まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【まいね珈琲店】僕は今日、あの日の豆を焼く

どピーカン(古)の日曜日、あえてこんな日にまったりデーも良かろうと、
惰眠を貪り起床したのは7時半(おっさんの朝は早い)。

モーニングコーヒーが飲みたいけれど、年末に買った 折り鶴さんの豆を切らし、
とはいえこんな時間じゃ開いてる店もなく…ということで、
森のコーヒーセミナーでいただいた豆を、今こそ手焙煎しようと決心したのです。

<使用する生豆は、ブラジルのもの>




用意するもの…はほとんどありません。
我が家には焙烙などという小洒落た(?)ものもありませんし、
色々覚悟を決めてフライパン焙煎で行きます。

<火を入れる前。結構青臭い。>


<焦げないようにひたすら鍋を振りつつ・・・>



<この辺で一ハゼだったかな>


<二ハゼが始まった瞬間くらいで火を止めました>

一ハゼが終わったあたりから若干の焦げ臭がしており、
(恐らく深く煎っても美味しくならないだろう…)
と判断して、二ハゼと同時くらいに煎りを止め、ザルに空けて粗熱を取ります。

<これがチャフってやつ>

私たちが普段飲んでいるコーヒーの材料をコーヒー”豆”と言いますが、
実際にはコーヒーの実の”種”でして、種と果実の間にはパーチメントという薄皮があります。
コーヒーの種を焙煎しているとき、この薄皮が乾燥し、剥がれたゴミをチャフと言い、
家庭での焙煎を煩わしくする原因になるのです。
#因みに流しだけでなく、気づいたら髪の毛なんかにもチャフが付いてるので注意。

そんなこんなの苦労を経て、出来上がったのがこちら。

<ミディアムよりちょい深いくらい?>


本当は少し寝かせた方が美味しいのですが、
せっかくなので煎りたての豆でコーヒーを淹れてみました。

<超フレッシュなコーヒー!>

ドライの状態で(あ、薄いけどそこそこコーヒーの香りするやん!)と、ニヤリ。
最初の手焙煎では「タンスの奥に放置してカビた衣類の臭い」だったことを思えば
大いなる進歩です!w

エアロプレス、ペーパーフィルタで抽出。
やはり若干の焦げ臭はあります。ただ、煎りを浅めで止めたため、
苦味はそんなに強くありません。狙ったわけではないけど、
舌に刺激を感じる一歩手前くらいの良い感じの酸味が出ており、後味に甘さを残します。
コクは一切ないけど(w)、印象としては「まぁ悪くないかな」って感じ。
ちょっと寝かせた後の味が楽しみです(^ω^)

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

手焙煎後日談

豆を寝かせた後のコーヒーを淹れてみたところ…
マ ズ か っ た 。

体裁だけは繕うものの、上っ面ばかりをなぞって
深みの全くないペラッペラのその味は、まいねの人間性そのままのようで
笑って泣いた(CV:ドリカム)。

フライパン焙煎!

手焙煎お疲れ様でした!
コンロの前で根気いりそうですね〜!
私の生豆は、このままオールドクロックになってしまいそうな予感が。。。汗
( ̄▽ ̄;)

あえて!

コメントありがとうございます。

あえてオールドクロップになるのを待って、味見してみるのも良いかも?w
…まぁでも、ブラジルはクセが強い豆じゃないので、
単純に味とか香りが抜けるだけ、って気もしますね(汗)。

コンロは炭火よりは火力が安定すると思うので、
意外と難易度下がるかも?
…失敗した私が言うことではないですがw
この後口直しにトスティーノさんで豆を買って、
「やっぱ豆は豆屋だわ!」
って、一段と美味しくいただきました(´▽`)

記事カテゴリー

最新コメント

[02/18 まいね]
[02/11 まいね]
[02/11 まいね]
[02/11 三つ葉のクローバー]
[02/11 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。