まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【晴れカフェ】第3回晴れカフェオフ~2016秋~

<マスターのネルさばきには、相変わらず惚れ惚れします///>


「岡山の珈琲好きな人、集まれ!」

まいねの、そんな得体のしれない掛け声(!?)に同調してくださった方たちと立ち上げた
”晴れの国でカフェタイム”、通称”晴れカフェ”。
しばらくお休みしていましたが、自然消滅させてしまうにはあまりに勿体ない…
そんな悶々とした思いを密かに抱えていまして、それでも今までの間にあった
色々なご縁を掻き集め、この度、復活のオフ会を開催することができました!
…いや~、前日は興奮しすぎて眠れんかった(小学生か!)ww

本日10/1は「コーヒーの日※」であり、まさにこのオフ会に打ってつけ!
珈琲を飲みながら、お店のマスターと、メンバーたちと語り合った約3時間半!!
その様子を、いくつかの写真と共にかいつまんでお届けいたします。

※一般社会?での年度初めは4/1ですが、コーヒー業界では10/1に年度初めがあることに由来。
 も、も、もちろん知っててこの日を選んだんですよ。常識です、常識っ(滝汗)


【参加メンバー】
・まいね
・だいちゃんOURSONさんで知り合ったグルメ仲間。今までは名前伏せて
       記事に登場してましたが、今回晴れてデビューです!w)
・けいちゃんはっぴぃさんで知り合い(この子タダモンじゃねぇ!)と
       密かに目を付けていた(!)コーヒー大好きっ娘。
       『田口護の珈琲大全』を普通に持ってるとか、めちゃグッときます!w)
・ぺんちゃん(はっぴぃさん仲間。コーヒーはちょっと苦手…とのお話でしたが、
       そういう人に「おいしい!」って言ってもらうのがコーヒー好きの
       楽しみの一つだったりするのよね♪)


【1店目:ファヴォニウス
今回オフ会で使わせていただいたお店は、ファヴォニウスさん。
挽き豆の香り、職人技の点て方、素晴らしいアロマなどを
いつも贅沢に楽しませていただいていますが、今回この賑やかなメンツを
快く受け容れてくださいました。まずはこの場を借りてお礼申し上げます。
おかげ様でオフ会が楽しく、無事に進行できました。ありがとうございました!

《会話の内容つまみ食い》
<左:だいちゃんの東風ブレンド、右:まいねのケニア>

・一杯のコーヒーに使う豆の量は約40g!
#うん、やっぱりすごい量です。普通のご家庭なら2~3杯は淹れられますねw
#それでも重すぎない絶妙な加減で淹れてくれるのが、自家焙煎にこだわり、
#豆の加減を知り尽くしたマスターの腕なんだなぁと改めて感じました。
#同じ豆を使っても、家ではファヴォニウスさんのような味が出せない…
#ちょっと悔しくもありますが(w)、お店に通う理由ができるのでそれもまた良し、です。
#自分が淹れたものには自分なりの美味しさが出てる…はず、きっと('◇')ゞ

<ケニア生豆と、焙煎したもの(中深よりちょい深め、だったかな?)>

・自分の加減で味が調整できるネルは、むしろ「楽」。
#プレスなどは誰が淹れても美味しくできるけど、その代わりにお客様の要望には応えづらい。
#ネルは、自分の加減でお客様の要望に応えることができて楽だし、
#やはりそこにプロとしての腕が出る…と、誇らしげに語るマスター。
#今回のマスターの話で特に強調されていたのが
#「コーヒーは自由に楽しめば良くて、こうでなくてはいけないという決まりはない」
#ということ。”ただお店の出したものを楽しめばいい”というのではなくて、
#”プロはお客様の要望に応じて(出来る範囲で)調整するし、その為に腕を磨いているので、
# 自由に楽しんでもらいたい”
#という哲学が感じられましたね。大事なもののために自分を曲げる覚悟がある、
#それって…愛だなぁ(*´ω`*)

<けいちゃんの北風ブレンド>

・毎日コーヒーを飲むなら、ネルはそんなに面倒じゃないですよ(笑)?
#ネルは器具の手入れが面倒というイメージがあり、割とものぐさなまいねとしては
#「面倒になって、コーヒーを淹れること自体が嫌になっちゃったりしないかな…?」
#と敬遠していたのですが(けいちゃんも1週間で目詰まりして以来
#触ってないって言ってたしw)、
#「毎日のルーチンに組み込めばさほど面倒ではなくなりますよ」
#とのこと。うむ、何だかできそうな気がしてきたぞ(乗せられやすいタイプ)!w
#イメージだけで何もしないより、一歩踏み出して失敗する方が得るものが大きいですしね。
#この秋からネルドリップデビュー、してみようかな。


