まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【食べ歩き】こっく

<お店情報は食べログより抜粋>
【こっく】
住所:岡山県岡山市中区国富1-3-5
電話:086-270-2323
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)
     17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜


OURSONさんで知り合ったグルメな方から「ここはすごいよ!」と教えていただいたお店。
大分ハードル上げてたんですけど、どのお料理も手が込んでいて、素晴らしく美味しくて、
栄養もしっかりあって、しかもお手頃価格というとんでもないお店でした!
思わず『孤独のグルメ』原作者の久住さんの言葉が心の中でリフレインします。
(美味しすぎてマズいよこれは~!(笑))

私はもう、おかわりなしでは生きられない身体になってしまったの…(/ω\)



【2017年8月追記 暑い日にも…】
<ミンチカツ(ベジタブルハヤシソース)と玄米ご飯のランチ>

最近、暑い中走っているせいか身体が絞られてきたのか、 はっぴぃさんのところで
「さくらさん(はっぴぃさんでのまいねの呼び名)痩せた?…ってか、老けた?

_(:3」∠)_<ふ…け…た…?

(そうだ、ご飯食べよう)
ということで、久々にこっくさんに伺うことにしました。

それにしても、相変わらずすごいクォリティ!
さっくりメンチにかかった優しいハヤシソースは絶品だし、
筑前煮を鶏ミンチで固めて巾着蒸しにした小鉢も面白いし、
ビーツで赤く色づいた、甘酢漬けの瓜の食感が楽しいポテサラも
見た目から好奇心を刺激します。

正直(暑いから今日はおかわりは無理じゃろ・・・)と思っていた自分を
吹っ飛ばすような美味しさ、堪能させていただきました!



【2016年11月追記 ちゃんとした日には…】


最近、面白そうなイベントがあるとついふらふらと引き寄せられて言ってしまうまいねですが、
たまには家事をこなして真っ当な人間として生きてみようと思う日には、
ちゃんとしたご飯を食べにこっくさんに伺います(自分でも作れよって話ですがw)。

この日のメインは太刀魚とホタテのフライにオイスターソースベースのたれがかかった物。
ホクホクとした白身が口の中でほどけて、ホカホカ湯気と共に
ソースの旨みを口中に満たします!( *´艸`)<ハッホ(熱っつ)!

写真左上、3種の小鉢の真ん中にある、ポテサラの中に紫芋の甘酢漬けとこんにゃくを
刻んで入れたものは、酸味が爽やかで色味も面白い感動の新味でした。

唐突にここで一句
 あらいけない 心の中で 迷いばし

迷いのない、真っ当な大人になるにはまだまだ修行が足りないようです('◇')ゞ

ーーー
【2016年8月追記 美味しいご飯はパワーの源!】
<エビフライのランチ>

<白桃と抹茶のケーキ>

もうホント、呆れるほど美味しいですここのランチ(褒め言葉)。。

ちょい小ぶりながら3匹いるのが嬉しいエビフライは、レモンを利かせた味噌だれがかかっており
こっくりしつつも爽やか。何なのその発想!?w
角切りの大根と白菜が入り、ぽん酢の酸味が利いた冷たいゼリー寄せは食感が心地良く
後味さっぱりです。
この日の極めつけは、写真右上にある野菜の鶏胸肉茶巾包み。
鶏のミンチと各種野菜を合わせたものを鶏むね肉で包んで蒸した?お料理です。
「でも、お固いんでしょう?」
と思ったアナタ!食べてみてビーックリ!!口の中でホロホロ崩れるこの食感!!!
見てくださいまいねさんのこの表情。
 ↓
(゜A゜)???

ただ美味しいだけじゃなく、驚きと感動があるこのお店。
これからもお勉強(食べるだけ)させて、いただきます!

ーーー
<ミンチカツ、玄米ごはんのランチ(1,150円なり)>

カウンターの上に”本日の小鉢”という紙が置いてあり、2種類ほどメニューが書いてあって
(なるほど、ミンチカツがメインでおかず3種類くらいなのね)
と思っていたら、7種類のおかずが目の前に出されて

(゜A゜)???

って状態になりましたww

しかもどれもすごく美味しい!!洋食と和食の良いところ取りみたいな多彩さ、
繊細さを持っていて、箸を進めるたびに新味に出会って
(うわー!うわー!)
と心の中で嬉しい悲鳴が上がりまくります。
栄養的に一通り抑えた良い感じですが、特に食物繊維がたっぷりという印象ですね。
この後非常に快”腸”になりましたよ。

あと、このお店の評判でよく言われているのが”味噌汁が美味しい”。
いりこだしがよく利いていて、具はあげさんとわかめのみなのに(うっわ美味ぇ!!)
とテンション上がるほど旨かったですw

<食後のコーヒーとわらび餅>

最初(わらび餅にスプーン?カトラリー間違えたかな?)と思ったのですが、
試しにスプーンを入れてみてびっくり。ふわっふわなんです、このわらび餅。
そして口に入れてみて更にびっくり。あまりの衝撃に、美味いとか何とかを超えて
(えぇぇぇ!?)
って感じですwムースとわらび餅のあいのこのような、一瞬口の中に弾力を感じたと思ったら
すっと消えてしまう初めての食感に、一口で虜になっちゃいましたよ///
定食も十分すぎるほど堪能したんですけど、
何なら、これだけのためだけにこのお店通えるわってくらい好きな味でした(*´з`)

ご馳走様でした!

拍手[5回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[07/01 まいね]
[06/29 三つ葉のクローバー]
[06/13 まいね]
[06/13 dsk]
[06/07 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。