まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【料理】日曜日はスローフードの日!

私が決めた、今決めた~♪(*´ω`人)



<純白のみぞれもつ鍋>

たっぷり昆布のだしに、味付けはほぼ塩のみ(色づかない程度にほんのりめんつゆ)のスープに
シマチョウ、白菜、えのき、豆腐を入れて、最後に大根おろしを加えた真っ白なもつ鍋。
脂たっぷりのシマチョウも大根おろしでさっぱり食べられます!
「重いのはちょっと…」という方は、もつを下茹でしておくとか、
食べる前に少しだけぽん酢などを垂らすと良いかも。


<いつかどこかで見たサンド>

カリカリに焼いたマフィンを、もつ鍋のスープ(写真では見えないけど針しょうがを添えた)に
浸して食べるのもまたウマし!


<チャプチェ、まいナゲット、人参葉のおひたし>


食の安全を疑ってしまう事件の話が絶えない今日この頃、やはり手料理が一番安心ですなぁ。
ってことで、みんな大好きなまいねさん家のチャプチェとナゲットだよ('ω')ノ<あちゅまれ!

今回のチャプチェは、干し椎茸の出汁を利かせたほんのり和風仕上げです。

まいナゲットは鶏むね肉、水切りした絹ごし豆腐を合わせ、
塩コショウとマヨネーズを少しだけ入れてフードプロセッサにかけたものを焼くだけ!
プレーンバージョンと、バジル・パセリを混ぜたなんちゃってイタリアンバージョンを
作ってみました。

あと、地味に気に入ったのが人参の葉っぱのおひたし(写真では目立ってないけど)。
有機栽培のお陰なのか?人参の香りと甘みをぎゅっと濃縮したようなお味で、めちゃウマ!
繊維質な食感はアレですけどね・・・


<蒸し鶏と野菜のなめたけ豆腐あんかけ、蕪と人参の炊いたん、いりこと菜ばなの味噌汁>




ゆっくりだしを取って、和食を作ろう!
ふと思い立って、半日がかりの夕食になりましたw

蕪と人参は昆布だしで柔らか~く炊きました。
出汁の塩気を引き立て役にして、もうとにかく甘さが凄い!

暦の上ではもう春(寒さに震えつつ)ということで、菜ばなを買いつつ、
ふといりこが目に留まったので、我が家にいりこを導入してみることにしました。

ほんのり苦い菜ばなとともに、煮干しに似てるんだけどちょっと上品ないりこのお出汁。
汁を一口飲んだ瞬間
「うわ、出汁ウっマ(゜A゜;)」
と声が出てしまいましたw
フンドーキンさんの味噌とともに、これからのやさおライフが広がりそうな予感!

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[01/08 まいね]
[01/08 三つ葉のクローバー]
[12/30 まいね]
[12/30 dsk]
[12/29 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。