まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【お酒】glenfarclas8年、槙(KOZUE)


正月は死者を悼む日である。
  そうでなければ、どうして昼間から酒が呑めようか。

今ここにいる”死者”を悼んで、素敵なお酒を2本用意してみました。
見事な二刀流!これはメジャーからも声が掛かるわ参ったな~。
・・・今「メジャーはメジャーでも”だめじゃー”の方」といったヤツは後で屋上な(。-`ω-)

【glenfarclas 8年】
出身・種別:ハイランド・スコッチ
度数:40%
購入価格:2,860円ほど

ミルクチョコレート、バニラみたいな甘い香り。
フルーツっぽさもあるけど、上記の甘い香りに引きずられて?柑橘系というよりは
完熟したフルーツのような、甘い系(何)に感じました。
後味にはほんの少しスパイス系のピリリ感。
最近飲んだEDRADOUR10年とはまた少し違った、甘い香りがするけど
ライトで飲み易い雰囲気がありますね。
お値段も高くなく、割りとコスパ高いかも。

【槙(KOZUE)】
出身・種別:富士白蒸留所(和歌山)・ジン
度数:47%
購入価格:2,900円ほど

お酒とは関係ないけど、コースターの虚ろな目の犬がジワるww

最近?日本でも色んなメーカーがクラフトジンを発売していますが、
今回選んだのは和歌山のメーカーさんが出されているもの。
ジュニパーベリー以外のボタニカル(コウヤマキ、温州ミカンの皮、レモンの皮、山椒種)は
すべて和歌山県産にこだわった一品です。
封を開けた瞬間、ジンらしいジュニパーベリーの香りと共に、
みかんの皮の甘く爽やかな香りも確かに主張しています。
そして口に含むと、山椒の香りがブワッと口の中で弾け、ほんの少しの痺れをもたらします。
これは山椒好きにはたまらない!w
お値段も手に取りやすく、今のところ日本のクラフトジンの中では一番好きかも(*´ω`*)

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[02/18 まいね]
[02/11 まいね]
[02/11 まいね]
[02/11 三つ葉のクローバー]
[02/11 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。