まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【雑記】スモーキングパパ

先日、母からそのことを告げられたとき、お手本のような二度聞きをしてしまった。

「そう・・・くんせい。・・・燻製?」



<岩魚と山女魚の燻製>

まいねと同様、色んなことに手を出しては大抵すぐ飽きる父が、
今は燻製にハマっているらしい。
父がずっと継続している趣味の一つが釣りで、釣る量は変わらないものの
喰い扶持(まいね達)が減ったから、ってことなのかもしれないけど・・・

これさぁ…

お世辞抜きにメチャクチャ美味いわ!(*´▽`*)
下手すりゃお金取れるよ!ww


急にこんな素敵なもの送ってきて…

…ちょっ、け、煙が目に染みただけなんだからねっ!( ;∀;)

…せいぜい煙になんかならずに、長生きするといいわ!(* -`ω- )

拍手[1回]

【雑記】火傷してたいのさ

<華宵庵のわらびもち>


はっぴぃさんのお姉さんおススメのお菓子の一つである、華宵庵のわらびもち。
甘味はわらびもち自身にのみほんのりつけてあるだけで、
黒蜜などはなく(そういうものなんだよね?)、香ばしいたっぷりきなこと一緒に食べる
中々にストイックな逸品。
ちょっと息を吸い込んだだけで、激しくむせそうな殺伐とした雰囲気、これがまた良いのよね。

息を止めるように慎重に食べ進める反面、
口中のきなこを吹き出し、激しくむせてしまう自分をどうしても想像してしまうのです。
そして、そんな状況に自分を追い込んでやりたいと思っている自分にも気づくのです。
微妙なバランスをとりながら続いていく日常、その破壊の先に待っているのは
”再構築”という名の”美化”だからなのでしょうか。ついには
わざときなこを吸い込み、むせるという間抜けな空想をし始め
・・・油断して普通にむせる夜。

うん、人生って案外、喜劇的で良いものかもしれん。。

拍手[1回]

【雑記】まいねの料理とSEX

最近見聞きしたことが、まいねの頭のぐちゃぐちゃの中に
ピンと一本の筋を通しつつ発見らしいものもあったので、酔いに任せて語ってみます。

呂律の回らない舌よりは文章の方がマシ・・・かな?w



拍手[2回]

【雑記】元旦2016

改めまして、明けましておめでとうございます。
今年もまいねじゃ!を宜しくお願いいたします。

<今日は早起きしちゃったので、早めに初詣>

まだ日が昇りきっていない時間帯ということもあり、
いつもは30分近く境内周辺の行列に並ぶ岡山神社も、大分ゆったりとお参りできる雰囲気。

<初日の出を待つ岡山城>



<日の出が待ちきれなくて、ふと振り返ると有明の月>


<よっ、待ってましたっ!!>



<こっちも待ってましたっ(*´ω,`*)>

まいね家の雑煮は、鶏ガラベースの特製スープに具はお餅、ネギ、薄焼き卵のみの
シンプルなスタイルです。スープの美味しさがダイレクトに味わえるし、
前日の暴飲暴食で弱った胃にも嬉しいかも?w
岡山のお正月では黒豆の入った豆餅も欠かせないみたいなので、入れてみました。

スープの出汁用の食材も余すところなくいただきます。
前日に、鶏ガラのほかに手羽元も入れておく有能ニキ!
ほろほろ崩れるほど煮込まれていて絶品!セリの香りを添えてみました。

市場で買ったおせち(栗きんとんと黒豆)、3rd-NASUBI(3番目の茄子)で
甘さしょっぱさのバランスもバッチリ。

さぁ、腹ごしらえも済んだところで…戦(初売り)に向かおうぞ!!

拍手[2回]

記事カテゴリー

最新コメント

[12/02 まいね]
[12/02 ほげー]
[11/29 まいね]
[11/26 まいね]
[11/26 三つ葉のクローバー]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。