まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【まいね珈琲店】シナモンジンジャーカフェ

金曜からだいぶ風邪気味…ということで、身体の温まるアレンジコーヒー。
シナモンコーヒー自体は割と有名(?)ですが、しょうがを合わせて
チャイの珈琲版って感じに仕上げてみました。

<シナモンコーヒー>
コーヒー:1杯分
砂糖:小さじ1(半分をコーヒーの中に、半分をホイップの上に乗せるとオサレ)
シナモンスティック:1本
生姜:すりおろしたものを少々(食感が邪魔だったので、搾り汁で良いかも)。
   生姜以外に、オレンジピールなどもGOODです。
ホイップ:適宜。絞り袋に入った物も市販されてるので、あると便利!



シナモンスティックで混ぜ混ぜしていただきます。
スプーン (';')<俺は?

拍手[0回]

【まいね珈琲店】無いなら作れば良いじゃない

最近ペーパードリップするときのドリッパーを、
カリタ式からハリオ式に変更したのですが、
ハリオ式の円錐型フィルターを入れるのにちょうど良い入れ物が中々見つからなくて…
ってことで、思い切って作っちゃいました。

乙女の心と職人の腕を持つ・・・それが、
乙男(オトメン)!!


拍手[0回]

【まいね珈琲店】深煎りマンデリンとラム酒のグラニテ



暑いこの時期にピッタリな、大人のスイーツをご紹介します。
奥さん…酔わないように、気を付けてくださいね?(。-`ω-)

レシピは続きで。


拍手[0回]

【まいね珈琲店】えぇ、これインスタントですか!?

<NESCAFEレギュラーソリュブルコーヒー深煎り>


まいねのレビュー史上最もステマ臭プンプンになってしまいますが、
いつも飲んでいるINDOCAFEが切れたタイミングで試しにこちらを買ってみました。

いやはや、今まで飲んだインスタントの中で一番挽き豆に近い味。正直ビックリ!
それもそのはずで、ソリュブル(溶かす、みたいな意味)コーヒーの中には、
コーヒー豆の微細粉が入っているんだそうな。コーヒー界の抹茶みたいなイメージですね。

個人的には、微細粉が出るまで挽いてしまうとエグ味が出がちなので、
家で豆を挽くときはそこまでやらないんですが、この商品ではエグ味はありませんし、
カフェラテなどを作るときにも、使い勝手が良いし洗い物増えないし(これ大事)!w


拍手[0回]

【まいね珈琲店】眠りのためのコーヒー、スウェーディッシュカフェ

<まさかの”アレ”、入ってます。>


コーヒーといえば眠気覚ましのイメージが強いですが、
世界は広いもので、眠りにつくためのコーヒーってのもあるんですね。
今回のご紹介は北欧で人気(らしい)のスウェーディッシュカフェ。

コーヒーに・・・卵黄(!!!)を合わせたまさかの一品です。

一見キワモノっぽいですが、コーヒーに卵黄を合わせるレシピは他にもあり、
 オリンピックつながり(?)のロシア代表「ロシアンコーヒー」、
 フランス、パリ代表「カフェ・オ・ウフ」
 ベトナム代表「ベトナムエッグコーヒー」(ベトナムの人は飲まないって話だけどw)
など。本当にコーヒーって懐が広い飲み物ですなぁ。

今回もありもので作ってるので”なんちゃって”ですが、基本はなぞってます。。

小鍋に卵黄1個を薄皮を取って入れ、そこに砂糖10g。
卵がいきなり固まらないよう、粗熱を取った濃い目のコーヒーを少しずつ加えながら、
トロ火にかけてホイップする感じで混ぜます。
仕上げに固めのフォームドミルク(あれば生クリーム)、チョコレートシロップ(あればココアパウダー)
を飾って出来上がり。

飲んでみると、香りはコーヒーのロールケーキのような感じであまり違和感がありません。
味もなんちゃってスイーツといった感じで、飲むよりはスプーンですくいながら食べる方が
しっくり来る気がします。砂糖10gは公式レシピより引用ですが、
個人的にはもっと少な目の方が好きかも。泡を食べるような感じでいただくため、
甘味が濃いと結構すぐに胸が焼けてきますw

まいねも長年、睡眠障害とお付き合いしている(出来れば別れたいw)方ですが、
コーヒーを飲む、飲まないに関わらず、こういったものをゆっくり作ったりして、
気持ちをニュートラルに出来る時間を、睡眠前に持つことが大事だと思います。
興味のある方は話のタネにでもお試しあれ!

拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]
[10/10 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。