まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【食べ歩き】珍珍道Jr.7品目 もみぢの里『ベンダうどん』

   \つ、ついにねんがんの・・・/    \絶滅危惧種に会えました!/
   
<珍食とは>
 たまにお店のメニューの中に見かける「何だコレ!?」と気になる、
 挑戦的に思える一品。とはいえ、ゲテモノ食いとはまた違う。
<珍珍道Jr.ルール>
・”珍食”のニュアンスはまいねの独断。人によっては常識かもしれないし、ゲテモノかも。
・偶然に発見、ないしは人づてで手に入れた情報を基に珍食をいただき、レポートする。
 #わざわざネット検索などで情報を集めない。キリがないので。
・辛い物、お酒など、体調を悪くしたり旅中の危険を冒すようなものは無理して食べない。
・お店の方への写真撮影およびWeb掲載許可、および元ネタ作成者のほげーさんより、
 ゆっくりほげー&オルカのイラスト使用許可もいただいています。
 #オルカは、まいねの自転車ANCHOR RL6のカラーリングに合わせ、改変しています。


宜しければこちらもどうぞ
珍珍道Jr.6品目 道の駅かよう へぇラーメン



道の駅かようのへぇラーメンで、”盃”ならぬ”丼”を交わし、
珍珍兄弟となったと言っても過言でない(過言です)T木さんをお誘いし、
ツーリストのオアシス的存在、かつ絶滅危惧種のベンダうどんを求め、
125Km/1,236mUPの道のりを越えて食べに行くことにしました。
青森ライドでも見かけましたが、調整中だったし・・・orz

時系列を変更し、まずは珍珍道の”珍食”部分からご紹介します。

<お店情報は食べログ、真庭商工会HPより抜粋>
【もみぢの里】
住所:岡山県真庭市上中津井3422-3
電話:0866-52-2987
営業時間:営業時間: AM8:00~PM6:00(冬期) AM8:00~PM7:00(夏期)
 ※元々24時間営業だったけど、2020年1月から夜間営業をやめているみたいです。
定休日:元旦・1日・2日

<ベンダーショップの看板がまた味わい深い!>

<隣接する食堂。おでんとか食べられるようで、結構賑わってました>

<動く…動くぞ!(感涙)>

<箸の入れ方が雑すぎワロタww>


ここからはT木さん撮影による、まいねのきつねうどん購入ドキュメンタリー(大げさ)です。





もうね…なみなみ入ったお出汁が危なすぎて、ヨチヨチ歩きしかできないのw
誰もが赤ちゃんだった頃に還る…それがベンダうどんの魅力の一つかもしれません!?
#こんな危険を冒さなくてもテーブルにお盆があるので、
#火傷したくない人は使いましょう(ぉ)

さてそれでは、夢にまで見た(見てない)ベンダうどん、ほげーの兄貴と一緒にいただきます!

<きつねうどん>


お出汁と指の間に数ミリしか余裕がないのがお分かりいただけるでしょうか。
そこまで攻めなくていいんじゃないの?w

まずはお出汁をずずっと啜ってみると…ちょっと辛い目の出汁ですね。
トラックの運ちゃんとか、ここまでヒルクラしてきてこの後もヒルクラする変態ローディには
ちょうど良い塩梅かも…でも、正直この後のライドで喉がめっちゃ渇いて難儀しましたw
うどんは…うん…青森に居た頃の「うどんは病人食(まいねはそば処の過激派です)」という
思想を思い出させてくれます。ソフト麺よりソフト、歯のないおじいちゃんでも食べられそうな
柔らかさ。細いちくわぶって感じ。
でもね・・・「美味しくないのが、旨い」んですよ。
矛盾してるんだけど、食べた人には分かってもらえると思うこの感覚!
気になった方はぜひ来てみてくださいね、できれば自転車で。

