まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【まいね珈琲店】ベトナムコーヒー

あら、今日はちょっとご機嫌ななめですか?
むしゃくしゃしてるから甘いコーヒーで癒されたい…なるほど。

偶然、私もちょっと腹に据えかねることがありまして。
最近行った喫茶店で、ベトナムコーヒーって文字を見かけたので、
たまにはいいなと思って注文したんですよ。そしたら、もう全然似て非なるものなんです。

…あ、もしお時間があるならベトナムコーヒーをお淹れしますが、いかがです?
甘~い練乳、たっぷりサービスしますよ!w


拍手[0回]

【まいね珈琲店】マシュマロヨーグルト

<今回はオレンジマーマレードを添えました。コーヒーは円やかなニカラグア。>



あら、今日はちょっと元気がないですね。
不機嫌な上司に、理不尽に怒られた?イヤですよね、そういうの(;´∀`)
あ、それじゃあ簡単に作れて、心が休まるカルシウムたっぷりのスイーツなんてどうです?

作り方は説明する必要もないほど簡単!w
一口大にカットしたマシュマロに、無糖ヨーグルトを絡ませたらベースは完成。
あとはお好みで色々載せたりかけたりしてみてください。
今回はシンプルに、甘くて苦い、オレンジのマーマレード。

…だ・け・ど きにぃなる~(*´з`)♪
あ、気にしすぎも良くないですけどねw

いまイチバン、アナタの笑顔に会いたい、なんつってね(*ノωノ)

拍手[1回]

【まいね珈琲店】アイラジンジャーカフェ

<主役はコーヒーの方です念のため>

寒い日は家にこもって、ぬくぬくとコーヒーも良いものです。
ミルクたっぷりのラテなども捨てがたいけど、たまには気分を変えてみたい方に
提案するのが今回の一品。

コーヒーとウィスキーの組み合わせと言えば、
ウィスキーの本場アイルランド(で飲まれているかは分からないけどw)の
アイリッシュカフェがありますが、これをヒントに、
しょうがを加えてより身体の温まる一杯に仕上げてみました。

大雑把なレシピ
・砂糖漬けのドライジンジャー 2切れ
・ウイスキー 適宜(20mlくらい)
・ザラメなど 適宜
・コーヒー 1杯分(130mlくらい)


ウィスキーとブラックコーヒーを合わせると、かなり苦味がきつくなるので、
砂糖はある程度多めに入れた方が美味しいと思います。
お好みでホイップなどを浮かべても良さそう。

拍手[2回]

【まいね珈琲店】スモア

<甘~いのは、お好き?>



おや、北島康介ばりに
「もう何もしたくねぇ!」
と言いそうなほどお疲れのご様子ですね。
そんな時は、童心に還るほど甘~いおやつと、無糖のカフェオレで一息ってのはいかがです?

スモアは、焼いたマシュマロをビスケットで挟んだアメリカのスタンダードなおやつ。
名前の由来は「some more!」すなわち、”おかわり!”から来ているんだそうです。
食べる前からお代わりだなんて、ジョークが利いてますよねw


<メープルシロップをトロリ>

「メープル風味のビスケットで挟むのが最高!」
と聞いたのですが、手に入らなかったのでメープルシロップをかけてみました。
確かに、メープル風味が付いた方が美味しいですけど・・・
全ての意味を失うほど甘いですね!ww

マシュマロの甘さとフワトロ感、珈琲の苦味とのペアリングをお楽しみくださいませm(__)m

拍手[0回]

【まいね珈琲店】メィたらし餅

<飲み物は、カフェコーディアル(無糖)のラテでございます>


お正月が終わり、一月も3分の1が過ぎようとしていますが、
「餅が無くなんね…(´;ω;`)」
と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんな方におススメするのが、すごく簡単にできていつもと一味違うみたらし、
その名も「メィたらし」。ずばり、

メープルシロップ+醤油

のたれを使ったお餅なのです。
作り方はメープルシロップと醤油を混ぜるだけなので、工夫もコツも必要ありません!w
#因みに今回作った配合は、メープルシロップ2弱:醤油1くらいです。

メープルシロップはちゃんとしたものを買おうとすると結構高いですが、
ホットケーキ用のシロップでも十分美味しくできますよ。お試しあれ!


…余談ですが、このレシピはカロリーメイト(メープル味)の
原材料表示を見ていて思いつきましたw

拍手[0回]

記事カテゴリー

最新コメント

[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]
[06/07 三つ葉のクローバー]
[06/06 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。