まいねじゃ!

青森出身岡山県民「まいね」のシングルライフ。

【食べ歩き】喫茶 アメノコヤネ

<お店情報は食べログより抜粋>
【喫茶 アメノコヤネ】
住所:岡山県岡山市北区津島京町1-1-25
電話:?
営業時間:9:00~21:00
定休日:1の付く日

外装も内装も凝った作りの、大人のカフェタイムが楽しめるお店。
#喫茶とありますが、お酒があるので分類的にはカフェですね。

美味しいストレートに、独創的なブレンド、絶品スイーツと三拍子揃っており、
贅沢な時間が楽しめること請け合いです!



【雨の日は会社を休んで】
何だかふっと、緊張の糸が切れてしまったような。
朝の会議の後、急に投げやりなような、無気力のような感覚を覚え、
(もう、ええやろ・・・たまには自分を甘やかそう)
ということで、午後半休。
会社の扉をくぐると、やにわに春の雨。
しとしと優しくて、何だか”許された”気がして不思議な気分。

(このままどっか、走りに行こうか…雨だし、アメノコヤネさん?)
急にそんな気になって、ペダルを漕ぎだした。
ほとんどダジャレのような思い付きなのだけど、
今日はまさしく”アメノコヤネ日和”の気がした。

<こやねブレンド>

店内の客は、まいね一人。大きな窓を臨むテーブル席に座り、
先ほどまで自分に降っていた雨が、小さな山を包むようにしているのを眺めた。
ヘビー目のブレンドであるこやねブレンドは、煎り豆の香ばしさがあり香りこそ軽いものの、
程良い酸味とコクのある複雑なお味。
(そうそう、こんな日はこれくらいのバランスがちょうどいいんだよな)
気分にピッタリのコーヒーが飲めて、やはり”日和”だったのだと、独り納得。

<レアチーズケーキ>


ここのスイーツは、いつも驚きに満ち溢れている!
目の前に置かれた途端、鼻をくすぐるシナモン?の香り。
そして、真っ白フワフワなのに、凛と屹立する今まで見たこともない形状のケーキ。
未知との遭遇にしばし狼狽えながらも、ソースをかけ、スプーンを口に運ぶ。

???

適当な言葉が見つからないが、その時思ったことをそのまま書くなら「夢みたい」。
柔らかなチーズ、およびシナモンとカシス?のソースの香り、
甘さと酸味の絶妙なバランスの味”だけ”を感じるのだけど、
舌にも咽喉にも食感を感じない。
口に入れると、香りと味だけを残して消えるスイーツ。

コーヒーを一口。
「何か夢でも見ていたんですか?」
と言わんばかりに、苦味が感覚を現実に戻す。

ケーキを一口…
(一口、食べたんだよな?)
思わず、自分の頬をつねってみたくなる。
美味しさと、そんなこと考えてる自分が可笑しくて、だんだん笑えてくる。

文字通り”夢中”で食べ終え、一息。
未だ降り続く雨をぼんやり見ながら、
(こんな雨宿りができるんだから…雨が降ってて良かった)
そんなことを考えた。

拍手[3回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

記事カテゴリー

最新コメント

[04/18 まいね]
[04/18 GOH]
[04/05 まいね]
[04/05 ぴよちゃん]
[03/09 まいね]

ブログ内検索

プロフィール

HN:
まいね
性別:
男性
趣味:
ギター、食べ歩き、コーヒーなど
自己紹介:
「まいね」とは、青森の津軽弁で
「ダメ」という意味。
怒られていても怒られている気がしない、
ダメなのに、ダメな気がしない・・・
そんな錯覚を起こさせる柔らかい語感がステキです。