まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【食べ歩き】Carapan(カラパン)

【Carapan(カラパン)】
住所:岡山県岡山市北区表町3-9-33
電話:086-234-3577
営業時間:ランチ  11:30~14:30(O.S.13:30)
     ディナー 18:30~23:00(O.S.22:00)
定休日:火曜日(祝日の場合は営業することも)


OURSONさんのシェフと食べ歩きの話をしていて、野菜が好きと伝えたところ、
「野菜ならここですよ!」
と教えてもらったのがCarapanさん。折角有給を取ったので、たまには優雅なランチ☆

…ってか、フレンチのシェフに紹介されてイタリアン行くとか、
リア充度がビッグバンレベルだな(。-`ω-)



【2016年11月追記 瀬戸内国際芸術祭前夜祭(昼)】
これからいくつかの記事は、芸術祭の記事を優先したかったため順番が前後します。
悪しからずご了承くださいませm(__)m

まずは芸術祭の前夜祭ということで、ぺんちゃんとカラパンで貴族なランチを堪能しました!
昼間からワインで乾杯…最高ですなぁゲヘゲヘ( *´艸`)

<貴族のお乾杯~♪>

<野菜と鰆のカルパッチョ>

<野菜やモツの田舎風スープ>

タン、モミジ、柔らかく煮込んだスジなどが入っているのかな?
肉の出汁と野菜の甘味が利いたトマトベースの濃厚なスープです。これ美味かった!

<(まいねの)パスタ:アミ(オキアミ?)のシーフード風パスタ>

<(ぺんちゃんの)パスタ:鹿児島産牛肉のボロネーゼ>

アミのパスタは出汁の味と磯の香りが濃い!細めのパスタで塩気を利かせてあり、
白ワインがうまいことうまいこと!w

ボロネーゼはかなり太めの麺に牛肉ミンチの旨み、チーズの濃厚さがガッツリ絡んだ
パンチのある逸品。
複数人でいると、全く違う味をちょっとずつシェアできるのが良いですよね~(*´ω`*)

<ガト―ショコラ?とエスプレッソ>

すごくしっとりしていて、ケーキというよりむしろ生チョコ?って雰囲気のガト―ショコラ、
しっかりクレマの立ったエスプレッソと共に、手堅く食後を締めてくれます。

ごちそうさまでした!


ーーー
お店に入ると入り口側はカウンターキッチン、奥側はテーブル席となっていて、
テーブル席はランチを楽しむマダム達で一杯でした。
…この人たちのご主人は、吉野家の牛丼の値段に一喜一憂してるんだろうかなどと
一瞬思いますが、今日は自分もマダム側の立場なので思い切り楽しむことにします!w

カウンター席で、シェフ直々にお料理の説明をいただいたんですが…
正直、緊張していてかなりうろ覚えですw

【パスタのランチ1,650円】
<前菜>


最初の一皿から新味の連続で舌がビックリしました!w(*´o`*)<フォォォ

写真1枚目、手前右側の茄子は南イタリア風?の味付けになっているそうで、
生にんにくの香りと刺激で食欲がどんどん湧いてきます。
奥側のオレンジ色はレモンの風味を付けた柿。水牛のモッツアレラ、
生ハムとも相性抜群でした!

写真2枚目は自家製のピクルス。ハーブ、酢の加減共に完全にまいね好みで、
正直もう…「タッパに詰めて持ち帰りたいんですけど!」って感じ(分かりにくい)w

<スープ>

ごぼうは青森が生産量日本一なわけですが(ちょいちょい宣伝する親善大使(自称)の鑑)、
まさかこんなにおしゃれなスープにしてもらえるなんて!
ごぼうの力強い香りはしっかり残した、クリーミーかつコショウ?がピリッと利いた
美味しいスープでした(*´ω`*)

<パスタ>

鹿児島産和牛のボロネーゼ。
チーズ、オリーブオイル、和牛のコンビでこってり濃厚ながら、
もうフォークが止まらないことこの上ない!w
たっぷりきのこも入っていて、大満足のボリューム感です。
ソースはバゲットで残さずキレイにいただきました(*ノωノ)

<デザート>


ラムレーズンのアイスクリームとエスプレッソ。

まいねのデザートあたりで人段落ついたのか、シェフたちが休憩に入られたんですが、
いや~見られなくて良かった。ニヤけるくらい美味しいわ、このラムレーズン!w



落ち着いた空間で、本当に美味しいお料理がいただける
「いざ」って時にも使えそうな良いお店を教えてもらいましたm(__)m

拍手[4回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[07/01 まいね]
[06/29 三つ葉のクローバー]
[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。