まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【食べ歩き】モンゴル料理居酒屋 青空アイル

<お店情報はHPより抜粋>
【モンゴル料理居酒屋 青空アイル】
住所:岡山県岡山市北区表町2-7-2
電話番号:086-959-4631
営業時間:月~水、金、祝前日: 11:30~14:30 17:30~22:30 (料理L.O. 22:00)
     土、日、祝日: 17:30~22:30 (料理L.O. 22:00)
定休日:木曜日

<帽子も民族衣装も借り放題! 借り放題ヨロレイヒ~♪~(´o`人)>


#店内にある上記衣装は試着OKだそうですよd(*´ω`*)

まいねじゃ!は、岡山で頑張る異邦人を応援します!

「モンゴル料理…モンゴル料理!?Σ(・∀・;)」
二度見するほど以前から気になってたお店です。
モンゴル料理ってどんなか知ってる?俺も全然知らない!
知らないなら行ってみなきゃ。知識欲も食欲も満たせるなんて、一粒で二度美味しい!



【2018年12月追記 郷愁を誘う香りの正体?】
<ミルク酒(ストレート)>

前回はいただけなかったミルク酒でディナースタート。
「え…透明?」
とつぶやいてしまったのはまいねだけではありますまいw
香り、味共に米焼酎と日本酒の間という印象。甘味があり、フルーティです。
体温で少し温めて香りを嗅ぐと、アロマにほんのりミルクがいるかなって感じ。

<串焼き(左からラム肉、ラム舌?、鹿)>

最もクセがなく食べやすいのはタン。
脂がしっかりのって柔らかく、それでいてサクサク歯切れ良く、美味しいです(#^^#)

続いては鹿。割と脂が強めですが臭みはほとんどなく、ビールやハイボールなどの
炭酸系のお酒との相性はバッチリでしょう!

ラム肉が一番クセがあり、クミン?で臭い消ししてあります。
とはいえ、このクセがまたたまらないんですよね( *´艸`)
こちらも割と脂が強め。ミルク酒やウォッカの強さにも負けないパンチ力があり、
お酒が進みます。

<ボーズ>

「モンゴル風ラム肉の小籠包」って感じですかね。しょうゆベースのたれでいただきます。
いわゆる中国風の小籠包よりちょっと皮が厚めで、
ラムの肉汁をしっかりキープしていますし、食べでがあります。
ラム肉のクセはしっかり感じますが、旨みたっぷりのスープと相まって、
食べ易いかなと思います。

<チャンスマハー(ハーフサイズ) オススメ!

その名もずばり”茹で肉”の意味を持つチャンスマハー。
羊肉を茹でたものをピリ辛ダレ、ハーブ入り岩塩でいただくシンプルメニューですが…
こ れ ヤ バ い(語彙力)。
もうホント、臭みも旨みも真正面から受け止める、羊肉ど真ん中って味。
辛いものが苦手なまいねには、ピリ辛ダレは辛すぎてアウトだったんですが、
この肉と塩だけあれば、何杯でも飲めそう!(*´ω,`*)
茹でたてほかほかの柔らかいのも良いのですが、冷めてきてちょっとパサついたやつ、
これを唾液とお酒でちょっとずつほぐしながら食べる感じ(伝わる?)がまたたまらん!

改めて羊肉そのものの味を味わってみて、
(何か懐かしい味だな…)と思い記憶をたどってみて、アッ、と思いついたのは
羊肉のクセって、脂の乗った川魚の味に似てるかも、と。
#まいねの父が釣り人で、昔は岩魚、山女魚を飽きるほど食べてた。
同意してくれる人がいるかどうか不明だけど(w)、
店内に流れるホーミーが作り出す不思議な雰囲気の中で、懐かしい味を思い出すという体験が
まいねにとってすごく印象深く、楽しいものとなりました(*´▽`*)

羊肉が好きって人には一度は食べて欲しい、おススメメニューです!


---
<チンギスGOLD>

こちらのお店のモンゴルのお酒は、ビールとウォッカ(ミルク酒もあるけど今日は品切れ?)
がありまして、どちらもお残しの可能性があるけどウォッカの方がまだ飲めるかな、
ということでチンギスGOLDをオーダーしてみました。
#ウォッカは、使われているボタニカルによっては、薬草臭すぎて飲めないことがある…

非常に円やかな口当たりで、クセもそんなに強いわけではなく、非常に飲み易いです。
これならいろんなお料理に合いそうかなという印象です。

<パクチーサラダ>

嫌いな人も多いのでオススメはしないけど・・・
こんなに山盛りのパクチーが食べられるってだけで、ここに来る理由になるな!
ってくらい盛りだくさんのパクチーサラダです。(/・ω・)/<やったぜ!
味付け的にはラー油とナンプラー的なもの?かな。
ちょっとピリ辛で、クセのある塩味があり、
サラダとしても酒のアテとしてもいける、まいね好みの逸品です。

<ラム肉焼き餃子 オススメ!

この餃子、惚れました(ド直球)。
同じものをおかわりすることなんてそうそうないんですけど、しちゃいましたね(*´ω`*)

中華屋さんの餃子みたいな、分厚いタイプの皮で、
その中には肉汁がもんっの凄い量入っています(爆発注意!)。
ぶっちゃけ、ラムのクセはかなりあり、食べ終わった今でも
口の中にラムの脂の香りが残っているほどなんですけど、
「臭みは旨み」と言われるように、旨みが半端ないです。
好き嫌いは分かれると思いますが「食べ過ぎたのはあなたのせいよ♪
とは『男と女のラムゲーム』の歌詞でしたか(そんな歌はありません、念のため)、
是非この溢れる旨みを堪能してほしいと思います!

<ラムのクミン炒め(オススメ!)+アルヒ(ウォッカ)>

そそ、こういうのだよこういうの。「クセを消す」ではなく「クセを活かす」。
ラムの肉、脂の香りを消し去るわけではなく、寄り添うように香る爽やかなクミンの香り。
唐辛子もたっぷり入って辛いですが、汗と食欲が止まらない逸品です。

アルヒはチンギスGOLDと比べると、香りが爽やかでドライな印象のウォッカ。
香りはクミンやパクチーとよく合うのですが、辛い物が苦手なまいねにとっては
口の中が大火事状態になってしまい、味がよく分からなくなるという弱点もw

拍手[5回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[06/02 まいね]
[06/01 NONAME]
[05/26 まいね]
[05/26 岡山県民]
[05/05 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。