まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【まいね珈琲店】獅子文六『コーヒーと恋愛』【読書】


獅子文六 『コーヒーと恋愛』 ちくま文庫

美味しいコーヒーを飲みながら、ゆったりと読んでみたい本がある・・・
まいね珈琲店がおススメする、コーヒーに特化した本をご紹介します。


拍手[0回]

【まいね珈琲店】浮気して 初めて分かる 君の良さ

アレなタイトルですが、まぁまぁ落ち着いて。


以前、コーヒースランプって話と、ウイスキー熱が高まってきたってな話をしましたが、
最近ふと気づいたんですよ。

ウイスキーのテイスティングの技って、コーヒーにも応用できるんじゃね?と。

…いやまぁ大したアレじゃないんですけどね(何)。

ウイスキーのテイスティングには以下の5つの方法があります。
1.色を見る
2.グラスを軽く回す
3.香りを嗅いでみる
4.加水する
5.口に含む

1.3.5は普段から特に意識せずともやっていることですが、
「グラスを回す」ことは液面の表面積が広くなることで香りが立ちやすくなる、
という意味がありまして、コーヒーにおいてもかなり効果的だと思います。
イルガチェフェなど香りが特徴的なものになると、カップを回す前後で
(別のコーヒーか!?)ってくらい変わります。

「加水する」はコーヒーの場合お湯を足すんですが、濃ければ濃いほど香りがしそうな
気がしますが、実際はちょっと薄めた方が、隠れている香りが分かったりします。
最近流行りのロングブラックなんかは、高品質の豆が手に入りやすく、
こだわり派も増えてきた時代だからこその必然的な飲み方なのかもしれませんね。


例によって単なるまいねの持論なので「ホンマでっか!?」と思いつつ、
騙されたと思って一度お試しください(*´~`*)<ニヤリ

拍手[0回]

【まいね珈琲店】冷静と情熱のあいだ

コーヒー好きならそういう時期もあるんでしょうか、
ここ数か月”コーヒースランプ”とでもいうような状態でして、

「自分にとって”美味しい珈琲”って何だっけ?」

と見失っているような感じです。
好きなお店に行ってコーヒーを飲んだら、それなりに美味しいとは思うんですけど、
「で、これって俺が求めてた感じなんだっけ?」
と常に疑問が湧いてしまうので、イマイチ気分が乗らないんですよね…

とはいえ素直に美味しいと思えることもあって、最近のスマッシュヒットは
トスティーノコーヒーさんの苦味のマンデリン。
色んな味と香りがフワッフワッと顔を変えながら現れる、
”分かり易く複雑な”感じが好みでした(豆レビューは後ほど)。


…これって舌が肥えてきたってことなのかしらん?

拍手[0回]

【まいね珈琲店】珈琲アルバム始めてみました

まぁ気紛れで始めて、いつまで続くか分かりませんけどね…w
折角色んなお店に行って、色んな味に出会って、
その経験がスマホのメモリ上にあるだけで見返しすらしないってのはもったいないなと思い、
珈琲の写真を集めたアルバムを制作中です。

<記念すべき第1号>


<中はこんな感じ>


<紐を引くと一口メモカードが!>

お店情報だけでなく、購入した豆の情報や、
晴れカフェの活動の様子などもまとめていく予定。

・・・予定は未定(ぅゎ)ww

拍手[1回]

【まいね珈琲店】キャラキャラ餅

<お餅のキャラメルソースがけ キャラウェイ風味>


さて、皆様そろそろお餅に飽きてきたころでしょうか(早っ)?
そんな時はまいね珈琲店がおススメするお餅スイーツはいかがでしょう。

普通にカラメルを作る要領で、シロップ(水+砂糖)を煮詰め、
茶色になってきたらキャラウェイシードを加えます。
(苦味は不要なので、焦げ茶になるまで頑張らなくてOK!)
生クリームを少しずつ加えながら混ぜ、とろりとしたら出来上がりです。

しっかり甘くて爽やかな香りのキャラメルソースが、
コク深く淹れたコーヒーと相性バッチリですよ!
お試しあれ~>('ω')ノ

拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。