まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【食べ歩き】燃える心に南国のお料理!

「ギターを独学するのもいいけど、ちゃんと習ってみるのもいいかも」
と思い立ち、音楽教室を見学しに行く予定を立てていたら…
南国のお料理が食べたくなりました。

”何故?”とかそういうことを気にしたら負けです。

お昼:タイ料理
【A CHE CHE(アチェチェ)】
住所:岡山県岡山市北区奉還町2-1-20
電話:086-252-5005
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜日(不定休もあり)


夜:沖縄料理
【あたらし屋】
住所:岡山県岡山市北区表町2-6-44 中川ビル 2F
電話:086-223-0455
営業時間:18:00〜翌01:00(夜12時以降も入店可)
定休日:日曜日、第3月曜日



<ガイヤーン(だったかな?タイ風鶏照り焼きごはん):850円>


奉還町商店街の岡山駅側入り口付近にあり、以前から気になっていた
アジア系食堂のアチェチェさん。
一歩お店に入ると・・・何だか咳が止まらない!
ギター教室の前に、カラオケで歌いまくった(歌を練習する必要は全くない)
のが原因かと思ったんですが、唐辛子やレモンを炒め物に使うので割と皆咳込むそうですw

本日の注文は、タイ風鶏の照り焼きご飯のガイヤーン(うろ覚え)。
調理中、フライパンの蓋を取るたびにまいねが咳込むので、
お店の人だけでなく周りのお客さんも笑いが我慢できなくなるという
心温まる一幕(!?)もありましたww

早速いただいてみると、照り焼きっぽいということもあってか、
本格的なタイの香りというより、日本人好みに大分アレンジされてるような印象。
とはいえ、唐辛子のピリ辛感やスイートチリっぽい?風味、パクチーの香りなど
タイ料理のエッセンスは十分楽しめます。
奉還町は大好きな商店街だし、このお店にもまた来タイ!(*´ω`*)<デュフっ

ーーーーーー
<お通しと泡盛(名前は失念。。)>

<ミミガー>

<ポークたまご>

<泡盛お代わり(琉球)>

<いかすみソーミンチャンプルー:ここまで全品合わせて4,600円ほど>


度々来ている表町ですが、こんなに本格的な沖縄料理のお店があるとは知らなんだ。
今日はお料理をされるのがご主人一人だったこともあり見ることはできませんでしたが、
余裕があるときは三線などのライブが開催されるそうです。
#ご主人は低く掠れたお声のちょっとコワモテ系ですが、
#まいねと他のお客さんを巻き込んだ話をされたり、
#非常にノリの良いおもろいおっちゃんでしたw

また、ご主人の作るお料理が美味しくて(たまたま隣にいた常連さんもベタ褒めしてたw)。
お通しの昆布の煮たやつとか、正直ちょっと地味だなとか思ってたんですけど(!)、
食べてみると…いやもう何だかわからんけどウマいw

コリコリのミミガーはごまの風味で食が進むし、写真では分かりにくいけど量もたっぷり。
沖縄料理のお店では必ず頼むポークたまご(どこにでもありそうなのに、何故か沖縄料理にしかないのよな、この味)は外側さっくり加減が絶妙。
いかすみソーミンチャンプルーはあっさりしつつもいかの風味満点で、コクもしっかり。

泡盛の種類は、あまり詳しくないので多いのか少ないのか判断しかねますが、
甕入りの古酒がカウンターに並んでいて、注文するとそこから柄杓で汲んでくれる様は
雰囲気バッチリで呑んだ以上に酔えます(お店は2Fなので帰りは気を付けて!)w

お料理4品(お通し含む)+古酒2杯で4,600円ほどってのは
ちょっと高めにも思いましたが、味はすごく好きだったので、たまに行ってみたいお店です。
今度はライブも見てみたいな(*´ω`*)

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[11/13 まいね]
[11/13 ほげー]
[11/08 まいね]
[11/08 ほげー]
[11/03 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。