まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【食べ歩き】奉還町界隈グルメ散歩

翌日に休日出勤を控え、開き直って早上がりするのは社会人あるあ…ねぇかもしれせんが、
(広い意味で)グルメ仲間の千春さんから
「金曜の夜だけディナーをやっている、美味しいお店がある」
との噂を聞いてずっと気になっていたので、早上がりして立ち寄ってみつつ、
奉還町をぐるりグルメ散歩してみることにしました。


<お店情報は食べログより抜粋>
【エスプレッソバー・ザ・マーケット (Espresso Bar The MARKET)】
住所:岡山県岡山市北区奉還町1-12-14 片岡ビル 1F
電話:086-255-1100
定休日:第1火曜日
自然食コタンさんの前で、ハード系のパンやお菓子、エスプレッソなどをいただける
ザ・マーケットさんが、金曜夜(19:00~23:00…だったかな?)には
バー営業されています。
素材にこだわるお店でもありますが
「味付けなんかも新しくて面白い!」
とずーっと聞かされていたので(w)嫌が応にも期待が高まります(*^^)v

<ハートランド+スモークソーセージ>

お酒はまいねが飲めない醸造酒(ビール、ワイン、日本酒)だけだったのが
個人的にちょっと残念でしたが、たまにはビールとソーセージってのも良いかなと
こちらをチョイス。

一口かじると(あ、ちゃんと腸詰だ!)と感じる食感、プリプリジューシーというよりは
ゆっくり噛みしめるようなハードさのあるソーセージですが、
噛めば噛むほど肉の旨みとスモークの香りが立ち昇ってきて、
(こりゃあいいな)とビールが進みます。
#多分ビール党の人から見たら「まだそれしか飲んでないの?」って遅さでしょうけどw

<パン盛り合わせ>

やはりザ・マーケットさんといえばパンでしょう!
麦やナッツ、けしの香りがそれぞれに主張しながら口の中に広がり、鼻を抜けていく感じ。
香ばしさがたまらないですね~(*´▽`*)
添えられているのはバター…のようなもの?独特の乳臭さと、
ホワイトチョコレートのような甘さがあります。
最初は見た目と反したワイルドな風味に(ん!?)となりましたが、
慣れてくるとパンと相まって、ほんの少し、
ここが岡山市街ど真ん中であることを忘れるような、牧歌的な空気を感じることができます。

<猪肉ラグーソースのパングラタン オススメ!

ゴロゴロお肉がこれでもか!とたっぷり入って、それでいて臭みはなく
旨みたっぷりのラグーソースがパンにガッツリ染みて、
とろーりチーズと絡ませてハフハフ食べたらもう…最高っすΣd(*´ω`*)

写真でお分かりかと思いますが、お料理は全体的にボリューム少なめなので、
ちょっと食べて飲んでスマートに帰る、飲みの最初か締めの利用に良さそうな感じでした。


さぁ次だ次!次の店行くぞ!…と言ってもひとり(自由詩)


【大衆酒場 おやじの舟】
住所:岡山県岡山市北区奉還町2-19-18
電話:086-252-5115
営業時間:18:00~24:00(料理L.O.23:30 ドリンクL.O.23:30)
定休日:不定休

<お通し(いかの香味和え)+魚ッカ>

魚ッカは大葉とレモンの爽やかな香りがする、魚との相性バッチリなサワーです。
…でも、お通しと一緒に早々にやっつけて、以降は赤兎馬(焼酎)をいただいてましたw

<よだれえび オススメ!

実はこのお店に来たのは2回目なのですが、これを食べに来たと言っても過言ではないくらい
めちゃウマメニューなのです。

プリプリな海老のお刺身の上に三つ葉、ねぎ、スライスオニオンと共に
ぽん酢?とラー油がかかっています。シャキシャキ+プリプリの食感、
ピリ辛なタレとエビの甘味がもうたまりません(*´ω,`*)<写真見ててよだれ出るわ訴訟!
今回思い付きでやってみましたが、あえてエビ味噌チューチューせずに、
このタレに溶かし込むのもまた美味いです。お試しあれ~

<鰆の西京焼き>

美味しいものの、ホロホロ身が柔らかい鰆こそ西京焼きに相応しい!
焦げた味噌の香りと鰆の旨みで、お酒がグイグイ進みますよ。

そしてこの後、流れるように かっきー’sBARへと向かうのでした(まだ飲むんかい!)w

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]
[06/07 三つ葉のクローバー]
[06/06 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。