まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【岡山観光】まいねの『登坂おすえ!』

それは、性癖の”塑像”を作るのに似ていた。

深酒をしてしまった翌日。全く動けないという訳ではないが、
何となくだるさを感じる程度の心と身体を畳の上に横たえながら、彼はぼんやりと考える。
(だるい…けど、流石に全く自転車に乗らないと、身体、一気に鈍るからなぁ)
ヘドロのような意識の中に、あるいは”罪悪感”という名の手を突っ込み、”形”を探す。
(短時間高負荷といえば坂だけど…いつも行ってる山まで行くには、寝すぎてしまったし…)
ぺた、ぺた、ぺた、ぺた。
(近場にアホみたいにキツい坂、ないかな。笑えるくらいの!)
ぺた、ぺた。
(よし、探しに行ってみるか!名もないような激坂を!!)

ーーー
そんな訳で唐突に始まりました、激坂ハンター(自称)まいねの『登坂おすえ!』。
岡山市内で、メジャーなヒルクラスポットなんて目じゃーないような(ぅゎ面白ぉぃ)、
名もない激坂を探し、とりあえず登ってみるという誰得企画でございます!

因みに、何故かタイトルが京都弁っぽいような感じですが全く意味はありません。
「登坂」と口に出してみたら、何となく「おすえ…」が続けて出てきたので
そのままタイトルになった感じどす(逆撫でしていくスタイル)。

本企画のルール(ってほどでもないけど)は以下のとおり。
・激坂を見かけたらとりあえず登る。
 (どう見ても人の家や会社の敷地っぽいな…ってところは流石に避ける)。
・坂の名前は周辺のランドマークを基に、まいねが勝手に命名。
・下りは法定速度遵守。押し歩きも辞さない!
・斜度はGARMINの表示値を基に判定。

宜しければこちらもどうぞ
第2回>



<freedom坂:最大斜度15%>

岡山市中区の自転車屋さん(cannondaleメイン?)、freedomから
岡北大橋に上っていくまでの坂道。距離的には数十メートルほどと短く、
正直助走の勢いでサクッと登れてしまう感じではあります。
道が狭く、ふらつかないコントロールが求められますが
そもそもトレーニングするのに危険を冒してちゃ仕様がないので
おススメできない坂ですね(汗)。

<淳風会付近の公園坂:最大斜度20%>


万成のあたりは激坂の臭いがプンプンするんですけどね、
意外と探してみると見つからないもんで。
今日見つけた中で中々楽しかった(楽しい坂って概念がそもそも一般受けしない)のは、
淳風会という病院の近く。
10%台前半の坂道が続き、少し下った後、写真にある公園の辺りに
(壁かよ!)と思うようなクソ坂があり、ワクワクします(変態かよ!)w
見てのとおり路面はあまり良くないのですが、20%ほどの斜度があります。
ここも割と距離は短く(100mあるかどうか)、登った先も人の敷地感(何)が強いので、
おススメはしにくいかな。

<谷万成坂:最大斜度16%>


谷万成の辺りも中々良い感じですね。10%台の坂がゴロゴロしています。
2枚目の写真の辺りで最大斜度16%ほど。これも長続きするタイプではないので、
ダンシングでサクッと登れちゃうタイプです。ただ、下りは意外と怖かったし
住宅地なので十分な減速が必要ですね。

<吉備津神社自動車清祓所脇の坂:最大斜度25%>

ここ、前から気になってたんですよね~(*´ω`*)
遠目に写真を撮ってしまったので伝わりにくいかもしれませんが、
実際に見ると(ここ登れるの?マジで!?)とつぶやきつつ、
道路を作った人を呪いたくなるような(!?)斜度になっています。

最大斜度は25%ほどあり、ちょっとした鬼ノ城レベルになっています。
距離は200mもないくらいでしょうか。これくらいならダンシングで勢い付けて
一気に登れますね。ちょっと心拍はアレな感じになりますけどw
下りは押し歩き一択でしょう。下りきったところには参拝客もたくさんいますからね。

<新宮社、真如院坂:最大斜度15%>




吉備津神社から南に行くと、畑の中に突如鳥居がある場所があり、
そこを進んでいくと素敵な坂が現れます。斜度は15%ほど。
これも短いので、平地で勢いつけて登りきれる程度です。

登りきった先は、ちょっと寂しい感じもありますが、中々良い雰囲気の古刹。
フラリ立ち寄ってお参りってのもオツなものではないでしょうか。

拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この番組では・・・

皆様の知っている、岡山激坂情報お待ちしております!(*´ω`*)b

記事カテゴリー

最新コメント

[06/24 まいね]
[06/05 筋肉へ祈りを捧げる男 ボムポムクロ]
[05/25 ぴろ]
[05/10 まいね]
[05/09 リキ]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
食べ歩き、コーヒー、ギター、      自転車旅、ボードゲームなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。