まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【食べ歩き】中華 錦亭

<お店情報は食べログより抜粋>
【中華 錦亭】
住所:岡山県岡山市北区中山下2-8-1
電話:086-231-6238
営業時間:10:00~21:00
定休日:日曜日


まいねじゃ!は岡山で頑張る異邦人を応援します!

川崎病院の近くにある、リーズナブルに楽しめる中華料理のお店。
岡山市内の中華屋さんでは珍しいメニューもいくつかあり、
個人的に今最もホットなお店です!w



【2017年2月追記 本日のスペシャルヨ!】
<角煮刀削麺>

醤油香るスープに刀削麺、これだけならあっさり美味しいんだけど、
とろっと柔らかな脂身の角煮と、ピリリと辛いラー油をガツンと乗せてギットギトに。
ちょっとやりすぎ?だが、それがいい!

<白身魚の甘酢あんかけ オススメ!

ハイボールをチビチビやりつつお料理を待っていると、
シェフ自らがニコニコしながら皿を持ってきて
「コレ、本日のスペシャルヨ!・・・マルゴト、一匹~( *´艸`)」
嬉しいじゃないですか!ホントは、普段から丸ごと一匹使ってるかもしれないけど(w)、
こういう演出があるだけで本当にスペシャルに感じますよね!

でも、演出だけでなくお味も確か。時間をかけてじっくり揚げた白身は、外側はかりっと、
中はとてもジューシーでプリプリ。丸ごとの身だからこその食感ですね~。
臭みもなく上品な白身と、甘酢の餡がまたベストマッチ!
ご飯のお供に、おつまみに、おススメの逸品ですよ(*´ω`*)

---
11月29日(いい肉)の日に、今流行の?よだれ鶏が食べたくなり伺ってみました。

<よだれ鶏>

よだれ鶏とは
「この料理を思い出しただけでよだれが出てしまうほど美味しい」
ところから名づけられたお料理。茹でた鶏肉に甘辛なオイルベースのたれをダバっとかけた
パンチの利いたメニューなのです。…と知ったように言ってますが、今回初めて食べましたw

目の前に出された時点で、その香りの良さに驚きます。甘辛たれの濃厚な香りと共に、
砕きピーナッツの香ばしさが広がって…匂いだけでご飯食べられそう!( *´艸`)
そして、チョイと混ぜてから口に入れたら…ウッホホイって感じ(急に何!?)w
ほんのりと辛くて、オイスターソース、砂糖が利いているのか結構甘めのお味。
このままでも美味しいのですが、添えてあるラー油がまた凄い。
蓋を開けた瞬間(あっ…☆)ってうっとりするほど香りが良いです。
辛い物苦手なまいねも、擂り切り3杯分くらいかけちゃいました。
ピリッと辛く、香り豊かで、もうとにかくガツンとうまい!

”一流の食材はなくとも、手間暇を惜しまないことで最高の味を出す”
という中華料理の神髄は、ともすれば良い食材があればそれに頼り、
手を抜いてしまう私たちが学ぶべき姿勢の一つかもしれません…
ってホントに何を目指してるんだか。。


<高菜刀削麺>

岡山では珍しい刀削麺が食べられるのもこのお店の魅力の一つですね。
挽肉の旨みの利いた高菜と共に、独特の形状によって味染みジュワ~とモチモチ食感が
同時に楽しめる刀削麺の奥深さが存分に味わえます。

上記2品+お通し+角ハイボール+なんこ(芋焼酎)お湯割りで、
2,100円という中華ディナーとしては驚異的なコスパ。
ああ、また通う店が増えてしまった!w

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[10/05 就職や大学院進学に強い岡山商科大学です!]
[09/27 まいね]
[09/26 三つ葉のクローバー]
[09/23 まいね]
[09/15 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。