まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【お酒】glenfarclas8年、槙(KOZUE)


正月は死者を悼む日である。
  そうでなければ、どうして昼間から酒が呑めようか。

今ここにいる”死者”を悼んで、素敵なお酒を2本用意してみました。
見事な二刀流!これはメジャーからも声が掛かるわ参ったな~。
・・・今「メジャーはメジャーでも”だめじゃー”の方」といったヤツは後で屋上な(。-`ω-)

【glenfarclas 8年】
出身・種別:ハイランド・スコッチ
度数:40%
購入価格:2,860円ほど

ミルクチョコレート、バニラみたいな甘い香り。
フルーツっぽさもあるけど、上記の甘い香りに引きずられて?柑橘系というよりは
完熟したフルーツのような、甘い系(何)に感じました。
後味にはほんの少しスパイス系のピリリ感。
最近飲んだEDRADOUR10年とはまた少し違った、甘い香りがするけど
ライトで飲み易い雰囲気がありますね。
お値段も高くなく、割りとコスパ高いかも。

【槙(KOZUE)】
出身・種別:富士白蒸留所(和歌山)・ジン
度数:47%
購入価格:2,900円ほど

お酒とは関係ないけど、コースターの虚ろな目の犬がジワるww

最近?日本でも色んなメーカーがクラフトジンを発売していますが、
今回選んだのは和歌山のメーカーさんが出されているもの。
ジュニパーベリー以外のボタニカル(コウヤマキ、温州ミカンの皮、レモンの皮、山椒種)は
すべて和歌山県産にこだわった一品です。
封を開けた瞬間、ジンらしいジュニパーベリーの香りと共に、
みかんの皮の甘く爽やかな香りも確かに主張しています。
そして口に含むと、山椒の香りがブワッと口の中で弾け、ほんの少しの痺れをもたらします。
これは山椒好きにはたまらない!w
お値段も手に取りやすく、今のところ日本のクラフトジンの中では一番好きかも(*´ω`*)

拍手[0回]

【お酒】EDRADOUR 10年

【EDRADOUR 10年】
出身・種別:スコットランド・シングルモルトウィスキー
度数:40度
購入価格:4,980円ほど

牧歌的なラベルが何ともほのぼのしたこのウィスキー、
スコットランドで最も小さな蒸留所が作っているものなのだそう。
#ケース裏の絵を信じるなら、3人のおっちゃんが作ってる?はぇ~(驚)

開けたてすぐでも穏やかな甘い香り。カラメルのような香ばしさと、
コーヒークリームのようなクリーミーさがあります。
加水するとほんのり渋みも感じるかな。
香りも味も穏やかに気持ちよく酔えるこの一本、コスパ高いです!

拍手[0回]

【お酒】Bols genever

【Bols genever】
出身・種別:オランダ・スピリッツ
度数:42%
購入価格:3,800円ほど

ボルス・ジュネヴァはジンの起源とも言われるスピリッツ。
モルトワインにジュニパーベリー、ジンジャー、ベルガモットなどで
香りを付けているそうですが、主張しすぎることもなく
お料理と併せて飲んでも邪魔になりません。
1575年という途方もない昔から、カクテルベースとしても愛されているんだそうですよ。

ストレートで飲んでもクイクイ飲めるくらいクセがないですが、
グラスを手で温めて、香りを立てながら飲むとより一層美味しい気がします。




拍手[1回]

【お酒】METAXA(GRAND OLYMPIAN RESERVE)

【METAXA(GRAND OLYMPIAN RESERVE)】
出身・種別:ギリシャ・ブランデー
度数:40%
購入価格:3,800円ほど

中々珍しい”ギリシャのブランデー”という響きと、
パッケージの女神様に導かれるように購入(*´▽`*)

19世紀ごろ、ギリシャのお酒は”口蓋を焼くような”辛いものばかりだったそうで、
開発者のメタクサさんは”強烈な甘いお酒が造りたい”と開発しはじめ、
1888年に発売されたんだそうな。

ワインの蒸溜液、マスカットワイン、バラや香草のエキスと甘味料をブレンドしているそうで、
香りだけ嗅ぐと、カラメルのような甘さにフルーティな感じを足した香りなのですが、
一口含むと…フレッシュなマスカットの爽やかな香り、フローラル系の色っぽい香りなど
お口の中が色んな香りに満たされてまさに天界(ヘヴン)状態!!w
…まぁ、作者の思惑どおり(?)強烈に甘いので、あんまり沢山は飲めませんけどねw
おつまみにはギリシャつながりでオリーブの塩水漬け(フランス産)を添えてみました。

ストレートをゆっくりと、温度変化を楽しみながら飲むもよし、
ソーダ割りにしても美味しいかも。

拍手[0回]

【お酒】OLMECA

【OLMECA】
出身・種別:メキシコ・テキーラ(レポサド)
度数:40度
購入価格:2,500円ほど

入ルノダ・・・テキーラ教ニ、入ルノダ・・・

そんな声が聞こえてきそうな(!?)怪しげなボトルが気になって購入したOLMECA。
アメリカ大陸のメキシコ辺りで、かなり初期に栄えたことから「母なる文明」とも呼ばれる
オルメカ文明の名を冠しており、割と有名な、頭だけの巨大な石像がラベルにありますね。

テキーラ特有のアガヴェの香りはそんなにキツくないですが、若干の溶剤臭を感じます。
飲み口は非常に甘くてスムースです。度数も40度と軽め(もはや感覚がおかしい)なので、
テキーラ初心者の方におススメできる1本だと思います。

因みに、供物おつまみは種なし柿と、
TORRESというスペイン(だったかな?)のポテチ(イベリコ豚ハム味)です。

拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

[10/22 dsk]
[10/22 dsk]
[10/05 就職や大学院進学に強い岡山商科大学です!]
[09/27 まいね]
[09/26 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。