 \旨かったです、ごちそうさま/



さて、ここからは珍珍道の”珍道中”部分をご紹介します。

それはまいねたちがうどんを食べていた時のこと…

<事件はこの自販機で起こった>

100円玉を入れて、お菓子を買おうとしているおじいちゃん。
ところがボタンを押してもウンともスンとも言わない自販機。お釣りも出てこない。
(ありゃ、故障中でお金食われちゃったのかな?)
と見ていると、おじいちゃんは諦めて帰りそうになりました。
食堂のオバ…お姉さんが駆け寄っていきまして。

お姉さん「どれ買われようとしたんです?」
ジイチャン「この13番なんだけどな(ボタンを指さす)、押しても何も出て来んし、
 お釣りも出て来んのよ」
お姉さん「(13番の商品棚?を見てハッとなる)おとうさん・・・13番は留守じゃぁ

今の自販機と違い、ボタンに”売切中”と出てこないが故の勘違いで、
商品がないことに気付かずボタンを押し続けるジイチャンもちょっと面白いですが、
お姉さんの「13番は留守じゃぁ」の返しの旨さに、うどん出汁吹きそうになりましたw


そして話はうどんを食べる前に戻ります…
もみぢの里は、峠を登りきった後の下りの途中にありまして、
ナビ機能がポンコツと化したミンちゃん、下りがめっちゃ速いT木さんに付いて行ったことで、
もみぢの里を素通りして900mほど下りきっちゃったんですね。
(うどん食べるために900m登り返すのか…)とテンション下がりつつ走り始めると、
何やら大きな鳥居が見えてきました。
折角のご縁だからということで立ち寄った神社が、何とも雰囲気の良い場所でありました。

<高岡神社>






ビンディングシューズで(多分そうでなくても)大変な階段に加え、
超ロングライド仕様で15Kgほどのリリムちゃんを担いで登るのはもはや
何の修行だよ!?って感じですが(w)、造られてから1,100年を超える歴史を持つ
道や木々の雰囲気は、一歩踏み出すごとに心が洗われるようです。
個人的に、参拝するのに少し苦労するくらいが好きです(決してMではありません)。




通称”貫(つらぬき)さん”と呼ばれるこちらの神社。
元々は子宝・安産祈願がメインだったようですが、”貫き”は”通す”ことにつながることから、
合格祈願などのご利益もあるようです。

さて、階段を下りて帰るのは危ないので、神社裏手の車道になっている林道から帰ります。




これは良い林道ですね~(*´▽`*)
ただ、このあと滅茶苦茶アレルギー症状出た(*´A,`*)<ウヘェ


今度はうどんを食べた後の話。
昨日はレースに出場していた(!!)T木さん、水曜日にハードトレーニングをして
脚を故障したまいねが、エグいアップダウンの道をヘロヘロになりながら走った
(コース設定したのは私なんだが…ここまで辛いとはw)
だけなので、しばらくは写真足れ流しです。。

<T木さんがモッキリいった!w>

「あ…諦めます」
の言葉と共に、フロントギアをインナーへ。何となく勝ったような気がして、
その後意地でもアウターから落とさなかったガキみたいな私はアラフォーですw

<登るー登るーよ坂道登る 悪口泣き言繰り返し♪~(´o`人)>



<登りきった後に広がる田園のパノラマ>


<竹谷ダム再訪!>


そこからしばらく進むと、吉備中央町の安藤酒店さんでオープン記念の縁日をやっていました。
手作り感溢れる温かいイベントでしたよ!

<バナナジュースを飲みながら、どじょうすくいのおばあちゃんの素敵な笑顔を見る>



どじょうを捕まえた嬉しさが全身からにじみ出るようですね。
これは素晴らしい女優さんだぁ!!(*´ω`*)

最後に空港線を超えて、CycleZさんへ。帰る頃にはお互いヘトヘトでしたw
ちょっとオーバーワークなところもありましたが、色んなことが起こって楽しいライドでした。
また宜しくお願いします~(*^^)v

拍手[4回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[06/24 まいね]
[06/05 筋肉へ祈りを捧げる男 ボムポムクロ]
[05/25 ぴろ]
[05/10 まいね]
[05/09 リキ]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。