますが、
口に含むとジュニパーとアルコール臭の奥からラベンダーの香りが立ち昇ってきて、
ほんのり柑橘(ライム?)の爽やかさと苦味、カモミールの柔らかな残り香。
お酒のフローラル系の香りって、一歩間違えば下品になりそうな
甘さやわざとらしさが出てくるものもありますが、
こちらは非常に心安らぐ香りで好印象でした。

寝る前の晩酌の〆に、ちいさなグラスにほんの少し注いで、
ゆっくり香りを楽しみたい一本です。


宜しければこちらもどうぞ
購入したお酒リスト

拍手[0回]

【お酒】6'oclock

【6'oclock】
出身・種別:イギリス(イングランド)・ジン
度数:43%
購入価格:3,600円ほど


スッとスマートなボトルにシンプルなラベルデザイン、
薬瓶を思わせるガラスのフタが、理系イケメン男子を彷彿とさせますね(!?)。

6'oclockは、ジンの要であるジュニパーに、6種類のボタニカルを加えた香りづけ。
その”6”もかかっているでしょうが、このお酒を造ったエドワード氏が、
(多分午後の)6時を”ginspiration(gin+inspirationだろうね)”の時間として
楽しみにしていたところから名付けられたようです。
個人的に「ジンスピレーション」の言葉がやけに気に入っちゃいましたw

オレンジピールのような柑橘系の香りが非常に出ていて、口当たりはまろやかかつドライ。
飲み易くもあり、個人的にはちょっと甘すぎる印象でした。
ソーダで割ったり、ライムなんか合わせるとちょうど良いかもしれません。

宜しければこちらもどうぞ
購入したお酒リスト

拍手[0回]

【お酒】KARUGAMO

【KARUGAMO】
出身・種別:埼玉県・ブレンデッド
度数:40%
購入価格:1,980円ほど

イチローズモルトでおなじみ?東亜酒造さんのブレンデッドウィスキー。
ラベルのカルガモの絵が何とも可愛らしいですね(*´ω`*)
しかしながら、お味は意外と硬派。
香りこそ少しナッツ系の香ばしさと、甘さを感じ、
口に含んだ瞬間は滑らかでクリーミーな印象なのですが、
すぐさま舌先、奥の方で火花を散らすスパイシーさ、
モルトの苦味が深い余韻となって口の中と喉の奥に残ります。

ほんの少し加水して、口の中で空気を含ませつつ、
さながらカルガモの行進のようにちびちびと、
甘さと辛さのバランスを楽しむのが良い感じです(*´з`)~♪

宜しければこちらもどうぞ
購入したお酒リスト

拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

[04/03 まいね]
[03/22 まいね]
[03/22 三つ葉のクローバー]
[03/05 まいね]
[02/15 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。