まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山名物】旬だし桃食べよう!2018【桃~♪】

自分でやっておいてなんだが、まさかの5年目!
今年もやります、桃食べ尽し!
岡山の桃農家さんの熱意が消えない限り…この企画の火は消えんさ!(。-`ω-)q

☆2018年9月現在、19種類の桃をいただきました。

宜しければこちらもどうぞ
2017年版



【19.甘々燦々(あまあまさんさん)】
シーズン:8月下旬
購入価格:1玉290円

桃のシーズンもほぼ終わり、市場にはぶどうがたくさん並ぶ中、
滑り込みセーフ?で晩生の桃を発見!
如何にも甘そうな名前の桃ですが…いやホント驚くほど甘いです。

ぽってりとしたカスタードクリームを思わせるような、濃厚な香り。
果肉は少し硬めですが、皮は手で剥けるくらい。
一口かじってみれば、歯や舌に纏わりつく様な官能的な果肉からほとばしる果汁が、
酸味、渋みを抑えてとにかく甘い、甘い!
甘さで言うなら、清水白桃に勝るとも劣らないレベルじゃないかなと思います。
「とにかく甘い桃が食べたいんじゃ!」
って人には断然おススメの品種ですね(*^^)v


【18.華清水】
シーズン:7月中旬
購入価格:1玉250円


なんでも”幻の白桃”と呼ばれてるとか・・・
それが250円で食べられちゃうとかw産地の特権濫用ww←無駄に煽る

黄色の皮の下にはクリーム色の、きめ細やかで美しい果肉。
追熟が足りなくて、少し固めで皮が少し剥き難く、パインに似た酸味がありましたが、
濃厚な甘さはまさに清水シリーズ(何)のそれ。香りは清水白桃より弱めかな?


【17.あかつき】
シーズン:7月下旬
購入価格:1玉250円


今年最初の桃はあかつき。やわらかさと程良い固さをもった果肉。ちょい繊維質かな。
甘さの中にほんのり酸味があり、さっぱりした味です。
ボタボタ落ちるほど果汁がたっぷりで、桃界の小籠包って感じ(!?)。

拍手[3回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[10/05 就職や大学院進学に強い岡山商科大学です!]
[09/27 まいね]
[09/26 三つ葉のクローバー]
[09/23 まいね]
[09/15 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。