まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】三浦圭司・アリサのうつわ展『夢のつづき』に行ってきた


2018/6/23~7/1の期間で開催中の、三浦圭司・アリサご夫妻のうつわ展に行ってきました。
夫妻の作品は2016年の『豆皿だけのうつわ展』でお見かけして以来、
度々拝見しているのですが、個展に伺うのは初なので、すごくワクワクしていました!

タイトルどおりの夢の中の様な、ちょっとメルヘンな世界の一端を
お届けできればと思います。



<今回のお目当て…だったもの>

まいねは三浦さんの作品の中でも、時計とカメラモチーフの作品に強く惹かれてまして、
写真の作品にフォーカスを当てていたのですが、シャッターを切るのが遅く
捉えることができませんでした(要は、とっとと行かなかったから買いそびれた)。

…可愛いよねぇ(溜め息)。

でも、素敵な作品はまだまだあります!

<かわいいマルチレストたち>

<無生物シリーズの中でも、ギターはちょっとレアかも?>

<神話やおとぎ話モチーフの作品もありました>


<ちょっと珍しい色使い>


<このランプも素敵!>

<油亀さんとコラボした、日本一のカレー好き手ぬぐいという変わり種もw>



ご夫妻の作品の一番の魅力は、作品の出発地点自体はすごく小さな何気ないものから、
メルヘンの世界を描くところにあると思います。
花がたくさん描いてあるものでも、満開の花ではなく、一輪の花を繰り返して描いたり、
時計やカメラをありのまま描いたり。
でもふと足を止めてよくよく見ると、不思議の世界に誘ってくれるような。
「メルヘンの世界の入り口は、すごく簡単なところにあるんだよ」と、
手招きしてくれているような、そんな優しさとワクワク感をくれるんですよ(*´ω`*)


さて、本日のお買い上げはこちらです。

<時計マルチレスト>

(7時11分…セブンイレブン!?)
という小ネタにクスリとしてしまったので、まいね家にお迎えすることにしましたw

笑って、時計が来る・・・笑時計来(ショウトケイキ)何つって。

(^ω^) ←やりきった顔

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[10/22 dsk]
[10/22 dsk]
[10/05 就職や大学院進学に強い岡山商科大学です!]
[09/27 まいね]
[09/26 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。