まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【まいね珈琲店】牧珈琲【豆レビュー】

師匠のお店をレビューするなんて畏れ多いですが(他のお店も同様なんですけどね)。。

<自家焙煎コーヒー豆専門店 牧珈琲>
住所:岡山県倉敷市玉島上成873番地
TEL:086-526-1133
定休日:水曜、土曜。日曜はコーヒー教室に行ったり、
    児島のお店(ブティックの一角)でカフェをされているようです。

【タンザニア(中深煎り)、グァテマラ(深煎り)】





<購入した豆>
【タンザニア(中深煎り)】

・嫌な感じではないトマトのような青臭い香りがあり、幼いころ畑の中で遊んでいた時を
 思い出すような懐かしい感じがします。
・フルーツのような甘さと、ほんの少しの酸味。上述の香りと相まって、
 福山雅治ではないまいねも思わず
 「実に面白い…(。-`ω-)」

【グァテマラ(深煎り)】

・オイルがしっかり出てコクがありますが、意外と煎りの深さの割に苦味はそこまで強くなく、
 むしろ甘味がじわ~っと広がります。ペーパードリップであっさり淹れても、
 ネルでこっくり淹れても美味しく、懐の深いお味です。


【2015年3月】
<マンデリン ブルーリントン 中深煎り>


・オフ会の開始前にちょっとだけ購入する豆の説明を受けていて、その中で
「マンデリンは…まぁマンデリンかなw」
 というのが個人的に名言だと思いました。珈琲豆って、同じ豆でも精製や焙煎で
 大きく印象が変わることがありますが、マンデリンって割とそのブレが少ないんですね。
 (だからこそここに帰ってくるのかな)と、ふと思いました。
・香りは…やはりマンデリン(w)!中深煎りで苦味が前面に出ていますが、
 優しめの印象。スイーツとの相性もバッチリです。


<エチオピア イルガチェフェ ナチュラル 中煎り>


・「イルガチェフェのナチュラル…すごいよ?( ̄~ ̄)」
 とちょっとドヤ顔で説明された逸品ですが(w)、
 もう挽く前からその片鱗が顔をのぞかせています。豆を挽いて、ミルの蓋を開けた瞬間…
(あれ?今コーヒー豆の香りを嗅いでるんだよな!?)
 と現実を疑うほどの(!)花の香り!!
・一口口に含むと、口の中から頭の中までお花畑(ヘヴン)状態(何と言う表現だw)。
 華やかな香りが一気に広がり、後味の印象も素晴らしいの一言。
・甘味がとても強く、爽やかでフルーティな酸味が少しあります。
 香りの印象も強いため、もしかしたら合わせるスイーツを選んでしまうかもしれません。
・「冷めきっても美味しいから、じっくり時間をかけて飲んでみて」
 とのことでしたので、十分冷ましてから飲んでみました。相変わらずの濃厚な甘味、
 冷めきった時の嫌な酸味は全くありません。こんなに美味しい冷めたコーヒーは初めてかも!
・豆が小さく、煎りムラが出やすいので焙煎が非常に難しいそうですが、
 そこは焙煎専門の腕が出ているということなんでしょうね。良いものに出会えました(*´ω`*)

<おまけ:コーヒータイムのお供はラ・セゾンド・フランセさんのケーキ!>


左から
いちご畑
 いちごの酸味の活きたムースをピスタチオ入りの緑のスポンジで挟んだ鮮やかな一品。

抹茶のパウンドケーキ
 隠し味に日本酒を使用した大人の味!

紫芋のモンブラン
 紫芋クリーム?の衣の下にはたっぷりのホイップとハードなタルト生地。
 ふわふわザクザク食感の妙がたまりません。

ーーーーーー
<お店の雰囲気>
・玉島のお店には伺ったことはありません。児島のカフェスペースは、
 そりゃもうブティック然としたブティックです!w
 コーヒーの良い香りが店の外にもしていますが、
 初めてくる男性だと、ちょっと入るのに躊躇するかも。。
・置ける道具が限られている中で、最大限の美味しさを追及している感じ。
 淹れ方はコーノ式のペーパードリップ(1~2杯サイズの小さなもの)。
 お湯は電気ポットで沸かしていますが、温度を設定できるので
 あれはあれで使い勝手が良さそうですね。

<お店の人>
・コーヒー教室の時にも書いたけど、タレントの清水邦明さんのような、にこやか~な方。
 でもコーヒーを淹れるときは職人の目になるんです。
・サラリーマンも経験されており、実は仕事面でもちょっと話が合ったりしますw

拍手[3回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[12/13 まいね]
[12/12 K.K]
[11/20 まいね]
[11/20 K.K]
[10/10 K.K]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。