まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】こっけ”おしりたたいてねEP”リリースツアーに行ってきた



イベント企画された方のお誘いもありまして、10/6、奉還町4丁目ラウンジ・カドにて開催の
こっけさんの”おしりたたいてね”というEP発売ツアーのライブに行ってきました。
写真のフライヤーにも書いてありますが、この日の出演者はこっけさんの他に
かみぬまゆうたろうさん、さとうもかさんがいました。



<ライブ会場の雰囲気(トイカメラ風にしていますが、実際はもっと明るいですw)>

座敷席で、しばらく座っているとおしりが痛くなるのが難点…
たまに立ち上がって、誰かにおしりたたいてほしくなるくらい
…って、あっ、そういうこと!? ←違う、そうじゃない

<トップバッターはさとうもかさん>

#最初はキーボードを弾きながら歌っていたのですが、撮影ミスにより掲載できず、無念。。

実は…ということもなく彼女、岡山で精力的にライブをされていて、
一度や二度ではないくらいにお見かけしていました。
そういえばWEST SIDE CARNIVAL 2018でも出演されていて、
(お、またあの子…頑張っとるな)
くらいには認知していたのですが、他に予定がある時とか、
ライド帰りでヘロヘロの時に遭遇しがちで、ちゃんと向き合うことがありませんでしたorz
今回は良いチャンスをいただけたと思います(*´ω`*)

第一印象は”(ユーミン+矢野顕子)を子鹿ちゃんに寄せた感じ”
#完全にこの日のお洋服に引っ張られてますねw
ファンタジーでもありちょっと生々しくもある詞の世界が、
柔らかいようで力強い高音に乗っかって、めちゃカワイイ(*´▽`*)
#予習の時にもハマりましたが『Lukewarm』は萌えます。必見!
低音は緊張のせいか?ちょっと不安定でミスりがちでしたし、
MCはよく分からないところもあったけど、
カワイイは正義で、正義はあまりに強すぎて、ミスを正視できない私は悪なのでしょうか?w
ともあれ、今後お見かけしたらちゃんと応援しよう!と思いましたよ。

『Lukewarm』『最低な日曜日』『Weekend』新曲『あぶく』(だったかな?)など、
多彩な曲を披露して、次にバトンタッチ。


<お次は、かみぬまゆうたろうさん>

#上沼恵美子と上岡龍太郎の隠し子かと思った異端は俺だけで良い。。

第一印象は”キレイ目なミスチル”
#個人的には(ミスチルはどストレートに綺麗って感じでもないよな)と思っているので。
誰の身の上にも起こりそうな、リアルな悲しいことなどを中心に、
伸びのある高音とリズミカルなギターで歌い上げます。
予習の時『ブルーシート・ブルース』などを聞いて
(フォークかブルース畑の人かな?)と思ったのですが、生を聞いてもう…シビれましたね。
声も、詞も良いんですけど、ギター、特にピッキングがすごく正確!
指に目が付いてるのか?ってくらい、狙ったところでビシバシ止まって綺麗な音が鳴ります!
…って、それが基本なんでしょうけどね(汗)。
#ギターは「いかに音を出すか」より「いかに余計な音を出さないか」が大事で、難しい。
もう、食い入るように目の前の男の、右手の上下運動を見てしまいましたね。
自分のですらそんなに見ないのに。
…いや、他意はありませんよ(ニヤニヤ)?

あと、曲中にさとうもかさんを登場させたりとか、
余裕すら感じるアドリブに大人の余裕を感じました。
(干支半分くらい年下なのに)俺にはできないことを平然とやってのける!
そこにシビれる!憧れるゥ!!
『ブルーシート・ブルース』『傷口』『はじめぼくはひとりだった』
『真夏の夜の事』『シルエット』
などを披露して次にバトンタッチ。

<トリはこっけさん!トリだけに(謎)>

第一印象は”…劇団ひとり!ww”(すみません、すみません、すみませんm(__)m)

予習の時はEP、ツアータイトルでもある『おしりたたいてね』などを聞いていて、
正直なところ(あんまり刺さんないかも…)と思っていたのですが、
実際に生で聴いてみると…
上手く言えないですけど、誤解を恐れず感じたことをそのまま言うなら
”すげぇゆとり出てきた!!”
かな。全然褒めているように聞こえないからホントどうかと思うけど(; ・`д・´)

厭世的ってほど厭世的でもないし、絶望と言うには青すぎるし、
敢えて言うなら”ちょっと卑屈”くらいの感じの子が主人公で、
ボソボソっとつぶやいていたかと思うと、急に叫ぶ。
この”つぶやき→叫び”への移行がめっちゃ独特で、
「つぶやきから叫びに突然切り替わる」んじゃなく、伝わりにくいかもだけど、
無茶苦茶なチョーキング(ギターの弦を上、または下に引っ張って歪めることで、
半音とか一音とか上の音を出すテクニック)をしたかのように、
「つぶやきと叫びの間にあるすべての音を聞いている」
感覚になります。
もう、食い入るように目の前の男の、お口パクパクを…ってこの喩えはもういいか。。
何とも言えない微妙な感情を、しっかり(すぎるほどに)主張してるのが新しい感じでした。

『雨のレイトショー』『運命の人』『ヘビーなボーイ』『ニュースペーパー』
『また今日もあの子と話せなかった』『おしりたたいてね』
などを披露した後、もちろんありますアンコール!

<まいねの目の前(ご本人がいるときの撮影が憚られるくらいの距離感)でw>

椅子の位置は実際の距離感にかなり近くて、ここに人が座って、ギター弾いてる…
まぁ中々想像しづらいでしょうけど(しょんぼり)、何と言いますか、
(『最後の日』(だったかな?)・・・この曲、俺にくれるの?)
ってくらいコード進行が良く見える近さでしたw
#多分ギター教室に通ってた頃でも、ここまで近くで人の演奏見たことないかもw

生声・生演奏でしっとり歌い上げられていて、ホッコリした気分での締めでした。


この日出演されていた人たちの曲名や歌詞が、意図的なものか分かりませんが
リンクしているように感じました。一言一句正確なわけではないですけど…

 ”眠れない夜君を想う 余計に眠れない夜”
 ”僕の家の近所のコンビニエンスストアで バイトしてる女の子
  とっても可愛い人なんだ”
 ”あなたは一人じゃいれないから 寝ても寝れない夜を泳いでいるの”
 ”この坂道を登ったら 君の家まであと少し…君は何をしているの?”
 ”最低な日曜日”
 ”止めないで止めないで止めないで止めないで”
 ”知ってはいけないことを僕は知ってしまった 見てはいけないものを僕は見てしまった”
 ”今日も1日27時間 週八で君のことを想ってみるけど”
 ”隣の家は殺人鬼”
 ”傷つけてなんかいないと思ってた 罪悪感なんかこれっぽっちもなかった”

…うん、我ながら途中から無理矢理やな、って思ったけど(汗)妄想が捗る捗る!
これ狙ってやってたとしたら、企画した人今めっちゃドヤ顔やろな!ww
まぁでもしっかり思う壺の、楽しいライブでした(*´ω`*)

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[10/22 dsk]
[10/22 dsk]
[10/05 就職や大学院進学に強い岡山商科大学です!]
[09/27 まいね]
[09/26 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。