まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【Sims4】甘味処しらたま家 第6話

Sims4プレイ日記『甘味処しらたま家』です。
この作品には以下の要素を含みますのでご注意ください。

・当面の目標は”甘味処 しらたま家”という自分たちのお店を持つこと、
 プレイ終了の条件はまだ考えていないぐだぐだなまったり見守りプレイにしようと思います。
・まいねの稚拙な文章力によるストーリー、セリフの展開



宜しければこちらもどうぞ
第5話 |  第7話
プロローグ(主人公たちのキャラ紹介など。不定期更新します)



~~~ 脳内BGM:ACIDMAN『新世界』 ~~~
さくらの誕生日から数か月経ったある日の白玉家。
朝食後のひとときが、家族会議の時間となりました。


「・・・というわけで、私は私だけにできることで、しらたま家に貢献したいって思うの」
「ほぅ、それは嬉しい提案だよさくら!」
「(「というわけ」ってどんなわけなんだろ・・・)」


「それにしてもさくら。具体的にはどういうことをしようって思っているの?
 小学校の時とか、特に習い事とかしてたわけでもないし・・・」
「ふふふ、よくぞ聞いてくれました…私は…



 お店のデザインをしようと思うの。」


・・・でっ、デ、デザインん!?
「さ、さくらアナタ、今までお絵かきとかそんなにしてなかったじゃない?」
「(俺の誕生日でもらった似顔絵とか、ミジンコかと思ったし!)」
「ま、まぁそうなんだけど…でもこれから毎日描くし、学校の勉強だってちゃんとするから!
 白玉家の家族なんだから”これは私の店でもある”って誇りにしたいの!!」
「さくら・・・」
「そうか、そんなにお店のことを考えてくれてたんだな。
 ・・・他でもないきなこの娘なんだし、きっと一筋に打ち込めば
 人並み以上に才能を発揮すると思うぞ!なぁ!!」
「そうかもね。…それに、こんなにさくらの一生懸命な目を見たの、はじめt…ううっ(泣)」
「ハハハ!さくらの目がこんなに燃えてるんだ!背中をパーンと叩いて
 応援してあげるくらいじゃないとな!
 …よし、さくら。今日の記念に何か一枚描いてみるか?」
「任せておいて!」

~数時間後~


「な、中々良く描けているじゃないか…この…ラクダ?」
「………ウサギなんだけど。。」

さくら先生の今後の活躍に期待です(ププッ)!ww



「さくらってば、急に大人になったわね。この間までおチビちゃんだったのに!
 …それにしても、最近どうも調子が悪いわね。やけにお腹が張るし………ん!?」


「!!!」




「できちゃったみたい。」



でっ、デ、でぇぇぇぇぇぇ!?



白玉家に、新しい力と、新しい命が加わろうとしています。


【蛇足のメタ話】
・久しぶりすぎて耳キーンなるわ(フット後藤風ツッコミ)!
 自分でも話の展開を大分忘れていて、思わず第1話から見直してしまいましたよ!w
 #これは別に「1話から見返してね」という意味ではございません。。
・さくらの誕生日の数日後に、イチャラブからのムフフ(お察し)になだれ込み、
 子供ができたクロミツ、きなこ夫妻。シムのたくましさには驚かずにはいられません(*´Д`)
・さくらが描いた絵は売り払ってお金にすることもできるため、
 夢への歩みが一段と早くなることでしょう。…ああ、マジで一代で間に合ってくれ(切実)!

おまけのオモロ写真
<全裸の夫を見ながら食べる朝食の何と美味いことよ♪>

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]
[10/10 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。