まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【まいね珈琲店】獅子文六『コーヒーと恋愛』【読書】


獅子文六 『コーヒーと恋愛』 ちくま文庫

美味しいコーヒーを飲みながら、ゆったりと読んでみたい本がある・・・
まいね珈琲店がおススメする、コーヒーに特化した本をご紹介します。




さて、最初にご紹介するのは『コーヒーと恋愛』。
タイトルからはほろ苦い、詩的な作品を連想されるかもしれませんが、
実際はコーヒー好き(というかフリーク)と、恋愛(というか痴話喧嘩)を主軸にした
ドタバタ恋愛小説です。
実はこの作品は50年以上に書かれ、昭和30年代を舞台にしたものなんですが、
テーマも文体もかなり軽い感じなので、すんなりと読み進めることができると思います。

主人公モエ子は、誰からも愛されるキャラクタでテレビでひっぱりだこの中堅女優。
コーヒーを淹れることにかけては天才的な腕を持っており、
年下の彼氏であるベンちゃんや、珈琲を飲むことを大事にしすぎるあまり
茶道ならぬコーヒー道を立ち上げようと目論む管(すが)達はその味にメロメロ。
やがて、ベンちゃんが”生活革命”と題して自分のもとから去ったことを
コーヒー好きの仲間たちに打ち明けたことから、ドタバタが始まる・・・

言葉を選ばず言えば、1個1個のネタ(恋愛とか、コーヒー道とか)は
「…しょーもなっ(。-`ω-)」
って感じなんですよ(w)。
「揃いも揃って40歳過ぎて、何やってんだ!ww」
とか思わずツッコみつつ、作品が描かれて50年以上経った現在でも
人間はこの分野ではさほど進化してなくて、その辺諸々含めて
「…しょーもなっ(。-`ω-)」

コーヒーについては、”コーヒー”という言葉が出てこないページを探すのが難しいほど
よく出てきますが、肝心の部分(淹れ方とか)の描写は少ないので、
そのあたりはコーヒー好きとしてはちょっと消化不良な感じ。
読んでいるとコーヒーが淹れたくなってくるので、豆の準備はお忘れなく!w

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]
[10/10 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。