【2店目:タータンチェックバー】
「折角なので、近場で2軒目行きましょうか」
そんなノリで向かったのは表町商店街の中にある、タータンチェックバーさん。
イギリス風の落ち着いた雰囲気のカフェバーで、女子力の高いカフェメニューと、
意外とガッツリボリューミーな(w)食事が楽しめる素敵なお店です。
たまに、無性にここの牛すじカレーが食べたくなるんですよねぇ・・・

残念ながらここでだいちゃんとはお別れで、残り3人ではっぴぃさん特有の(?)
ほんのり毒を含んだ女子トーク(まいねも乙女ですが何か(威圧))に花が咲きました(/ω\)
注文は中々決まらないし、おしゃべりは止まらないし、お店の人には迷惑かけたかもですが
すごく楽しませていただきました!ありがとうございましたm(__)m

<たまごサンドと、みんなお揃いの焼きマシュマロコーヒー☆>



フワフワオムレツタイプの卵フィリングにほんのりカレー風味のサンド、
思ってたよりボリュームあってびっくりしたけど(w)、ぺろりと食べられる美味しさでした!

・ファヴォニウスのマスターのお話、面白かった~
#うん、正直いつもの4割増し(まいねの個人的な感想です)でたくさん語ってたと思うw
#女子が居るからってのもあるかもしれませんが(w)、女性陣が素直に「美味しい」とか
#「~はどうなんですか?」と口に出してくれるので話しやすいんでしょうね。
#それも女子力の一つだなぁと思いましたよ。

・焼きマシュマロコーヒー美味しい!キャンプでやってみたい♪
#こうなるともう、アウトドア女子けいちゃんの独壇場ですw小鳥の声で目覚める喜びとか、
#最近のシュラフの良さについてとか、キャンプファイヤーのように熱く語ってくれましたよ!
#でも確かに、アウトドアグッズって見ていて楽しいものが多いです。
#自分もモノづくり技術者の端くれなので、機能に特化したものの美しさには
#すごく惹かれるものがあります。あと、ウィスキーを呑むのに使う木のカップを
#育ててみたい憧れもあるし!…ってまた酒の話かw

・「コーヒー好き」って人に言うの、中々難しいですよね
#(コーヒーが好きな人ってのは、具体的に何をしてるんだろう?)というイメージが
#あんまりないですからね。よく言われるのが
#「飲んでみたら原産国が分かるとか・・・?」
#とか言われますが、正直ほとんど分からないと思いますw
#それこそ、精製法、焙煎法や抽出法で色々変わっちゃいますからね。
#でも淹れ方がどうとかあんまり細かく語ってもちょっと引かれちゃうし・・・
#実際、ぺんちゃんも(うわぁ…)ってなってた瞬間があったように思います(被害妄想?)w


そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎ、何やかや3時間半の
コーヒー尽くしのオフ会が終了しました。
どんな趣味でも「そんなことに時間使うなんて、ヒマだね」って言葉が付きまといますが、
趣味において最も価値あることの一つは”そのために時間を遣う贅沢”だと思うんです。
ゆっくりコーヒーを淹れ、飲む時間。豆が育った国に思いを馳せたり、農家の方を想う時間。
コーヒー好きの仲間と語り合う時間・・・それら一つ一つが、忙しい日常を少しだけ忘れさせ、
そして明日への活力となる。晴れの国でカフェタイムの”タイム”には
そんな思いが込められている…ということを今考えましたがどうでしょう(えぇ!?)。

まぁとにかく、本日は非常に楽しい時間を過ごすことができました。
私自身至らぬ点も多々あったかとは思いますが、お店の方、メンバーたちに支えられて
オフ会を無事に終了できましたこと、改めてお礼申し上げます。

また機会を見て第4回、5回とやっていきましょう。
それではそれまで、ごきげんよう!

拍手[9回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

次回は参加したいです!

昨日はドタキャンになってしまい、申し訳ありませんでした。
珈琲店はしごしたのですね〜!
ブログ読んでとても楽しかった様子が伝わりました。
次回は是非参加したいです。
(^o^)

もちろん、ぜひ!

K.K.さん、コメントありがとうございます。

表町はカフェに事欠かないですからね。
今回は本格コーヒーからの、女子力高めなお店という流れにしてみましたw
こんな私の呼びかけに応えてくれる皆さんですからね、
本当に皆さん良い方ばかりですぐに打ち解けますし、
良いメンバーに恵まれたなぁとしみじみ感じております(*´ω`*)
ぺんちゃんもコーヒーに興味が湧いてきたと言ってくれてますし、
第4回の開催も、案外すぐかもしれませんw
その時はぜひお声掛けさせていただきますね。

記事カテゴリー

最新コメント

[12/17 K.K]
[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。