まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【お酒】FIGHTING COCK

【FIGHTING COCK】
出身・種別:アメリカ・スコッチ
度数:51.5%
購入価格:2,200円ほど

FIGHTING COCK=戦うニワトリ、すなわちシャモのこと。

鶏キック(?)のイラストも勇ましいこのボトルに似つかわしく、
アルコール度数は驚異の51.5%。深い琥珀色の液と
トウモロコシとライ麦など穀物のウィスキーなので香りは甘く、円やかそうな印象を受けますが
味はビリビリと目の覚めるような辛口です。キレのあるドライなビールが好きな方とか、
結構イケるんじゃないかと思います。ウィルキンソンの辛口ジンジャーエールと割ると、
ハンパなく辛いジンジャーハイボールになりますw

言うまでもないことですが、めっちゃくちゃ酔うのでご注意を。。(*´ω`*)

拍手[1回]

【お酒】PICKERING'S

【PICKERING'S】
出身・種別:エジンバラ(スコットランド)・ジン
度数:47%
購入価格:5,400円ほど





年末年始で呑み飽きたってのもありますが、ここ1か月ほど晩酌を断っていまして、
そろそろ美味しいお酒が飲みたいなと思っていたところに
”ダンナ、いい酒あるヨ”の便り(イメージ)。
これこそまいねさんの禁酒あけに相応しいぜ!と選んだ一本が、こちらのPICKERING'S。
なんと、アイラウィスキーの樽で熟成させたジンという、
まさに私のためにあるような(妄想甚だしい)面白いボトルです。

ツンと澄ましたクジャクのマークに、手書きの樽番号、蜜蝋でしっかり封がされ、
プレミア感溢れるこのお酒は、350mlで税込5000円強という何とも贅沢な逸品。
「大切に飲まなきゃ・・・」
小さなグラスに注ぐと何とも芳醇な香り!でも、アイラっぽくはないかな…と口に含むと

♪~(*´▽`*)

口の中でふわっと軽く、ピート香が弾けます。嘘くさいほどスモーキーな強いクセではなく、
一瞬香ってすっと消える感じ。本当に美味しい!大好きです、これ。
…香りを最大限に楽しみたいのでストレートで飲んじゃいますが、流石に胃に来ますw

ちょっと贅沢ですが、買ってみて良かった!と思える一本でしたよ。

拍手[1回]

【お酒】LAPHROAIG10年

【LAPHROAIG10年(グラスの中はトワイスアップ)】
出身・種別:アイラ・スコッチウィスキー
度数:43%
購入価格:5,000円ほど

さぁ、今年も残すところ数時間。皆様いかがお過ごしでしょうか。
お風呂で身体を清めました?ご飯は何でしょう?TVは何を観てますか?
そして・・・今晩のお供(お酒)は何ですか?

まいねの今年を締めくくる贅沢な一本は、ラフロイグ10年。
正露丸に喩えられることもある強烈なピート香、それでいて熟成樽によって
クリーミーとさえ思えるほどに円やかになったその絶妙なバランスは、
まいねの中でウィスキーの王様として君臨し続けています。
大晦日にうっかり当ブログを見てしまったモニター前の皆さま、乾杯!(・ω・)/日

因みにお供はお刺身、板わさ、じっくり漬け込んだ紅白かぶらの甘酢漬け!
…お酒とはあまり合いませんけどねw

それじゃ一人でテレビ見てるのも寂しくなってきたので、
ギター弾き語りで一人紅白でも開催しようかなw
聴いて下さい、一曲目は・・・フライングゲット(懐)!w

拍手[2回]

【お酒】AGV400 レポサド

【AGV400 レポサド(グラスの中身は原液です)】
出身・種別:メキシコ ロスアルトス地方 テパティトラン地区、テキーラ
度数:40%
購入価格:5,600円ほど

何気に、今回買ったボトルの中で一番高価なお酒です…

AGVはもちろんテキーラの原料であるアガヴェの略語、
400には、400の乳房で400の子ウサギを育てたというメキシコの女神マヤウェルの
伝説に乗っ取っており、莫大さや豊かさを表す数字なんだそうです。

鼻を突くようなアルコール臭もありますが、
ゆっくり嗅ぐとバニラに似た非常に甘い香りがします。
それでいてスパイシーさもあり、バランスの良い美味しさです。
ただ、ちょっと気になった点が・・・


あれ、製菓用なの?_(:3」∠)_

まぁでも普通に飲んでも美味しいテキーラです。
何となく(この香り、ドーナツと合わせたら美味しいんじゃね?)と思いついて、
オールドファッションドーナツで試してみたのですが
さほどでもありませんでした(何の報告だこれ)ww

拍手[0回]

【お酒】g'VINE NOUAISON

【g'VINE NOUAISON(グラスの中身はまいねオリジナルカクテル”ミックスジュース”)】
出身・種別:フランス・ジン
度数:43.9%
購入価格:4,100円ほど

古来より、狂気に近付くほど神に近付けるものと信じられていて、
そのために人は、音楽に踊り、酒の力などを頼ったのだそうだ。
なるほど酒で神の御膝元にすり寄って、ぶっ壊れちまえばホトケだってんだから、
案外、日本のシステムって万人に優しい気もしてくるじゃないか。

そんなわけで、冬のボーナスのごく一部をお酒につぎ込んでみた!w
#ボーナスが多かったのか、お酒が安いのかはご想像にお任せします。

最初の一本はg'VINE NOUAISON(G'ヴァン ノアゾン)。フランス産のジンで、
ぶどうを蒸溜して作ったスピリッツ。ボトルも海外セレブっぽいスマートさがありますね(*´ω`*)
ジンらしい香りもするけど、フレッシュなワインや青リンゴのように
非常にフルーティで甘やかな香り。ダメだとわかっていてもつい、
ストレートでガンガンいっちゃいますw

折角なのでこの香りを活かしてカクテル(ってほどのモンでもないけど)作ってみました。
ジンをショット1杯に、コアントロー(柑橘系のリキュール)を2滴ほど、
氷と共によく混ぜてソーダを注ぐだけ。ぶどう、りんご、オレンジが混ざったような香りの
その名も”ミックスジュース”!…発想がガキだww
更に思い付きで、最近お気に入りのヒマラヤ岩塩(実はザワクラにも使ってます)を
ペロペロしつつ飲んだら美味しかったので、ライムをかじって塩を舐めながら飲む
テキーラと同じような飲み方も行けるんじゃないかな、って印象でした。
#試してないので保証はしません。。

拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

[12/17 K.K]
[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。