まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【ボドゲ】DUNGEON OF MANDOM VIII

【DUNGEON OF MANDOM VIII】
概要:モンスターひしめくダンジョン、俺なら裸で探索するね…男気洞窟探索ゲーム!
デザイナー:Antoine Bauza
プレイ人数:2-4人

プレイ時間:30分

VIII(エイト)となっていますが、セブンまでのナンバリングがあるわけではありませんw


宜しければこちらもどうぞ
まいね所持ゲームリスト



【フィールド説明】

赤:冒険者(8種)、および伝説の装備品(冒険者ごとに6種)チップ
青:モンスターカード。通常モンスター(13枚)とスペシャルモンスター(7種)
 がいます(後述)。
黄:財宝カード
緑:各プレイヤー用カード。裏面は赤色になっています(後述)。


【ゲームの流れ】
0.ゲームの準備

スタートプレイヤーを決め、スタートプレイヤーは冒険者チップ1枚と、
その装備品チップ6枚を場に並べます。

次に、スペシャルモンスターカード7枚をよく混ぜ、そのうち2枚を引き、全員に公開します。
通常モンスターカード13体と、スペシャルモンスター2体の計15体が、
今回のダンジョンに出現しうる最大のモンスター数になります。
<なるほど、こいつぁスペシャルだ>


モンスターカードの山札の隣に財宝カードを置き、プレイヤーカードをそれぞれ受け取って
黒面を上に向けて置いたらゲーム開始です。
因みに、写真では仲良く2枚並べて置いてますが、ダンジョンに潜れるのは一人だけです。

1.ラウンドの開始
誰かがダンジョンに挑み、結果が出るまでをラウンドと呼び、
これをゲーム終了条件を満たすまで繰り返します。
ラウンドは、大きく分けて3つのフェーズで成っています。

A.パスするかどうかを選択する
・パスした場合
 そのプレイヤーはダンジョン探索を諦めたことになり、以降の手番を行いません。
 パスしていないプレイヤーが2人以上いる場合は、次のプレイヤーに手番が回ります。
 パスしていないプレイヤーが1人の場合は、そのプレイヤーが
 ダンジョン探索に向かうことになります。

・パスしない場合
 Bのフェーズを続けて行います。

B.ダンジョンを作る
モンスターカードの山札から1枚引いて自分だけ確認します。
そして、そのモンスターをどうするか以下2つから選択します。

・ダンジョンに配置する
財宝カードの右に、モンスターカードを並べてダンジョンを大きくしていきます。
男気ある冒険者なら、いくらモンスターが多くても行けるよな!?

・ダンジョンに配置せず装備品とともに捨て札にする
そのモンスターを配置しない場合、装備品いずれか一つとともに捨て札にします。
男気ある冒険者なら、装備に頼らなくても行けるよな!?


A、Bを繰り返してダンジョンができたら・・・

C.ダンジョンへの挑戦
一番右(入口側)のモンスターの攻撃から順に解決していき、
上手く耐えしのいで財宝に到達できれば冒険は成功です。
途中でやられてしまったら、プレイヤーカードの赤面を上に向け、
既に赤面の場合はそのプレイヤーは脱落となります。


【ゲーム終了条件】
何れかのプレイヤーが財宝を2個手に入れたとき(拍手!)、
もしくは他プレイヤーが全員脱落し、一人だけ生き残ったとき(ブーブー!)。


では、テストプレイに沿ってゲームの流れを見ていきましょう。
勇敢な左さん、意地悪な右さんという設定です。
#モンスターカードは自分だけが見ているものと脳内補完願いますm(__)m

1ゲーム目、選択した冒険者は戦士です。

<左:もちろんパスしないぞ(ラスボスにスペシャルモンスターか…!)>


初挑戦なら強さ=冒険者に与えるダメージが4のモンスターなので、
装備品さえあればそこまで怖くないんですが…。

<右:ザコ狩りダンジョンなんて、ロマンがないですからねぇ!>


回復手段の乏しい本ゲームでは、ザコのチマチマした攻撃もバカに出来ません。
強さ3以下のモンスターを即死させる「たいまつ」を剥がすとは…鬼や!

<左:(また強いモンスター…だが、今の装備品なら)まだ行ける!>



<右:(早速たいまつを剥がした効果が…w)これだけ装備があれば楽勝ですね!>



<左:(自分が出したモンスターだけで強さ合計12か…そろそろきついか?)どうだ!>



<右:おっと、そろそろボクは降りますよっとw>


左さんがダンジョンに挑みます。
チェインメイルとレザーシールドの効果により、戦士のHPは11になっています。

<左:行くぞ!(残りHP9)>


<左:ザコ共め…死にたい奴からかかってこい!(残りHP8)>


<左:ぐっ…中々やるではないか(残りHP2)>


<左:こいつがボスか(自分で出したんだけど)…>

<ぐあー!ポ―ションがなければ危ないところだった!>

<これが俺の…必殺っ、ヴォーパルアクスっっっ!!>

<楽勝だったぜ(ぜぇはぁ)>


男気は はったりと見栄と虚栄心    - まいね

やることは単純ながら、結局のところ「ダンジョン探索を誰かに押し付ける」
というゲーム性は、最初は(???)となるかもしれません。
冒険者を変えつつ何度かプレイしてみたら、泥臭いダンジョン探索の裏に隠された
人読みやブラフの面白さに気付けることでしょう。
2人だとちょっと微妙かもですけど、面白いゲームですよ!

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。